「スーパーGT」の検索結果(27件)

記事

なぜ、レーシングカーのヘッドライトは黄色いのか?

ボディがスポンサーカラーになっていたり、大きく広告が入っていたりと見た目が派手なものが多いレーシングカー。よく見ると、ヘッドライトのカラーが黄色だったり白色だったり、何種類かあるようです。いろいろな規則で縛られているはずのレーシングカーですが、なぜヘッドライトの色が統一されていな...

  
17516

【全文書き起こし】自動運転で一日25時間に!? アウディ、エレーヌや新型A8を日本初出展!

2017年10月25日、東京モーターショー2017にて、アウディはプレスカンファレンスを開催。自動運転レベル4のEVコンセプトモデル「エレーヌ」や新型A8を日本初出展しました。Photo:S.Kamimura

  
3452

【全文書き起こし】CR-Vが新型で復活!ホンダの走りは、EVでも実現できるのか?東京モーターショー2...

「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いから生まれるホンダプロダクツ。オートバイのカブから、ジェット機まで、すべてが前述した同じテーマで設計・製作されています。なかでも今回発表されたEVコミューターコンセプト、NeuVは、AIや自動運転技術により、身近なパート...

  
3047

RE雨宮が最新の手法で手がけたFC3S型RX-7とは?

RX-7と言えば、世界で唯一量販型ロータリーエンジンを世に生み出したマツダが誇るスポーツカー。日本のみならず海外でも多くのファンを獲得しています。そんなロータリーチューンの雄、RE雨宮が手掛けたFC3S型RX-7は現代的な手法を多く取り入れた至極の1台に仕上がっていました。

  
12519

いまさらだけど…F1の速さが異常!GTと比較してみた

GTとF1。いくらGTでも、さすがにF1にはかなわないくらいは、誰もが想像出来るでしょう。ですが、まさかここまで違うとは想像出来なかったのではないでしょうか?-------------------------------------------------------------...

  
14503

RE雨宮・塚本奈々美対談。知られざるレースとチューニングの世界。過酷なステージで活躍するのはフロント...

マツダファン、ロータリーファンだけでなく、クルマ好きであれば知らない人はいないと言っても過言ではない『RE雨宮』の代表、雨宮勇美氏と『美しすぎるレーシングドライバー』としてレース活動のほか、多くのメディアで大活躍中の塚本奈々美さんの対談をお届けします!

  
6865

世界中から支持される日本の鍛造アルミホイール、BBSジャパンとは?

市販車用鍛造アルミホイールの先駆者というべきブランドが日本BBSです。国内主要メーカーはもちろん、海外の名だたるメーカーからも信頼を集めているBBSアルミホイール。他メーカーの追随を許さないその製品力は、どんなところに隠されているのでしょうか。

  
10954

ポルシェやGT-Rなどにある"GT3"とはどういった意味?

スポーツモデルをチェックしていくと、グレード名に「GT3」とつく車種が散見されます。GTというワードはスポーツモデルによくありますが、このGT3とは何を意味しているのでしょうか…?

  
36247

購入時にテスト!? マイナーすぎる…欲しくても手に入らない"入手困難"な車とは?

世の中には、入手困難な車というものがあります。その理由はさまざまですし、その人の立場によっても困難の度合いが変わる場合もあります。今回は、「入手困難な理由」について考えます。

  
14317

レーシングドライバー井出有治が感じた”クムホ ECSTA(エクスタ)"の実力

メルセデスやBMW、日本勢ではニッサンやスズキにも純正装着タイヤを供給しているクムホは、世界の約180カ国で商品を展開するグローバルプレーヤーだ。商品ラインナップも豊富で、スポーツ系の「エクスタ」を筆頭にコンフォート系の「ソルウス」、ベーシックな「センス」など、スポーツモデルから...

  
14834

2つの製法があるアルミホイール。BBSはなぜ鍛造製法にこだわるのか?

社外品ホイールとして世界的に有名なブランド「BBS」。その評価の高さゆえに純正ホイールとしても数多く採用されていますが、それには理由があります。決して量産性に優れているとは言えない鍛造ホイールにこだわり、圧倒的な信頼性と軽量頑強な高性能を得たBBSホイールに迫ります。

  
59149

まもなく日本進出40年。高性能低価格タイヤメーカー、クムホ!

クルマ同様、その用途によって特化した性能を持ち、さまざまなカテゴリーを持つのがタイヤです。最近ではあまりにもメーカーやブランドが多く、どのタイヤを買えばいいのか悩む人も多いと思いますが、海外メーカーの中でも進出から間もなく40年を迎え、日本で定着してからの歴史も長いクムホタイヤを...

  
21800

初代NSX VS 現行スポーツカー…過去の名車はどれほどすごかったのか?

新型NSXがついに日本でも購入受付を開始しましたが、初代NSXもこれでようやく肩の荷が下りた感じでしょうか。ここで初代NSXが現在のスポーツカーと比較して、どのような性能を持っていたのか比較してみたいと思います。

  
25928

新型NSX!北米では2年待ちだが日本はどうなる?!

いよいよ日本でもホンダの2代目NSXが購入受付を開始しました。生産している米国では既に量産車の引渡しが始まっていますし、大半の人にとっては「遠くに見るスーパーカー」ですから、日本で発売されたからと身近な存在になるわけではありませんが、近づくとしても相当先の話になるようです。

  
18959

2016年12月、2.0L 308馬力のBRZ STIが発売!? その男前すぎるスペックは?

そのデビュー当初から登場が噂されつつ、いまだに設定されていないスバルBRZのターボモデル。ようやく2016年12月発売に向けて動き出したということですが、その実力たるやいかに?

  
202497

日本で走り続けて40年? 長きに渡り信頼されてきたクムホタイヤ

クムホタイヤは日本ではまだまだ馴染みの薄いタイヤメーカーではありますが、世界的には10本の指に入るタイヤメーカーの一つとして躍進を続けてきました。高性能なタイヤをリーズナブルな価格で販売しているクムホタイヤはどのような歴史を歩んできたのでしょうか?【Sponsored by KU...

  
16815

2ローター、3ローター、4ローター、6ローター…あなたは排気音だけでローター数を当てるこはできますか...

クルマのエキゾースト•ノート(排気音)は数あれど、ロータリーエンジン車はホンダ•ツインカムやフェラーリのV12サウンドと並んで「名曲」のように扱われます。また同時に構造的にローター数を増やす事も容易なロータリーエンジン、エキゾーストノートからローター数を当てる事はできますか?

  
44497

GT-Rのエンジン「RB26DETT」と「VR38DETT」の性格の違いとは?

日産のRB26DETTとVR38DETT。ともにGT-R専用エンジンとして開発されながら、これほど性格の異なるエンジンは少ないかもしれません。かたや「制御された野獣」、かたや「研ぎ澄まされたエリート」。両者の性質の違いを見ていきましょう。

  
99159

直感的な走りを愉しめるダイナミックグリップタイヤ「MICHELIN PILOT SPORT 4」登場...

日本市場でリプレイスタイヤ、OEタイヤともに堅調なシェア上昇を見せているフランスのミシュランタイヤより、活発なモータースポーツ活動からフィードバックされた新スポーティタイヤ「MICHELIN PILOT SPORT 4」が2016年3月24日にリリースされます。前作「PILOT ...

  
36514

モデューロブースの中の4台にホンダスピリットを見つけました!

ホンダのブース群の中で、ひたすら白い車ばかりで光り輝いていた印象のあるホンダのカスタムカー部門「モデューロ」。比較的内外装とも地味でスピーカーチューンなど渋いカスタムが多い印象でしたが、その中でも注目の4台をご紹介します。

  
1132