「テイン」の検索結果(24件)

記事

シートカバー、土禁カバー、フェンダーミラー…古臭いと思われるクルマの特徴7選

自動車の性能やデザインが進化したことで、すっかり見かける機会が減ってしまった装備品があります。いま目にしたら、昭和を生きてきたお父さんが「懐かしぃ〜」と思わず口に出てしまうようなクルマの装備の数々。あなたはどれだけ知っていますか?

  
7824

ボディコーティングの「親水」「撥水」「滑水」、どう違うの?

雨が降ったとき、水滴が愛車のボディを玉のように転がり落ちていったり、水溜りのようになってザーッと固まって落ちてきたり、使うコーティング剤によって、変わることをご存知でしょうか?それを見分けるポイントは、ラベルに記載された「親水」「撥水」「滑水」の文字。今回は、ガラスコーティングの...

  
3329

嶋田智之のこれからはじめる趣味的クルマ生活 2016

2012年4月号の特集「これからはじめる趣味的クルマ生活」の第2弾です。あれから4年が経ち、クルマを取り巻く状況も、読者の平均年齢も、日本人のクルマに対する考え方も少し変化したのではないでしょうか。そのことを前提にしたチョイスになっています。そして、前回40代だった嶋田智之も50...

  
729

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
1010

新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

スバルは、先のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発表しました。第4世代の旧型フォレスターのデザインを踏襲しつつ、現行型「インプレッサ」から導入された「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、カテゴリでトップクラスの衝突安全...

  
5640

【高山正寛のテレマティクス Now!】キャデラックXT5クロスオーバー、初期とは比較にならない「CU...

キャデラックXT5クロスオーバーは大ヒットモデルとなったSUV「SRX」の実質後継モデルである。このSRX、2012年にキャデラックの新しいインフォテインメントシステムである「CUE(Cadillac User Experience)」が搭載されたが、続くATSにも搭載された日本...

  
4275

新生ベントレーの立役者、コンチネンタルGT

世界を代表する超高級車ブランドとして、ベントレーは欠かすことのできない存在です。1919年の創設以来、ロールスロイスとの合併や分裂、VWグループ傘下への吸収など紆余曲折を経てはいますが、いまもなお世界最高峰のブランドとしての地位を保っています。今回は、そんなベントレーの販売主力モ...

  
1984

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.56 奥深いタイヤの奥

僕が出演しているテレビ神奈川の自動車番組「クルマでいこう!」には、紹介するクルマの○と×をボードに書くコーナーがある。ごくたまに「×なし」というたいそうよくできたクルマもあるが、そういうケースは年に一度あるかないかで、たいていは×が付く。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブ...

  
244

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.80 リーフ vs 180SX

日産リーフのCMが話題になっている。'80年代後半から'90年代にかけて高い人気を誇ったスポーティークーペ「180SX」とリーフを競争させ、リーフが180SXをぶっちぎるという立て付けだ。なんでこんなCMを流しているのだろう、とあっけにとられた。そこで日産の担...

  
744

ahead × EYEMETRICS 土屋圭市

質問です。時速250㎞で走っていたときは見えたのに、300㎞になったら見えなくなったものは何でしょう。text:世良耕太 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
109

車高調の減衰調整機能を宝の持ち腐れにしない?TEINのEDFCシステムなら車内から制御ができる?

多くの社外ショックアブソーバーに備わっている減衰力調整機能。走行するシーンに応じて減衰力を調整できるので、サーキット走行を楽しむユーザーはもちろんのこと、ミニバンなどファミリーカーのユーザーも一人で乗るときと家族で出かけるときで減衰力を調整し、シチュエーションごとにセッティングを...

  
5255

いつも手の中に愛車を digimo-デジタルプラモデル

携帯電話にスマートフォン(以下スマホ)が占めるシェアは年々増えている。高精細の画面や撮影機能、GPS機能など、ハンディ・パソコンといえるほどの高性能を誇っている。またスマホは「アプリ」を追加して機能強化ができる。パソコンにソフトをインストールするのと同じなのだが、アプリの中にはエ...

  
721

TEINの車高調と自動減衰調整機能EDFCを装備した30ヴェルファイアを斎藤聡が徹底解説

車高を低くしてカッコよくしたい。車高が低くなれば乗り心地は多少悪くなっても仕方ない。ひと昔前、ローダウンサスペンションはそんな感じでした。いま最前線のローダウンサスペンションは、そこから大きな進化を遂げています。今回はそんな超高性能なストリート用サスペンションキット(車高調キット...

  
15548

日本再導入か!? VWの新型ジェッタはどんな車に?

2018年1月20日から開催されているデトロイトモーターショー2018で、フォルクスワーゲンの新型ジェッタが公開されました。現行モデルは日本未発売ですが、国内での販売予定はあるのでしょうか?

  
7029

レクサスのフラッグシップ クロスオーバー『LF-1 Limitless』ってどんな車?

レクサスの最上級クロスオーバーSUVが、デトロイトモーターショー2018にて世界初公開されました。レクサスでは単なるSUVのいちモデルというわけでなく、未来を担う重要なモデルとしています。LF-1 Limitless(リミットレス)とは、どんな車なのでしょうか?

  
7932

【高山正寛のテレマティクス Now!】COTY受賞のボルボXC60、縦型&大型化ディスプレイのメリッ...

輸入車としてはVWゴルフに続き「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するという快挙を成し遂げたボルボXC60。受賞理由も含め、見所の多いXC60であるが、その中でも同社が提案するインテリジェントテクノロジーである「SENSUS(センサス)」について解説する。

  
3846

The 44th TOKYO MOTOR SHOW 2015

一般家庭にとって自家用車がまだ夢だった1954年に、日比谷公園で「第1回全日本自動車ショウ」が開催されてから、その歴史は60年を超えた。'70年代のオイルショックや'80年代の高度経済成長期、そして2000年代のリーマンショックや東日本大震災などを乗り越え、人...

  
189

私の永遠の1台 VOL.18 マツダ ファミリア・アスティナ

〝永遠の〟というと大げさかなとは思うけど、自分にとって特別な1台を選ぶならこのクルマ、アスティナだ。免許取り立ての大学時代から新米社会人だった頃に乗っていた。つい昨日のようにも思えるけど、もう30年近くも前になるのか。正直マイナーなクルマだし、隠れた名車というほどでもない(もう少...

  
4635

マセラティ クアトロポルテってどんな車?スペックや中古相場は?

2013年に6代目が発売されたマセラティ クアトロポルテ。現行モデルは、2017年1月にフェイスリフトを受け、インテリアの仕様もグレードアップした後期型となります。長い歴史を持つイタリアの高級サルーン、クアトロポルテはどんな車なのでしょうか?

  
10645

人気ドラマ"逃げ恥"も!? 車への興味のきっかけとなったドラマや映画TOP5

007に出てきたボンドカーに憧れて、本物を買ってしまったという方や、ルパン三世が好きでフィアット500を購入した、あるいは映画キャノンボール2を見て、三菱スタリオンに憧れた…そんな車好きな人は少なくないでしょう。それでは、クルマに興味を持つに至った作品TOP5をチェックしてみまし...

  
37786
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives