「スープラ」の検索結果(129件)

記事

日本初のスペシャリティカー!トヨタ セリカの特徴や燃費、中古車価格は?

良い意味でトヨタらしからぬ格好良さのあるトヨタ セリカ。日本初のスペシャリティカーとして1970年に登場し、一世を風靡しました。2006年に販売終了となりましたが、一部ではまだまだ高い人気を集めているセリカ。その詳細と中古車市場を合わせてチェックしてみましょう。

  
12611

2016年12月、2.0L 308馬力のBRZ STIが発売!? その男前すぎるスペックは?

そのデビュー当初から登場が噂されつつ、いまだに設定されていないスバルBRZのターボモデル。ようやく2016年12月発売に向けて動き出したということですが、その実力たるやいかに?

  
237330

10年以上前の日本車vs韓国最高スペック車…結果から見る日本車のクオリティは?

14年前の2002年に生産終了したトヨタ スープラと、その6年後の2008年にデビューしたヒュンダイ ジェネシスクーペのゼロヨン対決。軍配はスープラに上がりましたが、その結果から来る想いはちょっと複雑です。

  
113810

100万円台でソアラが買える!?中古のソアラがかなりお買い得!

トヨタ ソアラは、バブル時代の「ハイソカー」の元祖とも言える車であり、その後の日本車にも大きな影響を与えました。クラウン サイズの大柄なボディながらスマートなクーペスタイル、そして3000ccクラスの大排気量エンジン…。ソアラがデビューしたときのセンセーショナルな感動は今も忘れな...

  
22216

シルビア・プリメーラに搭載された"SRエンジン"が現在でも愛される理由とは

「90'sツインカム」というキャッチコピーと共に、それまでのCA型エンジンの後継として登場したSR型エンジン。特にFR用の縦置き型SR20DETは現在に至るまで若者向けスポーツカー用エンジンとして絶対的な支持を得ていますが、その良さはどこにあるのでしょうか?

  
97834

【完全版】トヨタの"走りのセダン"アリストV300は今でも速いのか?

トヨタの「走りのセダン」と言われたアリスト…。1991年から販売されたEセグメントのセダンです。当時は高級セダンとして高排気量のエンジンを搭載。内装もラグジュアリーな仕様で日産のシーマと競っていました。車格はクラウンより上というイメージ。そんなアリストは、今どきの高排気量の同じよ...

  
135083

【東京オートサロン速報】スープラ後継のトヨタFT-1が国内初披露!過去に出展されたスープラもご紹介!

いよいよ来週末に開幕となる東京オートサロンにて、トヨタFT-1が国内初披露となります。すでにアメリカでは発表されていますが、日本では今回が初登場。次期スープラという位置づけになりそうなこの新型スポーツカーは、間違いなく今年のオートサロンの目玉となるでしょう。

  
17382

K6AターボやRB26等…チューニングベースとして多く使われる国産エンジン9選

世の中には数多くのチューニング・エンジンがあります。元々の2倍、3倍のパワーを絞り出すのは当たり前。スペシャルパーツとの組み合わせは無数に存在します。しかし、そのベースとなるためには「素質」が必要。その素質を持ち、数々のチューニングエンジンのベースとなった国産エンジンを9つほど紹...

  
106272

ターボ車のマフラー交換によって期待できるパワーアップ効果とは?

クルマのカスタマイズで多いのが、マフラー交換です。ルックスはもちろんサウンドの変化も楽しめますし、なによりパワーアップにも繋がるアイテムです。排気を使ってタービンを廻すターボ車では、その変化が大きく、定番のチューニングともなっています。

  
102272

アリストのMT化は100万円超え!? ATをMTに載せ替える際のハードルや費用とは?

マニュアルトランスミッションの数が少なくなってきています。新車での設定も激減していて選びようがないという実情もあるわけですが、そんななか、ひとつの手立てとして、トランスミッションの載せ換えが考えられます。このトランスミッション載せ換えに際して、いったいどんな注意点や技術的なハード...

  
182396

最高出力1600馬力…3ローター・トリプルターボ仕様にカスタムされたRX-8とは?

復活が期待高まるマツダのロータリーエンジン。カスタムシーンでも、軽量・高出力で人気がありますよね。なかには3ローター、4ローターにしてしまうカスタムマシンも散見されます。しかし超高出力が必要なドラッグレース仕様には向かないともいわれていますが、そんな方向のカスタムをやってしまった...

  
49672

R35 GT-Rに果敢に挑んだセリカ ST205…両者のゼロヨン対決の結末とは?

R35 GT-Rといえば、ノーマル状態でも500ps前後の馬力を誇る、日本を代表するスポーツカーです。これまでの直6ツインターボであるRB26DETTを捨て、VR38DETTエンジンを搭載。世界中で、安全で速いスポーツカーとして、速さの指標にもなっているような車。特に、これまで日...

  
79716

2JZ-GTE型エンジン搭載、1800馬力…R35 GT-Rよりも速いソアラが存在する?

日本車は海外でもチューニングベースとして愛されているのはご存じの通りです。しかしソアラでR35GT-Rにゼロヨン勝負で勝ってしまったマシンがあるのをご存じでしょうか。しかもドライバーは素敵な女性なのです…。

  
87720

セリカ・セリカXXの中古価格と歴史|よろしくメカドックの登場車種もご紹介!

「よろしくメカドック」というワードに反応する80年代の少年たちは沢山いると思います。中にはこの漫画やアニメでクルマに関心を持った方も多くいる事でしょう。そんな「よろしくメカドック」に登場するマシンを今回取り上げてみました。

  
62737

バブル期の社会問題?!首都高の「ルーレット族」とは一体何だったのか?

80年代頃から2000年代にかけて「ルーレット族」による暴走行為が問題になっていました。2017年現在は取締りの強化、チームの解散などもあり、下火にはなっている状況といえます。このルーレット族について考えます。

  
153743

トヨタ MR2の中古価格・カスタム事情は?北米で900馬力MR2が誕生!?

いまだに多くの人が忘れられないであろうトヨタ MR2。日本の自動車メーカー初の市販ミッドシップ車と言う事で、多くの車好きから愛されたモデルです。その特徴とともに、中古車市場もあわせてチェックしてみましょう。また、北米等ではエンジンスワップし、ハイパワーを得るカスタムが盛んですが、...

  
47879

レクサス LFAとランボルギーニ ムルシエラゴのドリフト対決…両車に施されたカスタムは?

近年競技として定着してきた感のあるドリフト競技。一気にメジャーなものとしたのが「D1 GRAND PRIX」の存在でしょう。そのD1GPの舞台で、レクサスLFA対ランボルギーニ・ムルシエラゴというド迫力スーパースポーツカー対決が実現したようです。

  
38967

次期「スープラ」はHVターボで復活?2018年に登場か!

ホンダがS660を発表、そして2016年には新型NSXを発表と、なにやらスポーツカー事情があわただしくなってまいりました。勿論自動車産業の盟主であるトヨタもだまっているわけがありません…。

  
23178

ツインカムかターボか?トヨタセリカvs日産スカイライン

ツインカムエンジンかターボエンジンか。79年にセドリックターボが発売されるまで、日本車のハイパワーモデルは、ターボ車ではありませんでした。今日でこそ、ロータリーは軽量コンパクトなエンジンと言われますが、当時ではNAのロータリーでさえ、ハイパワーエンジンの一つだったくらいです。現代...

  
43441

シルビアやスープラ…かつての平成スポーツカーの中古車価格が高騰する3つの理由

各メーカーが新型スポーツカーに力を入れつつある現状の一方で、かつて日本に存在していたスポーツカー達はその姿を大幅に消しつつあります。タマ数が少なくなると高騰する車種もあるわけですが、その理由も様々のようです…。

  
128314
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives