「テスト車」の検索結果(16件)

記事

目指せ!カントリージェントルマン VOL.9 勇敢な先駆者に思う

アクアラインの直線路でボルボの先進安全・運転支援システムであるインテリセーフの出来に感心していたら、ウーバーの事故のニュースが飛び込んできた。完全自動運転の実証実験中にテスト車輛が女性をはね死亡させたというのだ。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.1...

  
323

ディーゼル×4WDの驚くほど軽快な走り。フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4モーション試乗記

今や全世界で百花繚乱の様相を呈しているSUVカテゴリーでは、セグメントCハッチバック車をベースとする、いわゆる「コンパクトSUV」も大盛況。日本勢やヨーロッパ勢、さらにはアメリカ勢も参入し、数々の人気モデルがマーケットでしのぎを削っている。文・武田公実 写真・Yoshi Daza...

  
3556

クルマとバイクに関する本

30年以上前に当時の若者の心をとらえた片岡義男の小説を現代の若者が読むと、どう感じるのか。かつて雑誌「NAVI」で松本 葉の連載を担当した編集者は彼女のデビュー作をどのように紹介してくれるのか。また、五大陸をオートバイで走破した戸井十月のドキュメンタリーは、旅人でもある山下 剛に...

  
1570

30系アルヴェル前期のタイヤ交換でミニバン専用タイヤ以外はいかが?NEXEN N FERA AU7の...

ミニバンにミニバン専用タイヤ以外を履くことはありなのか?CarMe編集部ではシンプルな疑問が湧きました。そこで、ネクセンタイヤジャパンの協力のもと、プレミアムコンフォートタイヤにカテゴライズされる、NEXEN N’FERA AU7を30型アルファードに装着して、モータージャーナリ...

  
1973

ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスはつい先頃、新型SUV「カリナン」のティザー画像を発表しました。同社初のSUVとなるカリナンは、はたしてどんな車になるのか、検証していきたいと思います。文・山崎友貴

  
3588

開発車両をサーキットで走らせる。すべては「安全で良い車を作る」ために…

覆面や渦巻き模様をペイントした開発車両が、サーキットでテスト走行している写真を、雑誌やインターネットで見かけること、ありますよね。メーカーがわざわざサーキットで開発中の車を走らせるのには、どんな理由があるのでしょうか。文・吉川賢一

  
12239

再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

この2月で20年の歴史に区切りを付けた、JB23/43型のジムニー。いよいよ夏前には新型が出そうです。名車となったこのジムニーには、かつて強力なライバルがありました。それがパジェロミニです。2018年中にこちらも復活の噂があります。今回はこの2台にスポットを当ててみましょう。文・...

  
21876

正統派ヨーロピアンスポーツタイヤKUMHO ECSTA PS71の実力は?斎藤聡が徹底インプレッショ...

2018年春、クムホタイヤジャパンより新しくKUMHO ECSTA PS71がリリースされました。以前、私たちCarMe編集部では、KUMHO ECSTAシリーズのトップレンジPS91のテストをモータージャーナリストの斎藤聡氏に託しました。その際の高評価は編集部では韓国製タイヤへ...

  
12425

TEINの車高調と自動減衰調整機能EDFCを装備した30ヴェルファイアを斎藤聡が徹底解説

車高を低くしてカッコよくしたい。車高が低くなれば乗り心地は多少悪くなっても仕方ない。ひと昔前、ローダウンサスペンションはそんな感じでした。いま最前線のローダウンサスペンションは、そこから大きな進化を遂げています。今回はそんな超高性能なストリート用サスペンションキット(車高調キット...

  
16564

意外な祖先を持つジムニーの系譜

2018年夏に新型が出ると、巷で話題沸騰中のジムニー。現行型は発売から20年という超ロングセラーモデルで、未だ人気が衰えません。今回は、そんなジムニーのDNAを遡ってみました。

  
14591

アメリカ大統領就任に見たのはセダンの終焉か

セダン受難の時代である。さる1月20日の米大統領就任式でも、就任前のトランプ・ファミリーが乗ってきたのは黒塗りのシヴォレー・サバーバンであって、キャディラック、あるいはリンカーンのフルサイズ・セダンではなかった。このクルマ選びはトランプにピッタリで、ホワイトハウスへと向かう映像は...

  
1067

誕生から6年、プリウスαはなぜモデルチェンジしないの?新型の発売は、2018年?

プリウスのミニバン版、プリウスαは、誕生から6年が経った現在、ベースとなったプリウスが新型にバトンタッチしたにも関わらず、古いシャシーのまま販売されています。そろそろフルモデルチェンジしても、良いのではないでしょうか?

  
27914

BBS鍛造アルミホイールで走行性能は変わるのか?齋藤聡が徹底解説

BBS製鍛造アルミホイールで、はたして走行性能は変わるのか?先日のユーザーアンケートでも、多くのオーナーが走行性能の変化を感じていると答えていらっしゃいました。。CarMe編集部ではその確証を得るため、タイヤに精通するジャーナリスト齋藤聡氏に依頼し、実際にホイールを履き替えて走り...

  
21963

新車販売からカスタムだけでなく車検まで、BMWのすべてを一 つのショップでまかなえる~「オフィスAZ...

輸入車、特にBMWを中心に事業を展開するオフィスAZ(アズ)。創業時よりカスタムへのこだわりを持ち、12年前より軸足を輸入車へ移行しました。社名の「AZ」とは英語の慣用句「AtoZ」が由来。新車販売からカスタムまで、クルマに関わるすべてを同社でまかなうことが、スタンスでありポリシ...

  
8241

スズキ カプチーノの後継車は本当に出るのか!? 発売を可能にする5つの要素とは?

ダイハツ コペンが無事モデルチェンジを果たし、ホンダはビートの後継たるS660を世に放ったことで軽スポーツが再ブレイク。元祖平成ABCトリオの再来か!?の様相で、マツダは軽から手を引いてるけれど、スズキにはかつてカプチーノがあり復活の噂で賑わっています。本当にカプチーノは復活する...

  
57039

新型NSXはGT-Rの7分8秒というラップタイムを更新することはできるのか?

2015年に予約開始と言われているホンダの新型NSX。動力性能も価格もスーパーカーと呼ぶに相応しい車になりそうですが、果たしてサーキットアタックでの速さはどのくらいなのでしょうか?

  
63102
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives