「ステーションワゴン」の検索結果(208件)

記事

やっぱり初代 (NA) が忘れらんねえよ...そんな思いから新車でマツダ 4代目(ND)ロードスター...

2015年3月、Webで商談予約を行った4代目(ND)ロードスターは自身にとって久しぶりの新車だ。購入グレードはSスペシャルパッケージの6MT、それにメーカーオプションのセーフティパッケージと、ディーラーオプションのナビゲーション用SDカードにフロアマット、そしてDSRC車載器と...

  
2370

BMW 5シリーズのモデルチェンジは2023年春頃を予定!?【随時更新】

BMW 5シリーズがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにBMW 5シリーズのモデルチェンジの時期についてお伝えしていきたいと思います。

  
10089

子供ができた...ミニバンなんて買わないと思ったけれど購入した。今は亡き名車、マツダ プレマシー オ...

ボクがプレマシーを買った理由は、単純明快だ。子供ができたからである。「小さい子供がいるファミリーはミニバンに乗る。それが幸せ」という風潮が世間にはあるけれど、ボクは自分自身がミニバンを買う日が来るとは夢にも思っていなかった。なぜなら、背の高い箱型のクルマが好きではないからだ。クル...

  
3031

レヴォーグSITスポーツのメーター【他グレードとの違いを画像で比較】

スバルの人気ステーションワゴン”レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)”から新グレードとしてSTIスポーツ(STI Sport)が2016年7月に発売されましたね。レヴォーグSTIスポーツ(LEVORG STI SPORT)は走りの上質感を求めたスポーティーなモデルと言うこともあり...

  
1685

ボルボ V90限定車「ノルディック エディション」を発売

見た目が一気に引き締まる19インチ専用ホイールを装備しています。

  
826

【荷室アレンジ&床下収納を徹底解説】レヴォーグのラゲッジ画像

スバルから発売されたステーションワゴンレヴォーグがあり変わらず人気ですね。スポーティーな見た目や内装のデザイン、剛性感を感じる乗り心地などもこのクルマの魅力の一つですが、ステーションワゴンならではの荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手の良さもメリットの一つですよね。レヴォーグか...

  
800

【やっぱり少ない?】レヴォーグの収納スペースの大きさと数を徹底チェック

スバルから発売された人気スポーツツアラーのレヴォーグ。広い荷室・ラゲッジスペースを活かした使い勝手の良さや引き締まった足回りと剛性感を感じる乗り心地が好評で相変わらず売れ行きは好調のようです。しかも・・・最近は走りに特化したSTIスポーツを発売して、さらに売れ行きを伸ばしているよ...

  
1138

1991年式アルファロメオ スパイダー シリーズ4との生活…ナビカーズ創刊編集長、河西氏が語る「もう...

編集者である僕が、「もういちどクルマと暮らそう」というキャッチフレーズを掲げた自動車雑誌『NAVI CARS』を創刊したのが2012年のこと。それと同時に僕自身も、若い頃から憧れていたアルファロメオ・スパイダーとの暮らしを始めたのだった。文/写真・河西啓介

  
5994

【試乗して分かった!】スバル レヴォーグの内装の3つの欠点とは?

レガシィツーリングワゴンの後継車種として発売されたスバルの人気ステーションワゴンのレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)。2016年7月には新グレードとして、”STIスポーツ(STI Sport)”を発売してさらに注目度がアップしていますね。剛性感を体感できる走破性や取り回しのしや...

  
16498

本当に広い!?レヴォーグの開口部&荷室サイズを確認してみた

C型に進化したスバルのステーションワゴンのレヴォーグ。シャープで迫力のあるフロントマスクや地面にピタっと吸い付いているような乗り心地の良さが人気の秘訣ですが、”ツーリングワゴン”に相応しい収納力の良さも魅力の一つですよね。スポーティーなデザインのため外装・エクステリアを見ると、荷...

  
10049

プジョー308に1.2Lの新エンジンを採用したモデルを追加

1.2リットルの直列3気筒ターボエンジンを搭載します。

  
1045

シャトルの燃費が判明|フィット3との差は大きい?

ホンダのステーションワゴンのシャトル(Shuttle)がいよいよ2015年5月15日に発売されました。シャトル(Shuttle)は、ホンダから発売されているコンパクトカーフィット(FIT3)がベースになっているクルマ。今までは”フィットシャトル”として発売されていましたが、今回の...

  
32537

ホンダ、シャトルをマイナーチェンジ

内外装デザインを刷新しつつ、機能を充実させています。

  
1239

MINIの楽しさに実用性をプラスするMINI「クロスオーバー」

MINI・クロスオーバーは、MINIの4番目の派生モデルとして誕生し、日本では2011年から発売が開始された。3ドアのコンパクトカーである基本のMINIに対して、MINI・クロスオーバーはSUVであり、MINI初の4ドア、そしてMINI初の4輪駆動モデルを用意していた。ちなみに、...

  
1896

車用日よけ・サンシェードランキングをもとにおすすめ人気商品を紹介!

日差しや紫外線を遮断して車内の劣化を防ぎたいですよね。また、キャンプや車中泊などでも活躍する車用カーテンも気になるところ…。そこで今回は、Amazon売れ筋ランキング(2019年4月22日時点)や楽天ランキング(2019年5月13日時点)上位にランクインしている有能な商品を紹介し...

  
1015

【車の消臭どうしよう…】人気でおすすめな車の消臭剤をチェック!

タバコやエアコンのカビ臭など、車内のニオイにどう対処していますか?最近では、簡単な取り付け方法でスッキリ消臭してくれるアイテムがたくさんあります。今回は、Amazon売れ筋ランキング(2019年4月22日時点)と楽天ランキング(2019年5月9日時点)上位にランクインしている人気...

  
2060

2ドアセダン?4ドアクーペ?どのように見分けるのか代表車種を踏まえてご紹介!

クルマの車体形状を示す言葉はいろいろあります。コンパクトカーや軽自動車に多い荷室と乗員スペースがいっしょになっているカタチは「ハッチバック」と呼ばれますし、そのままラゲッジスペースを大きくすると「ステーションワゴン」と呼ばれることもあります。トランクの付いた乗用車の基本は「4ドア...

  
7482

RX-8、S-MX…1代限りで消えてしまった車たち8車種

トヨタ「クラウン」は現行モデルで15代目、日産・スカイラインは13代目と、何十年も続くブランドネームがある一方、1世代限りでひっそりと消えてしまう車名も少なくないもの。しかし、短命だったからといって必ずしも車のデキが悪かったわけではなく、惜しまれながらブランド終了を迎えた車種も…...

  
51673

今だからこそ復活したら嬉しい!1980年代の車5選

昨年、イタリアのコーチビルダーによってランチア「ストラトス」を現代的にアレンジしたモデルが、発表されたことを覚えているでしょうか。クルマ好きな人の中には、こうして往年の名車のリメイクに夢を見る人もいるでしょう。みなさんだったら、どんなクルマに復活してほしいでしょうか? 回は筆者の...

  
19533

セダン、サルーン、リムジンの違いとは?

同じ3ボックス、4ドア、2列シート車にも関わらず、国やメーカー、車種によって「セダン」や「サルーン」、「リムジン」、などと呼称が変わるのを不思議に思ったことがあるはずだ。呼び方によって定義や違いはあるだろうか。文・塚田勝弘

  
14557
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives