「ステアリング」の検索結果(369件)

記事

VW、I.D.ファミリーに新しく高級EV”VIZZION”を追加!どんなモデルに?

2018年2月19日、VWは3月のジュネーブモーターショーで、I.D.シリーズの第4弾となる新型EVを世界初披露すると発表しました。その名は”I.D.VIZZION(アイ・ディー・ヴィジョン)”。どのような車なのでしょうか?

  
1222

日本最後のFRコンパクトハッチバック。トヨタ スターレットってどんな車?

現在、トヨタのコンパクトハッチバックといえばヴィッツですが、欧州(ヤリス)ではWRCにも参戦するなどスポーツ色も備えたモデルとなっています。そのヴィッツの前任が、スターレット。現在では考えづらい、FRのコンパクトハッチでした。

  
11608

ホンダ ヴェゼル、マイナーチェンジでどう変わった?

2018年2月15日、ホンダはヴェゼルのマイナーチェンジモデルを発表、同月16日より発表となりました。2013年の発売以来大ヒットを記録したモデルだけに、どのような変更が施されたのか気になりますね。

  
8760

ランドクルーザーとジムニー、似て非なる2台の本格4WD

日本を代表するクロスカントリー4WDと言えば、ランドクルーザーとジムニーです。2台には共通点がありますが、同時にまったく異なるキャラクターを持っています。今回は、この2台の魅力に迫ります。

  
19745

「ヘイ! メルセデス」AI内臓した新型Aクラスはどんな車に?

メルセデス・ベンツのエントリーモデル Aクラスの次期型が、オランダ(アムステルダム)で発表されました。4代目となる新型Aクラスは、どんなモデルになるのでしょうか?

  
2310

後編・自動車ルポライターフナタンがネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4seasonで雪深い...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
4089

前編・ネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4Season を自動車ルポライターフナタンが体当...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
4768

重量2.5トン超えの巨大ボディで操作性が高いトヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー(200系)は、全長約5m×全幅約2m、重量2.5トン超の巨大なボディですが、意外に取り回しは良く操作もしやすい車です。また収納スペースの使いやすさと広さ、シートアレンジの操作性もよく考えられた車でもあります。そんな200系ランドクルーザーについて紹介しま...

  
4665

4WD車はいつも4輪が駆動しているわけではない?

降雪があるこの季節、ドライブで心強いのが4WD、いわゆる4輪駆動です。4つのタイヤにエンジンの力が伝わることで、優れた走破性を発揮するのですが、実はいつも4輪が駆動している車種ばかりではないのはご存じですか?

  
22913

レクサスのフラッグシップ クロスオーバー『LF-1 Limitless』ってどんな車?

レクサスの最上級クロスオーバーSUVが、デトロイトモーターショー2018にて世界初公開されました。レクサスでは単なるSUVのいちモデルというわけでなく、未来を担う重要なモデルとしています。LF-1 Limitless(リミットレス)とは、どんな車なのでしょうか?

  
6337

テスラモーターズ モデルX…自動運転など本気で使いやすい装備満点だった!

新型スポーツEV「ロードスター」やEVトラックの発表など、何かとトピックスの多いテスラモターズ。そのラインナップのコアになっているのが、モデルXです。今回はモデルXの魅力のファクターである、驚くべき装備にスポットを当ててみました。文・山崎友貴

  
4653

昔は車は前から乗っていた!? BMW イセッタとはどんな車?

自動車は、サイドの前後にドア、後方もしくは前方にトランクがあるというのが常識ですよね。しかし長い歴史のなかには、正面がドアパネルになっており、乗車していた車がありました。今回は、そんなちょっと変わった車をご紹介します。

  
3090

【諸星陽一の百”車”繚乱】ボルボ XC60 “金は出しても口は出さない”親会社のおかげで、クルマの質...

スウェーデンの自動車メーカーであるボルボは、21世紀直前にフォード傘下に入った。その後、2010年にフォードはボルボの株を中国の吉利グループに売却したため、現在ボルボは中国自動車メーカー傘下ということになる。こう書くと中国メーカーのようなイメージが湧くかもしれないが、吉利はクルマ...

  
5209

【世界自動車業界見聞録】e-Golfは普通のクルマ、だからT型フォードになれるのだ

e-Golfのステアリングをはじめて握ったのは、2014年3月のベルリンでのことであった。VWが主催したメディア関係者向けの試乗会に運良く参加することができたからだ。

  
3758

D型ハンドルはなぜスポーツカーに多く採用されているのか?

F1などフォーミュラカーで採用されたことに始まり、現在ではスポーティな車種やスポーツグレードにも採用されているD型ハンドル。なんとなくスポーティなイメージがあるD型ハンドルですが、どんなメリットがあるのでしょうか?

  
17045

ハンドルが重い車と軽い車。それぞれのメリット・デメリットは?

パワーステアリングの進化によって一概には言えなくなりましたが、ハンドルの重い・軽いは、車両重量、エンジン重量、駆動方式、タイヤの太さ、サスペンションセッティング、車の用途などで決まっていました。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

  
12322

【高山正寛のテレマティクス Now!】e-Golfのインフォテイメントは完璧に近い、「ある一点」を除...

10月19日に発売を開始したフォルクスワーゲンのe-Golf。CHAdeMOへの対応、カタログ上の航続距離301kmと話題性も充分だが、その中でも筆者はインフォテイメント領域についてフォーカスしてみた。

  
5917

【諸星陽一の百“車”繚乱】VW e-Golfは、間違いなくGolfだった

e-Golfは間違いなくGolf(ゴルフ)であった。クルマの心臓はエンジンであると言われる。一般的にクルマの性能を語るとき、何リットルのクルマであるか?で語られるのが一般的。にも関わらず、Golf(ゴルフ)は心臓をまったく違うものに入れ替えても、どこをどう見ても、Golf(ゴルフ...

  
4932

愛車を元気に走らせたい!定期的にチェックすべき液体とは?

現代のクルマは非常に高性能で、朝起きたらエンジンがかからない!なんてことは、そうそうありません。過去のクルマたちから得たノウハウ、言い換えれば長きにわたる実証実験の成果が、現在のクルマに詰まっているといえるでしょう。だからといってメンテナンスフリー、なんてクルマはこの世に存在しま...

  
6601

最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

車の価格もピンキリで、新車でも軽自動車になれば安いものは70万円程度で購入できるモデルもあります。その一方で、高級車となると国産メーカーでも1,000万円超。国内メーカーで、もっとも高額なプラスタグが付いた市販乗用車は、いくらなのでしょうか?今回は、いま新車で購入できる高額な日本...

  
14380
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives