「ゼロヨン」の検索結果(28件)

記事

埋もれちゃいけない名車たち VOL.22 少年に夢見させた国産スポーツモデル「マツダ サバンナRX−...

今回の巻頭特集のテーマは〝原点回帰〟だと聞いた。途端に頭の中がタイムスリップをする。いとも容易くひとつのキーワードに辿り着く。ちょうど50歳前後のクルマ好きにとってのひとつの大きな原点となるのは、間違いなく第1期スーパーカー・ブームだったはずだからだ。text:嶋田智之 [ahe...

  
667

ゼロヨンってなに?日本車でゼロヨン加速が速いクルマは?

最近はゼロヨンという言葉を耳にすることがメッキリ減ったが、かつてゼロヨンはクルマの加速力、動力性能を示す情報として特にクルマ好きの間では重要なものだった。文・永田恵一

  
52834

雨の日はクルマの本を愉しむ

雨の日は憂鬱だ。雨の日はちょっと寂しい。屋根のあるクルマでさえ、出掛けるのがおっくうになることがある。だから、雨の日は本を開くのがいい。窓の外に雨音を聞きながら読む文章は、心の中にしっとりとした輪郭を刻む。いつもとは違ったクルマの世界を見ることができるはずだ。元「ティーポ」編集長...

  
535

トップフューエルが拘るスイフトスポーツのチューニング ZC31から3代に渡って築き上げた技術とは?

2017年秋にリリースされ、納車待ちのバックオーダーが絶えないスイフトスポーツ。スポーツカー離れの昨今において、チューニングベースとして多くのユーザーからの期待を集める人気車種です。そのスイフトスポーツも3代リリースされておりますが、3代に渡りこだわりのチューニングを提案し続けて...

  
11084

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.81 眠る警察官

クイズをひとつ。イギリスで「Sleeping policemen=眠る警察官」と呼ばれているものとはなんでしょう?ヒント1:目的はクルマのスピードを低下させること。ヒント2:欧米の住宅街でよく見かける。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.161 2016年4月号...

  
1489

デジタルライテク元年

2輪用の電子制御システムは、スポーツライディングを愛するライダーにとって無用の産物だと思われていたが、システムの進化によって状況は変わってきている。その進化は、ライディングテクニックにまで、影響を与え始めているのだ。text:丸山 浩、世良耕太 [aheadアーカイブス vol....

  
1494

特集 元『Tipo』編集長 嶋田智之 推薦!これからはじめる趣味的クルマ生活

生活を取り巻く事情に縛られるあまり趣味的なクルマ選びができない方は多いはず。でもそこで、「乗りたいクルマ」をあきらめてしまうのは早計だ。視点を換えれば理想のクルマはきっと見つかる。text:嶋田智之  photo:渕本智信  [aheadアーカイブス vol.113 2012年4...

  
2186

埋もれちゃいけない名車たち VOL.21 限りなくスズキ社内デザインだった「スズキ フロンテ・クーペ...

近年、軽自動車が熱い。それは至れり尽くせり系のトールワゴンを生産するメーカーの一騎打ちのような状況を意味してるわけだが、その昔は全く別のバトルが軽自動車間で繰り広げられていたものだった。そう、軽自動車のスポーツタイプである。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.1...

  
3813

特集 プリミティブ症候群(シンドローム)

クルマやバイクに関わる多くは、常に足すことによって進化してきた。しかしそれは、根源的なところから離れていくことでもあったはず。何かを追加するのではなく、潔く取り除いたモノしか持ち得ない魅力。足し算ではない引き算の世界、それがプリミティブだ。text:岡崎五朗、世良耕太、伊丹孝裕、...

  
1350

Rolling 40's Vol.82 スーパーカー

スーパーカーを所有する集団の、ネット投稿も絡めた暴走族的な行為が問題化し、逮捕者が出るような事態になったとテレビやネットニュースで話題になっていた。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.152 2015年7月号]

  
508

スカイラインの直6エンジン、S20型、L20型、RB型…どれが好き?

日産 スカイラインには、歴代、直列6気筒エンジンが搭載されてきました。スカイラインが直列6気筒にこだわる理由と、そのメリットはなんでしょう?また、ハコスカで搭載されたS20型、長期にわたって愛されたL20型、そしてRB型の良さとは?------------------------...

  
48257

昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?

80年代から2000年代初頭あたりまでは所謂「走り屋」という人々を見かける事ができました。そこから着想を得たのが「頭文字D」であるのは言うまでもないわけですが、2016年現在、そのような峠でのドリフトや街道レーサーまがいの事を行う人種は減っています。これはなぜでしょうか。

  
146923

10年以上前の日本車vs韓国最高スペック車…結果から見る日本車のクオリティは?

14年前の2002年に生産終了したトヨタ スープラと、その6年後の2008年にデビューしたヒュンダイ ジェネシスクーペのゼロヨン対決。軍配はスープラに上がりましたが、その結果から来る想いはちょっと複雑です。

  
112171

プロボックス、E100系カローラバン…営業車最速はどれだ?

街を駆け回り、ハイウェイに出ればアクセル全開でまさしく「高速道路の星」のごとく走る営業車…。実際には会社名やロゴの入ったクルマでそうそうヤンチャな事はできませんが、ライトバンの全開走行はなかなか大したものなのは確かです。そんな営業車で最速はどれなのでしょう?

  
72660

今ではほとんど同じ車!? かつてプロボックスとサクシードは何が違ったのか?

今や日産のADバンと共に、日本では数少ないライトバンの生き残りとなったプロボックスとサクシードですが、かつてはフルラインナップメーカーのトヨタらしくさまざまなライトバンがありました。その流れでプロボックスとサクシードも、かつてはそれなりに違いがあったのです。

  
154560

車のクロスミッションと普通のミッションは何が違うのか?

競技用の自動車やそのベース車両には、「クロスミッション」という少々特殊なミッションが組み込まれたり、オプションで設定されています。普通のマニュアルミッションとはどう違うのでしょうか?

  
141954

S30やZ32等…フェアレディZは今と昔でどれくらい変わったのか?

日産がどん底に突き落とされてルノー傘下に入った時でも、カルロス・ゴーンのかつての愛車がZ32だったおかげもあって、今まで生き残ってきたフェアレディZ。昔と今では何か違うのでしょうか?

  
65155

最高速度が約250km/hの「M4」と「i8」…BMWの高性能車の対決の結果は?

ドイツの自動車情報サイト「AutoBild」がBMWブランドの中からM4とi8という2台のドラッグレース対決を企画し、その様子を動画で公開しました。BMWのハイパフォーマンスブランドMを代表するM4と最新テクノロジーの結晶であるi8。果たして勝敗の行方は?

  
27917

K6AターボやRB26等…チューニングベースとして多く使われる国産エンジン9選

世の中には数多くのチューニング・エンジンがあります。元々の2倍、3倍のパワーを絞り出すのは当たり前。スペシャルパーツとの組み合わせは無数に存在します。しかし、そのベースとなるためには「素質」が必要。その素質を持ち、数々のチューニングエンジンのベースとなった国産エンジンを9つほど紹...

  
104610

最高出力1600馬力…3ローター・トリプルターボ仕様にカスタムされたRX-8とは?

復活が期待高まるマツダのロータリーエンジン。カスタムシーンでも、軽量・高出力で人気がありますよね。なかには3ローター、4ローターにしてしまうカスタムマシンも散見されます。しかし超高出力が必要なドラッグレース仕様には向かないともいわれていますが、そんな方向のカスタムをやってしまった...

  
48663
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives