「セッティング」の検索結果(205件)

記事

ストラット、ダブルウイッシュボーン、マルチリンク…サスペンション形式ごとのメリットとデメリット

サスペンションには、荷重を支える、振動を吸収する、力を伝える、といった役割があります。使われるサスペンション形式は、各メーカーの持つフィロソフィ(思想)をもとに設計されています。それぞれサスペンション形式には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

  
12857

HKSの車高調ハイパーマックス Sスタイル Lがリニューアル こだわりの進化とは?

HKSと言えばスポーツカーを中心にハードチューンを好むユーザーに支持されているチューニングパーツブランド、というイメージがあるかもしれません。しかし、今では軽自動車やミニバン、SUVなどに向けたアイテムも多くリリースしているのです。もちろんこれは今までスポーツカーで培ってきたノウ...

  
5433

2輪部門、日本人初表彰台を目指せ!伊丹孝裕のPIKES PEAKへの挑戦 VOL.3

パイクスピークの参戦車両となるトライアンフ・スピードトリプルRが手元に届いたのは、3月の下旬が差し迫った頃。アメリカに向けての船積みは、ゴールデンウィーク前後が予定されていたため、車両作りの時間は実質1ケ月程度しか残されていなかった。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 [a...

  
159

VWのMQBモジュールとは?

どこの国に資本があっても、メーカーであれば良いクルマを安価に作ることを目指しています。昨今では、異なる車種間で共通の部品を使用することを前提として開発し、開発効率を上げる工夫がなされています。フォルクス ワーゲンのMQBも、そのひとつです。このMQBには、どんな効果があるのでしょ...

  
3823

話題のZC33スイフトスポーツ TEINの車高調とEDFCで走りは変化するのか?斎藤聡がインプレッシ...

2018年2月現在、オーダーから納車まで半年待ちもザラになってきたZC33型スズキスイフトスポーツ。このモデルには走りを重視するユーザーには大注目株であります。各社から続々専用車高調がリリースされたくさんの選択肢がある中で、緑のサスペンションでお馴染みのTEINはどうでしょうか?...

  
4878

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.49 「DUTSAN」は、復活したのか?

かつてフェアレディZや510ブルーバードといった名車を生み出したダットサンがついに蘇った。40代以上の人なら、きっとワクワクするような話題だろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
570

ラジコンはモータースポーツだ

現在、日本の4輪レースのトップカテゴリーと言えば、「スーパーフォーミュラ」と「スーパーGT」だが、それぞれのレースに参戦するドライバーの中で、ちょっとしたブームになっているものがある。それがRCカー(ラジコン)だ。text:伊丹孝裕 photo : 京商 [aheadアーカイブス...

  
97

忘れられないこの1台 vol.57 トヨタ・マークⅡ

「たまごちゃん」というのが、その子の名前だった。なんて言うと、ごく良識的なセンスをお持ちの皆さんには決まって怪訝な顔をされてしまうのは重々承知なのだが、当の本人、つまり当時の私は真剣そのもの。だって名前を付けてしまうほどに深く愛していたんだから仕方ない。text:今井優杏 [ah...

  
3584

車によるジャンプの世界記録はなんと115.6メートル!

市販の自動車は、路面をいかに速く、また快適に移動するかという観点から開発・進化が進められてきました。しかしなかには、斜め上の発想で、車の進化に挑む人々もいます。ジャンプでの最長記録を目指す、というのもそのひとつ。では、ジャンプでの飛距離を伸ばすためにどのような工夫が施されているの...

  
2331

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.54 軽自動車税のあり方とは

軽自動車の保有にかかる税金が現行の年7200円から1万800円へと大幅に引き上げられる見込みだ。しかも普通車の税金は据え置き、軽自動車だけを増税するものだから、金持ち優遇、庶民いじめなどと批判はヒートアップするばかり。たしかに公共交通の発達していない地方では買い物に行くにも通勤に...

  
285

遊びの域を超えたシミュレーター戦線

F1の世界では必須。それ以外の多くのカテゴリーでもすでに浸透し、確かな効果を上げているのがドライビング用のシミュレーターである。text/photo:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.132 2013年11月号]

  
63

新品タイヤにある、赤と黄色の丸いマーク。これってなに?

もうすぐ春。現在、冬用タイヤにしている方々も、3月にはそろそろ夏用タイヤに交換の時期。なかには、これを機に新品タイヤに履き替える方も多いかもしれませんね。その新品タイヤには、黄色と赤の丸いペイントが施されています。それぞれどういった目的でペイントされているのでしょう?

  
90148

岡崎五郎のクルマでいきたい VOL.61 日産が今、すべきこと

日産でインフィニティブランドを統括していたヨハン・ダネイスン氏が退職した。アウディから移籍してわずか2年。昨年にはナンバー2のカルロス・タバレス氏も日産を去っている。そんなお家騒動含みの展開に加え、肝心の業績も振るわない。就任から15年。見事なV字回復を達成したカルロス・ゴーン社...

  
2232

ミツビシがパイクスピークで得たものは何か

三菱自動車は6月23日〜29日にアメリカ・コロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に出場した。標高2862mの地点からスタートし、約20㎞先にある標高4301mのゴールを目指す。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.142 201...

  
145

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 vol.54 無線で言ってはいけないこと

F1マシンはいくつものセンサーを搭載し、各種コンポーネントが正常な状態かどうかモニターしている。タイヤの空気圧しかり、ブレーキディスクの温度しかり、ギヤボックスの油圧しかりだ。ハイブリッドシステムを構成する各種コンポーネントの温度も精密に監視している。text:世良耕太 [ahe...

  
336

日本車の逆襲

ここ数年というよりこの十数年、日本の大型バイク市場は外国車の勢力が強く、日本車が劣勢だったように映る。text:神尾 成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.151 2015年6月号]

  
570

埋もれちゃいけない名車たち vol.33 大衆車メーカーのスパイダー、再び「FIAT 124スパイダ...

今のタイミング、クルマ好き達の話題の中心は、〝ND〟ことマツダの新型ロードスターだろう。この6月の正式発表を前にして生産も開始され、自動車専門誌やウェブ、それにSNSなどでは事前試乗をすませたジャーナリスト達のドライビングインプレッションが花盛りである。text:嶋田智之 [ah...

  
1699

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.03 可夢偉はトップに立てるか

小林可夢偉が日本に帰ってきた。というより、レースキャリアのほとんどをヨーロッパで過ごした可夢偉にとって、スーパーフォーミュラ(SF)は新たな挑戦である。その可夢偉は開幕戦鈴鹿を予選10番手、決勝9位で終えると、第2戦岡山では4番手からスタートし、2位でゴールした。F1で表彰台の経...

  
85

Rolling 40's Vol.83 真夏の誘惑

夏になると大きなアメ車やピックアップトラックが無性に欲しくなる。私もアストロと言うアメ車のミニバンを持っていたことがある。最終モデルの白で、ホイールなども流行のタイプに変えてかなりお気に入りだった。しかしリアに広がる巨大なスペースを有効に使った記憶はほとんどない。text:大鶴義...

  
120

Rolling 40's Vol.84 趣味の巣床

乗り物系趣味の話題は、SNSとすこぶる相性が良い。例えるならエンジンのとある部品名を検索するだけで、実際にそれを売っているサイトやプロフェッショナル的なサイト以上に、個人のブログや乗り物専用SNSなどのヒット件数の方が多い場合もある。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス ...

  
134
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives