「スバル BRZ」の検索結果(64件)

記事

小さいクルマなのにどうして最小回転半径が大きいの?

「うっかり曲がるべきところを間違えてしまった、いま来た道をUターンして戻りたい」、皆さんもこんなシーンに出くわしたことが一度はありますよね。そんなときに気になるのが、「一発でUターンできるのか?」ということ。こういった車の小回り性を表す性能として『最小回転半径』という数値がありま...

  
3139

ビッグマイナーチェンジしたスバル BRZ

シンメトリカルAWDを採用し、安定した走りを提供することが信条だったスバル。だからこそFRレイアウトを採用するBRZは異端児だった。トヨタとの共同プロジェクトでスタートしたFRスポーツカーは、今にして思えばスバルに新たなる風を吹き込んだ1台だ。text:橋本洋平 [aheadアー...

  
127

メーカー公認の"スバリスト"

スバルのアイデンティティとも言える水平対向エンジンを積んだSUV3車。上から「レガシィ アウトバック」「XV ハイブリッド」「フォレスター」。スバルは2013年のSUV売り上げ国内ナンバーワンメーカーでもある。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.135 2014...

  
49

ライトウエイトスポーツカーってどんなクルマ?

東京オートサロン2018にトヨタのWEC参戦車TS050の市販バージョンとも言えるGRスーパースポーツコンセプトが出品されるなど、世界的に高級スーパーカーの需要が高まる一方、ライトウエイトスポーツカーの人気も根強いものがあります。ところでライトウエイトスポーツカーとは、どのような...

  
5566

エンジン音が電子化!? アクティブ・サウンド・コントロールとは?

現代の自動車は、NVHに加え車外騒音に関しても、大幅な進化をとげています。しかしスポーツカーにとって、ドライバーの耳に届くエンジンサウンドが大事なポイント。自動車メーカーは、さまざまな方法を用い、車内で聞こえるエンジン音を”強化”しています。そのひとつが「アクティブ・サウンド・コ...

  
6788

NSXやフェアレディZなど…『MFゴースト』に登場してほしい国産車5選

2013年に連載が終了した人気マンガ『頭文字D』には多くの国産スポーツカーが登場しました。この作品でAE86型トレノ/レビンが人気となり、トヨタ 86/スバル BRZの開発が本格的に始まったことは記憶に新しいところです。その続編とも言われる『MFゴースト』の連載も始まり、ふたたび...

  
11610

【東京オートサロン2018】FUJITSUBOは、シビック タイプR用エキゾーストを早くもラインナッ...

老舗マフラーメーカーのFUJITSUBOのブースでは、2台のデモカーと、新製品のチューニングカー用エグゾーストシステムが展示されていました。

  
3578

小沢コージのものくろメッセ その32 オタク化するスバルと本格化するトヨタ

今、自動車メーカー、それも日本メーカーの動きというか体質変化が面白い。ひと昔前とはかなり違ってるし、逆の方向を行ってるように見えるメーカーもある。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.168 2016年11月号]

  
133

【東京オートサロン2018】MTのドライブをより楽しくするエクセディの強化クラッチ

強化クラッチといえば、ハイパワーコンプリートカーの定番アイテムですが、エクセディの強化クラッチはノーマル状態でも装着したい逸品です。東京オートサロン2018のエクセディブースの模様をご紹介します。

  
3185

MTオイルを換える

免許を取得してクルマに乗り始めた頃、当然ながらすべての操作がおぼつかなかった。ギアチェンジはギクシャク、クラッチ操作は乱暴。すべてが連携して動くベテランドライバーの動きとは違い、リズムに乗り切れていないことが誰の目にも明らかだった。するとクルマに詳しい先輩からこう言われたのだ。t...

  
1845

エアフローセンサーの特性を『トルク重視』にお手軽カスタム?シエクルから発売、レスポンスブレードとは?

ご存じの方も多いと思いますが、エンジンが電子制御されている現代のほとんどのクルマには、エンジンの吸入空気量を計測するためのエアフロセンサーという計測装置が付いています。計測の方法はメーカーや、エンジンによっても異なりますが、ざっと説明すると、そこを通る(センサーを通過した)空気の...

  
6615

街中で乗るスポーツカーのメリットとは?

一時はエコカーに駆逐されたかに見えたスポーツカーですが、ここ数年復権の兆しが見えます。利便性を捨てても走行性能を重視するスポーツカー、これを街中で乗った場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

  
19951

トヨタ「GR」や日産「NISMO」など…最近、スポーツブランドが増えていませんか?

レースで培ったノウハウを、ふんだんに盛り込んだ車作りを展開しているメーカー純正のスポーツブランドをご存知でしょうか?トヨタが展開する新ブランド「GR」をはじめ、「NISMO」や「STI」など、国内メーカーの走りに特化したブランドを紹介します。

  
8097

BBS鍛造アルミホイールで走行性能は変わるのか?齋藤聡が徹底解説

BBS製鍛造アルミホイールで、はたして走行性能は変わるのか?先日のユーザーアンケートでも、多くのオーナーが走行性能の変化を感じていると答えていらっしゃいました。。CarMe編集部ではその確証を得るため、タイヤに精通するジャーナリスト齋藤聡氏に依頼し、実際にホイールを履き替えて走り...

  
17505

シルビアのようなペタンコ車はもう売れない、は嘘?いまでも人気なわけとは?

「ルーフが低くてペタンコなクルマは売れない」と、各メーカーが一斉に販売をやめてしまった時期があります。しかし、人気のクロスオーバーSUVは、スタイリッシュなラインを形成するルーフを持っています。また中古車では、ロールーフ車が相変わらずの人気ぶりなのです。

  
21625

86/BRZが改良!共同開発でも改良点は大きく異なる?

FRスポーツのトヨタ 86/スバル BRZが、それぞれマイナーチェンジを行いました。コンポーネントの大半を同一とする共同開発モデルですが、今回の改良はそれぞれ内容に違いがあるようなのです。

  
8879

スバルの軽自動車に水平対向エンジンが採用されなかった理由とは?

スバルが軽自動車の生産を終了してから何年も経過しましたが、なぜスバルは軽自動車に水平対向エンジンを搭載しなかったのでしょうか?もし搭載していれば、個性を示して生き残れたかもしれません。この点について考えてみましょう。

  
19867

なぜ水平対向エンジンのタイミングベルト交換は高額になるのか?交換における注意点は?

エンジンのなかでも重要な役割を果たすタイミングベルトは、一般には10万キロが交換時期といわれます。水平対向エンジンも同様のタイミングですが、交換費用が高額といわれます。これはなぜでしょうか?

  
30223

カーメーカーが真似るクオリティ!? Valenti BRZデモカーの詳細をチェック!

スポーツカー受難の時代に颯爽と登場したトヨタ・86/スバル・BRZ。2012年のデビューから5年が経過し、手ごろな中古車が流通するようになって再びチューニング業界が盛り上がりを見せていますね。016年にはマイナーチェンジを実施し、見た目にも手が加えられた同車ですが、これをVale...

  
8316

夏の暑さを吹き飛ばす「SUBARU応援フェア」in CARVAN富山本店

7月8日、9日の週末、富山のタイヤ&ホイールの専門店、CARVAN富山本店で「SUBARU応援フェア」が開催されました。闘うスバルの日と題されたこのイベントには、STI NBRチャレンジ(ニュルブルクリンク24時間レース)でドライバーを務める、山内英輝選手が来場。トークショー&サ...

  
5239
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives