「スポット」の検索結果(158件)

記事

EVが電欠になったらどうしたら良いの?

わが国のEV(電気自動車)は、充電スポットの増加や航続可能距離の延長によって、一般的な交通手段になりつつあります。しかし、ひとたび電欠してしまったら?燃料のようにスタンドに買いに行くわけにも行かず、立ち往生は必至です。そんなときには、どんな対応策があるのでしょうか?ここでは、実際...

  
27020

最近見なくなったこれって何に使うもの?

昔は皆よく使っていたけれど、最近は見ないな、というアイテムは沢山ありますよね。もちろん、これはクルマでもいえること。今回はそんなアイテムのひとつにスポットを当ててみましょう。

  
3429

羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

フェラーリやポルシェのような派手な外見は持ち合わせていないけれど、ほんの少しフェンダーが膨らんでいたり、エクステリアやインテリアの意匠がわずかに違っていたりと、ただならぬオーラをまとった特別なセダンやハッチバック。それらは、いつの時代にも存在し「羊の皮をかぶった狼」として、クルマ...

  
15055

あなたはいくつ当てはまる? Twitterのハッシュタグで「車好きあるある」を調べてみた

Twitterを利用している車好きはたくさんいます。そんな彼、彼女たちが「#車好きあるある」で伝えている、車好きがよくやってしまう行為とはいったいどういうものなのでしょうか?あなたはいくつ当てはまりますか?

  
7840

ボディコーティングの「親水」「撥水」「滑水」、どう違うの?

雨が降ったとき、水滴が愛車のボディを玉のように転がり落ちていったり、水溜りのようになってザーッと固まって落ちてきたり、使うコーティング剤によって、変わることをご存知でしょうか?それを見分けるポイントは、ラベルに記載された「親水」「撥水」「滑水」の文字。今回は、ガラスコーティングの...

  
3374

日本で一番長い橋はどーこだ?

国内には数多くの橋がありますが、そのなかでもっとも長い橋、つまり日本国内で一番長い橋はどこにあるのでしょうか。その橋は、日本一長いだけでなく通行料金にも注目の橋だったのです。

  
5296

新車で国産なら中古で輸入車はどう?200万円程で買えるおすすめ中古輸入車

「輸入車は国産車に比べて価格が高くて…。」という理由で、購入をためらっている方は多いでしょう。でも、あなたが新車の購入に200万円程度を予定しているなら、中古にはなりますが、国産車とはまた違った魅力を持つ輸入車も選択肢に入れることができます。次の愛車には、中古の輸入車も候補に入れ...

  
4282

朝?昼?夜?洗車はどの時間帯がベスト?

クルマを所有していながら、これまで一度も洗車したことがないという方は、間違いなくいないでしょう。気持ちよく乗るためにも愛車を綺麗にしておきたいものですが、洗車に適した時間帯はあるのでしょうか?

  
6546

ポルシェが手がけたメルセデス・ベンツ!? 伝説のセダン500Eとは

メルセデス・ベンツの中核を担った初代モデルであり、発売から30年以上を経過した現在でも多くのファンを魅了し続けているW124シリーズ。直4からV8まで多彩なラインナップを揃えていたそのなかに、現在も語り継がれる特別なモデルが存在していたことをご存じでしょうか。それはいつしかプレミ...

  
6446

ETC2.0は取り付けるべき?ETCとの違いとは?

コンピューターのソフトウェアでは、バージョンを小数点で区切った数字で表記します。それになぞらえたのが、新しいETCで、新バージョンは「ETC2.0」と呼ばれます。旧バージョンとどこが違うのでしょうか。

  
30067

11本の道路が集まる交差点!? 東京23区内にある超多叉路6選

日本国内の道路には、国道から私道まで、さまざまな種別があります。それら道路が交わっている箇所がいわゆる交差点と呼ばれ、日本には大きな交差点に住宅地に進入するための路地を追加するなどして、多叉路(たさろ)になった場所がいくつもあります。今回は、そんな多叉路を東京23区内に限定して6...

  
3190

アフターファイヤーはなぜ起きるのか?

レーシングカーが走行中、マフラー付近から「パーン、パーン」という爆発音や、排気管出口から火炎が出るような現象を”アフターファイヤー”と呼びます。なぜこのアフターファイヤーは起きるのでしょうか?また、なぜ市販のクルマでは起こらないのでしょう?文・わんわんエンジニア

  
16614

現12歳の女子中学生も!? 日本人女性レーシングドライバーたち

レーシングドライバーというと、どうしても男っぽいイメージが強く、女性ドライバーといっても、あまりピンとこないのではないでしょうか。しかし、世界には女性レーシングドライバーも沢山いて、過去にはF1まで上り詰めたドライバーもいました。日本人では、そこまで上り詰めた女性はいませんが、サ...

  
3634

特集 日本のクラシックについて

欧州には、古いクルマを文化遺産としてとらえる価値観が根付いている。それは、国の歴史だという視点に基づいていたり、貴族意識に起因していたりする。そして自動車メーカーも自分たちの製造してきたクルマを後世に残していこうとする姿勢が古くから備わっていた。翻って戦後の日本人の生活を支えてき...

  
262

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
268

粋 〜クルマの美学〜

粋とは何か。粋であることはカッコイイことだが、カッコイイことが粋であるとは限らない。渋い=粋でもない。人が羨むクルマに乗っていても、人より速く走れたとしてもそれが粋であるとは言えないのだ。そして粋とは、作法ではなくカタチでもない。text:吉田拓生、伊丹孝裕、小沢コージ、まるも亜...

  
1121

ULTIMATE JAPAN(アルティメイト ジャパン)

1989年、平成元年に日本のクルマは世界の頂点に登りつめた。日本のビンテージイヤーと呼ばれたこの年は、GT-Rが復活し、ロードスターが発売され、セルシオ=アメリカ名レクサスが世界の高級車に衝撃を与えたのだ。text:嶋田智之、伊丹孝裕、岡崎心太朗、神尾 成 photo:長谷川徹 ...

  
575

幕末の香り漂う山々へ〜マツダ・アクセラ

鹿児島というと何を連想するだろうか。桜島、錦江湾、開聞岳。薩摩隼人、島津氏、西郷隆盛、篤姫…。改めてクルマを走らせてみると、山々を行くうち、心に浮かぶのは幕末のことだった。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹[aheadアーカイブス vol.137 2014年4月号]

  
254

モータースポーツの おもしろさを伝えたい

世界の頂点であるF1をはじめ、日本で大人気のスーパーGTや、2輪最高峰のモトGPまでもが、今年は大きな変革期を迎えている。今回は、モータースポーツを愛してやまない二人の男に、そのおもしろさについて、それぞれの視点で語ってもらおう。text:世良耕太 photo:菅原康太、[ahe...

  
370

定番を売るということ

親から子へ、職人から職人へと引き継がれ、誰が作っても同じものができる。そんなもののことを「定番」と言うのではないか。ずっとそう思っていた。でもここには、ちょっとちがう「定番」の姿がある。text:まるも亜希子、岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.15...

  
384
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives