「タイヤ」の検索結果(447件)

記事

ベストニューエンジン、新型ホンダ NSX搭載エンジンが受賞!どんなエンジン?

ホンダの新型NSXが、イギリスの出版社が主催している「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」が、2017年度の各賞を発表して話題になっています。今年のオブ・ザ・イヤーは、フェラーリの488GTB/スパイダーに搭載された3.9L V8ターボ。ベスト・ニューエンジンには、ホ...

  
2

サイドブレーキの仕組みとは?車のどこをとめているの?

一般的にサイドブレーキには、足で踏み込むタイプの足踏み式と、手で引き上げるレバー式、そして最近増えている、スイッチで使用開始となり解除は自動でされる電動式があります。このサイドブレーキは、どんな仕組みで働いているのでしょうか?

  
9674

晴れ用のレースタイヤはなぜツルツルなのか?

レース用のタイヤを見たことのある人のほとんどは一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか?「なぜレース用のタイヤは溝がなくツルツルなのか」と。閉鎖されたコースという安全性は確保していますが、なぜレース用のタイヤはツルツルなのでしょうか?逆に溝があることでデメリットがあるのでし...

  
5514

線路を走る車「軌陸車」はどうやって走っているの?

いわゆる「働くクルマ」というのは本当に多岐に渡ります。たとえば、終電が終わった後の線路上をトラックが走っている光景を見たことがある人もいるでしょう。これは「軌陸車(きりくしゃ)」と呼ばれる車両です。しかしトラックが、どうやって線路上を走行するのでしょうか?

  
6631

北米でついに発表されたスバル WRX STI TYPE RAは、どんな車?

いまや世界中で高評価を得ているスバルです。なかでも北米市場は、スバルのメインターゲットです。その北米で、WRX STI TYPE RAが発表されました。メルセデスのAMG、BMWのM、レクサスのFのように、スバルにとってSTIは重要なスポーツブランドです。その強化を図る注目の1台...

  
8542

車幅の感覚を最短で把握するにはどのような練習法がある?

狭い道で車同士すれ違う時や、路肩に幅寄せして停車するときなど、車両感覚を掴めていない人は苦労しますよね。いっそのこと左ハンドルの車なら、これらの問題を解決してくれそうですが、ドライブスルーや駐車券の発券時など、不便なことが多いです。では右ハンドルの車で、車両感覚をうまく掴むにはど...

  
7988

SUVを買うなら2WDと4WDどちらを選ぶべき?

クロスオーバーSUVの登場後、2WDモデルを設定するSUVが年々増えています。となれば同じSUVで、2WDと4WDのどっちを選んだほうが良いのか、迷う方も多いかもしれません。どちらが良いのか見ていきましょう。

  
9673

スーパーカーのホイールは20インチ、F1は13インチ…なぜF1はインチ数が低いのか?

最近の市販車、とりわけスポーツモデルのホイールは大径化が著しいですよね。20、21インチは当たり前で、エコカーだって18インチの時代。そんな状況下で開催されるモータースポーツの最高峰F1では、いまだに13インチが採用されています。これは、どうしてなのでしょう?----------...

  
13918

九島辰也が灼熱のアブダビで試乗【後編】ミシュランPassion Days

ミシュランが世界のメディア関係者等を招待し、主催した「MICHELIN PASSION DAYS」。九島辰也が灼熱のアブダビで試乗した。

  
2007

九島辰也が灼熱のアブダビで試乗【前編】ミシュランPilot Sport 4S

ミシュランが世界のメディア関係者等を招待し、主催した「MICHELIN PASSION DAYS」。九島辰也が灼熱のアブダビで試乗した。

  
4515

4WD乗り必見!"タイトコーナーブレーキング現象"って?原因は?

昔からの4WD乗りの方であれば「タイトコーナーブレーキング現象」を体験したことがあるでしょう。しかし現在のモデルは、この現象が起きないように設計されています。では、このタイトコーナーブレーキング現象とはどんなものでしょう?原因は?

  
6865

デフって何のためについてるの?

クルマの構造でよく『デフ』とか『デファレンシャル』いう単語を耳にしませんか?クルマ好きな方であれば「ああ、あれね」となるかもしれませんが、意外と知っているようで知らなかった…という方もいるかもしれません。今回は、このデフについて触れてみましょう。

  
9867

ランエボで魅せたS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)ってなにが凄いの?

惜しまれつつ生産を終了した三菱 ランサーエボリューションX。2017年現在でも、卓越した走行性能、なによりWRCで戦いながら進化を続けたその歴史が、強烈なブランド力になっています。三菱の走りを支える装備「S-AWC」とは、どんな装備なのでしょう?

  
10544

飛び石を受けやすい車と受けにくい車の違いとは?

クルマに長年乗っている方であれば、おそらく何度も”飛び石(跳ね石)”の被害にあったことがあるのではないでしょうか。最悪の場合、ヒビが広がりフロントガラスを全交換、しかも相手を特定できず泣き寝入り…なんてことも。さてこの飛び石、車種によって受けやすい、受けにくいがあるようですが、そ...

  
14897

車検メンテナンスで忘れられがち?ブレーキの血液”ブレーキフルード"の交換時期は、いつがベスト? 

車検時のメンテナンスといえばオイル交換やタイヤ交換がイメージされますが、実はブレーキも消耗品でブレーキパッドはもちろん、ブレーキローター(ブレーキディスク)も交換をするケースが多いです。でも一番忘れがちになるものがあります。ブレーシステムを正確に作動させる要。ブレーキフルード(ブ...

  
7172

フェンダーアーチとタイヤの隙間、広い場合と狭い場合のメリット・デメリット

愛車をサイドから眺めた際、タイヤとフェンダーのすき間を見て「もう少し車高が下がればカッコいいのにな…」なんて思ったことはないでしょうか。しかし安易に車高を下げるべきではないのかもしれません。フェンダーアーチとタイヤの関係。その意義といったものを考えてみましょう。

  
5985

50系プリウス専用HKS製サスペンションキット3選。それぞれの味付けとはいかに?

2015年、4代目に進化したトヨタ プリウス。日本を代表するハイブリッドカーとして、性能はもとよりスタリングも進化しました。その乗り心地は、先代に比べると大きく改善されているものの、もうちょっと…、と感じているユーザーは少なくありません。また、同型車に乗る他のオーナーと差別化した...

  
1940

300km/hオーバーを日常に。最高の性能を達成したクムホECSTA PS91

一見シンプルなものほど、見た目とは逆に、内容が複雑で緻密な場合が多いことにお気付きでしょうか。自動車の機能部品で例を挙げれば、まさにタイヤがそれに該当します。そのなかでも、ハイパフォーマンスを追い求めたものには、メーカーの威信を掛けた技術が詰め込まれているのです。※公道では法定速...

  
8298

出張で海外に…。一年間放置した車を動かす際の注意点5選

あらゆるインフラが整備され、グローバル時代に突入した現代。ドメスティックで完結していた従来とは違い、現在の日本経済は国境を超えています。もちろん海外出張はおろか、年単位の赴任もあり得ます。もし1年間、海外赴任を会社から命じられ、愛車を運転できないとしたら…?帰国後に再び、愛車を運...

  
13979

軽自動車規格からスタイリッシュSUVが誕生する日はいつ?

2017年現在、マーケットの主流となりつつあるSUVモデル。アイポイントが高く、スペースユーティリティにも優れるという利便性に加え、最近ではクーペと見紛うスタイリッシュなモデルも登場し、世代を問わずに訴求しているカテゴリでもあります。このSUVの波は、日本独自規格の軽自動車にも押...

  
9748