「スバル BRZ」の検索結果(85件)

記事

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
28

アコースティックプレジャー

電子制御された過給器やハイブリッド、それに安全のための電子デバイスは、時代が求めた必然であり、未来を豊かにする可能性があることは理解できる。しかしそれだけでは、クルマやバイクの持つ本来の魅力がなおざりにされてしまう気がする。何もかもをデジタル化するより、アナログな味わいを残して生...

  
39

Sky & Road

クルマ、バイクメーカーの中には飛行機を生産していた会社が数多くある。内燃機関の進化はクルマやバイクだけではなく、飛行機の進化ともリンクしていたからだ。しかしそれ以外にもクルマやバイクは飛行機と感覚的な部分でつながっている。text:山下 剛、森崎佳成、後藤 武 photo:長谷川...

  
143

日本のクルマはどこにいく

日本を代表するクルマ産業は、景気の動向に左右されながらも発展を続けてきた。古くはオイルショックやバブル崩壊に打ちひしがれ、最近ではリーマンショクや3.11を乗り越えて、日本のクルマは進化しているように見える。スバルやマツダは欧州と同じようにメーカーの個性を前面に押し出し、レクサス...

  
327

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
279

AE86やロードスターなど…"ドライバーを育てる車"の特徴とは?

運転が上手くなる、ドライバーを育てる車とはどのような車種でしょうか?よく一例として挙げられるのが、トヨタ カローラ レビン/スプリンター トレノ(AE86)やマツダ ロードスターですが、このような車には、どんな特徴があるのでしょうか?

  
5083

【ahead archives】4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

現在CarMe[カーミー]で公開されている「ahead archives」。自動車情報だけでなく、二輪自動車や自動車ライターのコラムなど幅広いコンテンツをラインナップしています。そんな「ahead archives」、4月はどの記事がもっとも読まれたのか、Let's プ...

  
1323

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
36578

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.40 ブランディングの重要度

クルマ業界に限らず、日本企業に不足しているのがブランディングだ。ブランド価値のない商品は泥沼のような価格競争に巻き込まれ、企業だけでなく下請けや小売店も次第に疲弊していく。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.120 2012年11月号]

  
329

小さいクルマなのにどうして最小回転半径が大きいの?

「うっかり曲がるべきところを間違えてしまった、いま来た道をUターンして戻りたい」、皆さんもこんなシーンに出くわしたことが一度はありますよね。そんなときに気になるのが、「一発でUターンできるのか?」ということ。こういった車の小回り性を表す性能として『最小回転半径』という数値がありま...

  
6404

特集 元『Tipo』編集長 嶋田智之 推薦!これからはじめる趣味的クルマ生活

生活を取り巻く事情に縛られるあまり趣味的なクルマ選びができない方は多いはず。でもそこで、「乗りたいクルマ」をあきらめてしまうのは早計だ。視点を換えれば理想のクルマはきっと見つかる。text:嶋田智之  photo:渕本智信  [aheadアーカイブス vol.113 2012年4...

  
55

オンナにとってクルマとは Vol.27 後席・オブ・ザ・イヤー

もうずいぶん前のこと。運転席では最高に良かったクルマが、後席に移動した途端に信じられないほど座り心地が悪く、驚いたことがあった。それ以来、試乗する時は後席のチェックを忘れないようにしている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.121 2012年12月号]

  
136

ビッグマイナーチェンジしたスバル BRZ

シンメトリカルAWDを採用し、安定した走りを提供することが信条だったスバル。だからこそFRレイアウトを採用するBRZは異端児だった。トヨタとの共同プロジェクトでスタートしたFRスポーツカーは、今にして思えばスバルに新たなる風を吹き込んだ1台だ。text:橋本洋平 [aheadアー...

  
485

HKSが展望する次の時代

ボクがまだ自動車雑誌の編集者として駆け出しの頃だった。HKS製のターボチャージャーを装着したスターレットに乗り、当時の国産スポーツカーの華、スカイラインやセリカ、サバンナをスタートダッシュであっさりと置き去りにした。遡ること30年以上前の話である。text:桂伸一 [aheadア...

  
25

忘れられないこの1台 vol.45 TOYOTA AE86

4つ年上の兄がいたことが、僕のクルマ人生に大きな影響を与えていることは間違いない。18歳で免許を取って初めて運転したのは、兄のTE71カローラだった。text:石井成人 [aheadアーカイブス vol.123 2013年2月号]

  
2988

売る側の責任の果たし方

ルノースポールは、「Journees passion(ジュルネ・パッション─情熱の日)」というドライビング・レッスンを開催している。もともとはフランスの小さなサーキットで行っていたが、人気が高いため規模が拡大していき、今では欧州各国のF1サーキットも使用する。その「Journee...

  
239

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.42 ノーサイドの精神への賞賛

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはマツダCX─5が受賞した。次点は86/BRZ。かなりの接戦だった。僕は選考委員として最高得点の10点をCX─5に投じた。ハードウェア全般の仕上がりもさることながら、日本にディーゼル乗用車のマーケットがあることを証明した功績を高く評価したからだ。2...

  
106

第33回日本カー・オブ・ザ・イヤー

日本車なのに日本をメインターゲットとせず、日本人が乗っても魅力を感じないクルマがままあるこの時代。しかし、2012年のカー・オブ・ザ・イヤーは、しっかりと日本を見つめたクルマが復活してきた感がある。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.122 2013年1月号...

  
98

HKSは、宇宙をめざす

「いつかウチの技術で大気圏を越えてみたい。そう宇宙に行きたいんです。そのためにもどんどんチェレンジして、革命を起こさないと。のほほんと過ごしているヒマはありませんよ」text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.124 2013年3月号]

  
315

ターボに代わるハイブリッド SUBARU XV HYBRID

スバルが同ブランド初のハイブリッド車、XVハイブリッドを発表した。発売は初夏の予定で、2012年に発売して好評を得ている小型クロスオーバー、XVのトップグレードに位置づける。text:世良耕太 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.127 2013年6月号]

  
1573
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives