「チタン」の検索結果(60件)

記事

ROLLING 50's VOL.120 遊戯の終わり

16歳から絶え間なく関わり続けている「乗り物・改造遊戯」、つまりチューニングという行為。しかし最近では、二輪・四輪共に、その行為の意味が大きく変わっている。もしかしたら数年後には、その言葉自体が死語になっているのではと思うこともあるくらいだ。text:大鶴義丹 [aheadアーカ...

  
70

レクサスの「CCS-R仕様」ってなに?日本で買えるの?

レクサス ISには、CCS-Rというレーシングモディファイされたモデルがあります。特徴的なオレンジのボディカラーにカーボンボンネットを装着したCCS-Rは、トミカも販売されているぐらいマニアには有名なモデルです。このCCS-Rについて、同乗試乗のレポートを交えて紹介しましょう。文...

  
3888

マフラー、サス、バルブ…チタンパーツによるメリット・デメリットとは?

クルマを構成するパーツに使われる素材には数多くの種類があります。そのなかでもカーボン製品と並んで、高額なプライスタグが付けられているのがチタン合金を使ったパーツです。はたしてチタンには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

  
2919

コラムシフト、フォグランプなど…いつしか消えそうな自動車の装備たち

これまでに登場したクルマの装備には、時代によって淘汰され、無くなってしまったものも少なくありません。今回は、最近の電動化、自動化によって今後消えていきそうな装備、高性能化によって不要となった装備などを紹介していきます。文・赤井福

  
4906

ブガッティより速い!? 世界に6台しかない「アゲーラ one:1」とは?

みなさんは、ケーニグセグという自動車メーカーをご存じでしょうか?スウェーデンのエンゲルホルムという街に本拠を置くこのメーカーは、その成り立ちから開発した車のスペックにいたるまで、知れば知るほど驚きの連続です。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局 ライティングGT代表ライター

  
6270

自動車のマフラーの構造とは?どういう役目があるの?

ときには存在感を消して乗員が快適に移動することに貢献し、またあるときには迫力あるサウンドでドライバーの心を鷲掴みにするマフラー。普段は目につきにくいところにあるため、役目や構造について謎な部分もあります。今回は、マフラーがもつ特徴や役割について紹介します。文・吉川賢一

  
7311

ランクルからジムニーまでカバー?WORK CRAG T-GRABICはオフロードホイール定番の選択肢...

WORKのホイールといえば、全日本ラリーやSUPER GTなどコンペティショナルなシーンでも活躍していることから、ドレスアップユーザーだけでなく、本格的な走りを求めるユーザーからも支持されるブランドです。

  
3037

ULTIMATE JAPAN(アルティメイト ジャパン)

1989年、平成元年に日本のクルマは世界の頂点に登りつめた。日本のビンテージイヤーと呼ばれたこの年は、GT-Rが復活し、ロードスターが発売され、セルシオ=アメリカ名レクサスが世界の高級車に衝撃を与えたのだ。text:嶋田智之、伊丹孝裕、岡崎心太朗、神尾 成 photo:長谷川徹 ...

  
952

クルマやバイクを芸術に高める

芸術という言葉を定義することは難しい。芸術とは精神的、感覚的な渇望を鎮める表現活動であり、個人の価値と技術によって生み出されるものだからだ。そしてその個人の表現活動が誰かを感動させ、社会に意味や価値を持たれて初めて芸術と呼べるようになる。text:伊丹孝裕、山下敦史 [ahead...

  
827

バハ1000に参戦した日本人 塙郁夫選手をご存知?世界一過酷なレースで足元を支える日本のホイールメー...

メキシコで開催される世界一過酷なオフロードレース、「バハ1000」では日本人初となるクラスウィナーの座も獲得しているドライバー塙郁夫選手をご存知だろうか?本項では多くの日本人が知らない、しかし世界ではレジェンド級のドライバー塙氏を掘り下げてご紹介したい。また、そのドライバーによっ...

  
6178

SWITCH! 思考を切り替える

自分自身の思い込みで自分自身を縛ってはいないだろうか。自分自身を取り巻く状況も変化しているのに、これまで通りのやり方で押し通そうとはしていないだろうか。あるいはそういった変化に対して、ただ諦めてしまってはいないだろうか。顔を上げて、周囲を見渡して、ほんの少し考え方を変えてみたら、...

  
717

二輪と四輪のヘルメットの違い

『アライ』のヘルメットは滑らかな球面フォルムで衝撃をかわし、吸収しなければならないエネルギーを最小限にする設計思想を貫く。2輪用、4輪用を問わず、衝撃を分散する突起物のない帽体形状と、衝撃吸収性能がヘルメットにとって優先すべき性能であることは間違いない。text: 世良耕太 ph...

  
864

日本製を選択したルノー・スポール

フランス、パリ南西部の町「レ・ジュリス」に現在は本拠地を構える技術屋集団が「ルノー・スポール」だ。 ルーテシアやトゥインゴ、メガーヌなどのスポーツモデルの末尾には、「RS」の名が付く。これは、お手軽なメーカーチューンを表したのではなく、ルノー・スポール製のクルマであることを証明し...

  
570

現代のスーパーカー vol.5 時速378㎞/hの美術工芸品

スーパーカーは、呆れ果てるくらいに売り値が高い。一発当たれば〝あがり〟も大きいわけで、そこにスーパーカー・ビジネスに手を染める(?)大きな意義がある。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
163

デジタルライテク元年 Vol.3(最終回)日本4気筒編 YAMAHA YZF-R1&R1M

前々回からBMW・S1000RR、DUCATI・1299パニガーレと最高峰電脳バイクに焦点を当ててきたが、電脳ライテク第3弾の今回は待ちに待った日本勢、YAMAHA・YZF-R1の登場だ。text:丸山 浩  [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
371

LOTUS motorcycles

先頃、世界中のライダーはもちろん、4輪ファンにとっても気になるニュースが飛び込んできた。イギリスのスポーツカーメーカー「ロータス」が、オートバイの開発に乗り出したというのだ。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
399

オフ系パーツメーカーJAOSがこだわるSUVのリフトアップとは?

SUVの魅力と言えば、やはりその高い走破性でシーンを選ばず走行が可能というところでしょう。そして、スポーツカーのユーザーがコーナリング性能を高めるために車高を下げるのと同じく、SUV・4WD車ユーザーもまた走破性を高めるために車高を上げる(リフトアップ)ことが少なくありません。最...

  
13447

特集 プリミティブ症候群(シンドローム)

クルマやバイクに関わる多くは、常に足すことによって進化してきた。しかしそれは、根源的なところから離れていくことでもあったはず。何かを追加するのではなく、潔く取り除いたモノしか持ち得ない魅力。足し算ではない引き算の世界、それがプリミティブだ。text:岡崎五朗、世良耕太、伊丹孝裕、...

  
805

チャレンジする人 〜挑戦者たちを追う

人はどうしてチャレンジするのか。何ゆえにあえて困難に立ち向かうのだろう。答えは簡単だ。気持ちよくなりたいからだ。快感の絶頂を味わいたいがために、人は労苦を厭わず努力を重ね、失敗を恐れず行動する。アテネオリンピックの平泳ぎで金メダルを獲った北島康介選手が放った「チョー気持ちいい」が...

  
454

オイルやタイヤを選ぶようにメガネを選ぼう 〜EMRiM(エムリム)

日本人の近視人口は4000万人とも5000万人とも言われているそうだ。2、3人に1人は矯正が必要な計算となる。近視のドライバーにとって、〝眼鏡等〟は免許にも明記された必須アイテム。直接クルマ用品というわけではないけれど、それ以上に重要でもある眼鏡にもっと注目してみたい。text:...

  
658
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives