「ステップワゴン」の検索結果(56件)

記事

家族で乗っても車内は広々! 新型ステップワゴンスパーダの内装画像レビュー

ステップワゴンスパーダハイブリッドのインテリアカラーはブラック&シルバーを採用し、シックな見た目や作りになっています。シートの素材に関しては、メインをソフトウィーブで、サイドをプライムスムースという素材で作られています。2017/11/3

  
0

ソファーや自転車も楽々積める!新型ステップワゴンスパーダの荷室画像レビュー

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド、ミニバンだけあって、積載能力もかなりのものです。シートアレンジの仕方も自在で、シートアレンジ次第では、自転車もソファーも積むことが出来ます。2017/11/6

  
0

座席の収納も豊富!新型ステップワゴンスパーダの収納画像レビュー

ステップワゴンスパーダハイブリッドには、収納箇所もかなり充実しています。運転席周りだけでも、サングラスポケットや、コンビニフック、インパネアッパーボックス(センター、運転席側)、インパネトレイ(助手席側)、グローブボックス、ドアポケット、ドリンクホルダー、センターテーブル、センタ...

  
0

ハイブリッドなのに、力強い加速力!新型ステップワゴンスパーダ試乗レビュー

ステップワゴンスパーダハイブリッド、ハイブリッドを前面に出した単なるエコモデルと思っていましたが、運転してみて驚きました。2017/11/7

  
0

新型ステップワゴンスパーダのハイブリッド車とガソリン車、維持費が安いのはどっち?

ハイブリッドモデルと、ガソリンモデル、同じグレード同士で金額を比較した場合、どれだけ差があるのでしょうか?ステップワゴンスパーダハイブリッドと、同じくステップワゴンスパーダのガソリンモデルで乗り出し価格を比較してみました。2017/11/8

  
0

国産車で3列シートが用意されている車種20

今やファミリーカーの定番となっている3列シート車。普段は2列目までしか使わなくても、お友達やおじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるときに3列目メートがあるのは便利なもの。では、2019年3月現在、日本にはどんな3列シート車がラインナップされているのでしょうか?国産3列シート車を...

  
33

ジムニーやランクルも!? 消防車のベースになった意外な車4選

日本の消防車といえば、トップシェアを誇るモリタで決まりだろう。特殊車両の代表例といえる消防車は、ベースがあるとはいえ、日本では細かな用途に応じて仕上げられた専用車両になっているのが大半であるはず。しかし、世界には意外なクルマも消防車に仕立てられている。文・塚田勝弘

  
6330

「ボディがデカい」「運転しにくい」…ミニバンへの大きな誤解

ファミリーカーの定番として、大小さまざまな車種が販売されているミニバン。一見すると大柄に見えることから、「運転しにくそう」と敬遠している人もいるのでは? しかし、実際に乗ってみると意外に運転しやすいことがわかります。今回は、そんな“ミニバンへの誤解”を解いていきましょう。文・木谷...

  
4207

ミニバンで燃費がいい車はどれ?トップ10

日本市場で高い人気を誇るミニバン。広い室内空間を武器に、3列シート車などを中心に余裕のある乗車定員や、多くの荷物が積載可能で、スライドドアを装備するなど高い実用性が人気の理由です。そんなミニバンを選ぶ際に、燃費を重要視するユーザーも多くいます。そこで2019年1月現在のミニバン低...

  
24300

Hondaブース、ヴェゼルやS660などのModulo X最新モデルが勢揃い!東京オートサロン201...

東京オートサロンのHondaブースは、ホンダアクセスが手がけるスポーティーモデルが数多く展示されていた。文/写・栗原祥光

  
2266

狭い駐車場でも安心!運転席もしくは助手席がスライドドアのクルマたち

ミニバンの定義は、3列シート(2列シート車でもミニバンを謳うモデルもある)の多人数乗車が可能なことだろう。さらに、人気なのが2列目ドアをスライドとしたスライドドア車だ。ホンダ ステップワゴンはかつて、乗降時の安全性(左側通行の日本を鑑みて)から助手席側のみスライドドアとした歴史も...

  
12099

ミニバン史上もっとも乗り心地が良い車!? ステップワゴン モデューロXに試乗してみた

家族や友達と快適に移動したい、そんな貴方におすすめの1台が12月20日に販売開始された。ホンダのミニバン、ステップワゴン モデューロXのマイナーチェンジモデルだ。ハイブリッド車も追加され、より魅力を増したこのモデルを今回紹介しよう。文/写真・栗原祥光

  
6330

アウトドアユーザー必見!車中泊に便利なポップアップルーフ車5選

ルーフ部分が持ち上がりテント形状の空間を作り出すことができる「ポップアップルーフ」。テント部分を折り畳めば、立体駐車場なども駐車可能で、いざという時に車内空間を大幅に増やすことができる、キャンプや車中泊を楽しむユーザーに人気のカスタムとなっています。しかしなかには最初からポップア...

  
8557

ハイパフォーマンスカーを開発するサブブランドたち 〜国産車編〜

サブブランドをスポーツカー部門とする例は、メルセデス・ベンツのAMG、BMWのM社、アウディのアウディスポーツなど、ドイツ勢が先行していたイメージだが、ここ数年、国産メーカーもライン生産のサブブランドとすることで、注力している。文・塚田勝弘

  
15039

狙いは上質な大人セダン!? 日本で復活した新型インサイトはどんなハイブリッド車に?

メイン市場の北米も日本もセダンのプレゼンスが低下している中、セダンの品揃えを充実させているホンダ。2018年12月13日(発売は14日)、3代目となるインサイトが日本で「復活」した。一体、どんなハイブリッド車に仕上がっているのだろうか。文・塚田勝弘

  
13625

市街地で差が出る!? 運転が難しい車の特徴5つ

特定のクルマについて「運転が難しい」という表現を使うことがある。多くのケースでは、シビアな運転特性でスポーツ走行させるにはスキルが必要という意味合いで使われているという印象もあるが、本当に気にすべき「運転の難しさ」は違うところにあるのではないだろうか。ここでは、市街地走行で感じる...

  
45249

新型デリカD:5は王者アルファード/ヴェルファイアの牙城を崩せるか!?

いまやメッキグリルを前面に押し出した迫力あるフロントマスクがミニバンの定番になっていて、SUVや軽自動車などほかのジャンルにも波及している。高速道路で後方から迫ってくると、思わず道を譲りたくなるこうした顔つきになった三菱自動車の新型デリカD:5。ど迫力フェイスと言えば、現在のミニ...

  
9685

新型デリカD:5、全面改良ではなくビッグマイナーチェンジの理由と魅力とは?

2007年1月に発売された三菱自動車のデリカD:5がビッグマイナーチェンジを受け、2018年11月21日から予約受注を開始した。発売は2018年度内(年内という表現をしていないことから2019年1月〜3月というのが想像できる)としていて、実質的には約12年ぶりの大幅改良といえる。...

  
35879

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
1523

約2年ぶりの復活!ホンダCR-V、1.5Lターボでも走りに不足はない?

2016年8月に販売を終えた先代のホンダCR-V。その後は、SUVブームにも関わらず、よりコンパクトなヴェゼルのみで奮闘する形になっていた。約2年ぶりの復活となった新型CR-Vは、初代から数えること5代目。新型SUBARUフォレスターやマイナーチェンジを受けたばかりのマツダCX-...

  
2584
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives