「センシング」の検索結果(21件)

記事

ホンダ N-VANは車中泊派に大注目のニューモデルだ!

2018年夏に発表されることが、公式HPで告知されたホンダの新型商用車「N-VAN(エヌ バン)」。日本一売れている軽自動車“N-BOX”シリーズの派生型になるわけですが、いやが応にも期待が高まります。今回はN-VANへの期待を込めて、どんな車になるのかをお伝えしたいと思います。...

  
59302

新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

スバルは、先のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発表しました。第4世代の旧型フォレスターのデザインを踏襲しつつ、現行型「インプレッサ」から導入された「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、カテゴリでトップクラスの衝突安全...

  
3087

ルームミラーの切り替えレバーってどう使うの?

ルームミラー(バックミラー)は、運転時に後方確認で重宝する安全装備の一つです。そのルームミラーをよく見ると、下に小さなレバーのようなものが付いています。これは、なんのために付いているのでしょうか?

  
7047

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.73 スマホが変える車載器の未来

先日、海外取材でドイツとオランダを1200㎞ほど走ったのだが、そのとき大いに役立ったのがiPhoneと車載ナビ/オーディオを接続して使うアップルの「CarPlay」だった。自分のiPhoneを純正ケーブルで接続すると、電話、ミュージック、メッセージなどお馴染みのアイコンがナビ画面...

  
1846

コネクテッドカーのメリットとデメリット

「自動運転車」の実現に向けて自動車メーカーのみならず、IT関連の会社が続々と自動車業界に参入するというニュースが、毎日のように飛び込んできます。それに関連した「コネクテッドカー」は、簡単に言うとインターネットにつながるクルマ、ということです。しかし、コネクテッドカーは単に”ネット...

  
11458

今度は車線もキープする 〜進化した新型アイサイト

運転しているとき、ドライバーは事故を起こさないように、ぶつけられないように、と四方八方に目を光らせている。だが、どんなに注意していても、避けられない事故はあるものだ。スバルは、世界で初めてステレオカメラを使って常に前方を監視し、必要に応じてドライバーをアシストする先進の運転支援シ...

  
203

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.87 名称の統一化

細かな違いはあるにせよ、横滑り防止装置の基本的な仕組みと目的はどれも同じだ。しかし、VSC(トヨタ)、VDC(日産)、VSA(ホンダ)、DSC(ダイハツ)、ASC(三菱)、ESP(スズキ)など、各社バラバラの名称を与えている。原稿を書く際はメーカー表記に従い固有名を使うのが原則的...

  
1542

DUKE生誕20周年の解答 KTM 1290 SUPER DUKE R

毎年春に「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」を貸し切って行われるKTMのメディア向け試乗会に今年も参加した。今回の目玉は、斬新なスタイルと新設計された75度V型2気筒1301㏄のエンジンが話題の「1290 SUPER R」(車名は1290となる)だ。text:神尾 成 photo:渕...

  
161

ホンダ ヴェゼル、マイナーチェンジでどう変わった?

2018年2月15日、ホンダはヴェゼルのマイナーチェンジモデルを発表、同月16日より発表となりました。2013年の発売以来大ヒットを記録したモデルだけに、どのような変更が施されたのか気になりますね。

  
12151

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? vol.4 人工知能を持ったレーシングカー

自動運転車によって行う「ロボレース」が今年の秋から始まる。電気自動車でレースを行う「フォーミュラE」が'14年から始まっており、'15/'16年のシーズン2が後半戦に突入したところだ。秋からは'16/'17年のシーズン3が始まるが...

  
570

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? vol.6 オムロン

オムロンと聞くと、体重計や血圧計、体温計などのヘルスケア用品を思い浮かべる人がほとんどだろう。そのオムロンが、近い将来の自動運転技術においてキーとなる技術に取り組んでいると聞くと、「そんなつながりがどこにあるの?」と不思議がるに違いない。text:世良耕太 [aheadアーカイブ...

  
249

ホンダ インサイトがデトロイトで復活!日本導入は?

1999年に発表された初代から18年、一度生産が途絶えていたハイブリッド専用モデル、インサイトが、デトロイトモーターショーで4年振りに復活しました。新しいインサイトは、2モーターのスポーツハイブリッドi-MMDを採用するとのことですが、日本には導入されるのでしょうか?

  
3973

2017年、いま売れている自動車トップ5〜軽自動車編〜

2017年度も上半期を終え、下半期に入りました。今年度も各メーカーから、さまざまな軽自動車が販売され、市場を賑わしています。ここでは、全国軽自動車協会連合会が発表している販売台数を集計し、上半期+10月までの合計台数トップ5を調べてみました。気になる第1位は、やはりあのクルマです...

  
10104

SUVブームなのに!なぜホンダには、ヴェゼルしかないの?

自動車市場は空前のSUVブームに湧いています。ですが、ホンダでSUVといえば『ヴェゼル』だけ…。ホンダファンのなかには“もっとSUVの選択肢が欲しい!”と思っている人も多いはず。はたして、ホンダSUVはこのままヴェゼルだけで終わってしまうのでしょうか。

  
23402

200万円の新型N-BOXが売れてます!ホンダ、軽イメージを定着か?

新型N-BOXが売れています!事前受注を含めると、発表後3日で月間販売予定台数の2倍を達成。これから注文しても、大幅な増産でもない限り、納車まで2カ月以上待つと言われています。これを足がかりにホンダは軽イメージを定着させることができるのでしょうか?

  
14073

【車好きインプレ】安全装備を強化!新型フィット ハイブリッドに乗ってみた!

2017年6月にマイナーチェンジを受けたホンダ フィット。全車にHonda SENSING(ホンダ センシング)を搭載するとともに、内外装ともに質感を向上。さらには、サスペンションダンパーの改良に加え、パワートレインにはきめ細かなチューニングを施したとアナウンスされています。Yo...

  
1783

小さく見えて意外と中は広い!ホンダ フリードハイブリッドに試乗してみた!

2016年にモデルチェンジした2代目ホンダフリードには、大きくわけて2タイプあります。ゆったりした6人乗りのフリードと、荷物がいっぱい入るフリード+。今回試乗したのは、6人乗りのフリードハイブリッド。5ナンバーサイズのミニバンで、i-DCDを搭載したフリードは、走りが軽やかな運転...

  
11548

プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

近年、飛躍的に向上しているのが安全装備です。エマージェンシーブレーキを皮切りに、現在ではレーンキープ走行を可能にするなど、自動運転技術も徐々に実装されつつあります。さて、現在各メーカーが用意している安全装備ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

  
226847

誕生から30年!新型ランドローバー ディスカバリーは、どう変わった?

ランドローバー伝統のモデル「ディスカバリー」がフルモデルチェンジを敢行、5代目モデルとなりました。そしてその無骨なスタイルは、より洗練された印象に生まれ変わっています。はたしてどのような進化を遂げたのでしょうか?

  
7799

C-HRとヴェゼルとジュークを比べてみた!

昨年末に登場したばかりのトヨタのコンパクトSUV「C-HR」ですが、受注状況は目標のなんと8倍と大人気となっています。同じく人気なのがホンダのヴェゼル。3年連続でジャンル別の販売台数1位という快挙を達成しています。そしてもう一台人気なのが日産のジューク。デビュー当時から安定した販...

  
60816
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives