「タイヤハウス」の検索結果(23件)

記事

新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分

ヒット街道を爆走し、今年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しそうな勢いの新型ジムニー。でも、納車まで1年以上待つという狂おしい状況も。そこで、考えたい選択肢があえて旧型に乗るということ。新旧ジムニーを比較して、JB23/43型ジムニーの良さを検証してみました。文・山崎友貴

  
4549

1,000km乗って見えてきた、新型ジムニーの姿!納車1年以上待ちの人気、本当に死角なしか

納車まで一年以上とも言われている新型ジムニー。各方面で絶賛されていますが、果たしてどんなクルマなのでしょうか。660cc版の5MTと4ATに約1,000km乗って見えてきた、新型ジムニーの姿を今回はお伝えしましょう。文・山崎友貴

  
15398

ドアミラーがあるのに、フェンダーミラーをつけてもいいの?

1980年代まで、自動車のサイドミラーはフェンダーミラーが主流でした。それが現在では、ドアミラーのほうが主流となっています。なぜフェンダーミラーはドアミラーに取って代わられてしまったのでしょうか?今回は、フェンダーミラーとドアミラーのメリットとデメリット、両方つけることの可否につ...

  
6184

乗用車が6輪になったら、ハンドリング、乗り心地、燃費などはどうなるの?

トラックやバス、その他の特殊な車両を除き、乗用車は4輪が一般的です。でももし、乗用車のタイヤが6つになったら、どんなことが起きるのでしょうか?ハンドリング、乗り心地、ロードノイズ、居住性、燃費性能などの自動車の性能において、じつは得をすることもあるのでは?文・吉川賢一

  
5198

ラダーフレームを採用する車5選〜国産車編〜

トラックなどを除く、乗用車カテゴリーではすっかり絶滅危惧種となっている「ラダーフレーム構造」。SUVの一部に残るこのメカニズムについて、今回はスポットを当ててみました。文・山崎友貴

  
56634

ビッグマイナーチェンジしたスバル BRZ

シンメトリカルAWDを採用し、安定した走りを提供することが信条だったスバル。だからこそFRレイアウトを採用するBRZは異端児だった。トヨタとの共同プロジェクトでスタートしたFRスポーツカーは、今にして思えばスバルに新たなる風を吹き込んだ1台だ。text:橋本洋平 [aheadアー...

  
1785

いまさらだけど…タイヤのインセットとは

タイヤ選びはクルマの基本と、かつてあの近藤真彦さんも仰っていました。その大切なタイヤを装着するホイールは、車の走行性能を左右する重要なパーツのひとつです。しかし、いざホイールを選ぶとなると、分からない用語や数字が出てきて、ホイール交換を断念したという方もいるのではないでしょうか?

  
15825

フェアレディZが雪道をスイスイ走る!? 日産が公式に改造!

2018年2月は東京都心部にも積雪があり、首都高速をはじめ各所で通行止めや立ち往生が続出。雪道の走行には十分な装備が必要なことを、あらためて思い知らされることになりました。しかし、北米日産が作ったフェアレディZなら、そんな心配は必要ないかもしれません。やっちゃえ日産!

  
11630

スーパースポーツカーのドア横のダクト…はたしてどんな効果があるのか?

フェラーリやランボルギーニなどのスーパースポーツカーにはドア横、またはドア後方にダクトのようなものが設置されています。これにはどんな意味があるのでしょうか?単なるデザイン?それともなんらかの効果があるのでしょうか?

  
17889

不便?憧れる?「左ハンドル車」のメリット・デメリット

現在では、ほとんどの輸入車メーカーが、右ハンドルモデルを導入するようになり、むしろ左ハンドルが設定されている車種を探すほうが難しくなっています。めっきり少なくなってきた左ハンドルモデルですが、世の中には左ハンドルにこだわるドライバーも少なくありません。ここでは、左ハンドルのメリッ...

  
15681

車に積もった雪を落とさずに走行。その危険性とは?

本格的なスノーシーズンが間もなく始まり、北海道や北日本、日本海側では降雪しています。また、首都圏でも年に1〜2回はチェーンが必要なくらいの雪が降ります。では、車に雪が積もった場合、落とさずに走行しても問題ないのでしょうか?

  
10607

高級アルミホイール「BBS RG-F」を7万円のオンボロ軽自動車に履かせてみた!

クルマのイメージを大きく変化させるもの。それがホイールではないでしょうか?イメージの異なるホイールを装着するだけで、まるでクルマを乗り換えたかのように印象を変えることができるとも言われていますね。そこで今回は、CarMeスタッフが自らの愛車を使ってその効果のほどを測定してみました...

  
87565

"ブタケツ"と呼ばれたC130型ローレルのチューニングが流行した理由とは?

ライトバンなどの商用車を一切設定しない日本初の”ハイオーナーカー”として、日産が1968年から2002年まで製造・販売していたミドルクラスの乗用車が「ローレル」です。2代目にあたるC130型ローレルの人気はどこにあったのでしょうか?

  
48994

夏のレジャーで乗りたい!イギリス生まれの水陸両用車

GIBBS SPORTS AMPHIBIANS(以下ギブス社)という会社をご存知でしょうか?1994年から水陸両用車両の技術開発に取り組み、2003年から数々の水陸両用車両製造しているイギリスのメーカーです。その最初のモデル、Aquada(アクアダ)は、地上を100マイル(約16...

  
15222

輸入車と国産車で切れ角のセッティングはどれほど違うのか?

ハンドルを切ると、前輪が左右に動きます。この動く幅を切れ角といいます。切れ角が大きいほど、小回りが効きやすくなりますし、ドリフトでクルマをコントロールしやすくもなるといわれます。自動車の構造上、国産車でも輸入車でも切れ角の持つ意味や働きに違いはありませんが、実際のところ、切れ角の...

  
15743

フェンダーにある爪、なぜついているのか?

クルマのカスタマイズとしてポピュラーなのが、ホイール&タイヤのカスタマイズです。ホイールをインチアップして、幅広タイヤを履かせ、車高を下げると、ぐッとスポーティなテイストが高まります。そのカスタマイズの際に、ときおり問題になるのがフェンダーアーチ内側の爪です。この爪は、なぜついて...

  
122071

実際に査定士がチェックしている車のポイントはどこ?

査定士が実際に見ているポイントを事前に知っておけば、査定前にできる対策があるかもしれません。実際、査定士は車のあらゆる箇所を確認しています。 そこで本記事では、① 基礎情報、② 外装編、③ 内装編 、④ パーツ編 に分けてそれぞれ紹介していきます。高額買取を実現するためには、どこ...

  
1639

Jeepレネゲード を街中でもっと楽しくスポーティに~2WDモデル専用車高調キット登場!

ジープ レネゲードの2WD車には、Jeepのワクワク感を日常で気軽に体験できるイメージがあります。その2WDモデル向けに、ファイブスター東都から街中でよりスポーティに楽しむポテンシャルを持った「fivestartoto Jeepレネゲード用 車高調キット」がリリースされました。

  
18676

なぜ車のフェンダーの「爪を折る」のか?その意味と注意点

ドレスアップのためにタイヤやホイールを変えたい!そんな事を考えていると、「その車だとフェンダーの爪折り必要だよね?」と言われる事も多々あります。「爪折り」って何でしょう?!

  
186536

なぜ日本車のホイールアーチは大きいのか?

欧州車には少なくて、日本車にはたくさんある、フェンダーとタイヤの間の「すき間」。ホイールアーチ部分のすき間が大きいとなんだかちょっと貧相に見えます。さらに日本車の多くは標準状態だとタイヤがフェンダーの中に入り込んでいる(ツライチじゃない)ので、違和感を覚える人もいるようです。この...

  
81273
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives