「ステアリング」の検索結果(209件)

記事

歴代アウトランダー…あなたはどれが好み?!

三菱 アウトランダーは、2017年現在販売されている現行モデルが2代目となります。こちらでは、先行車となる2005年に発売された三菱エアトレックを含む歴代3モデルについてご紹介しましょう。

  
0

三菱ユーザーの特典!? 10年10万km保証とは?

日本で販売される自動車は、国産輸入車問わず、必ず新車保証がついています。国産車の場合、ほとんどのメーカーが、3年または6万kmの一般保証と、5年または10万kmの特別保証を掲げていますが、そのなかで、三菱自動車だけは特別保証を10年10万kmとしています。その理由とは何でしょうか...

  
2826

なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

シフトレバーには、フロア、コラム、パドルなど、いろいろあります。フロアシフトの中でもゲート式か?ストレート式か?さらには、最近ではダイヤル式やボタン式も増えています。どれが一番使いやすいのでしょうか?

  
33398

今、シビック タイプRに国産車のライバルはいない!?市場独占か!?

タイプRも含めて、2017年の夏に6年半ぶりに日本での販売が復活するホンダ シビック。現行のシビック タイプRは、2015年12月に限定750台で予約発売が開始され、完売となりました。国産車FFでは向かうところ敵なし!の速さを誇るシビック タイプRのライバルはいるのでしょうか?

  
13455

ボルボが世界一安全な車と称される理由

ボルボ車のイメージは?と聞かれたら、すぐに「安全」の二文字が思い浮かぶ人も少なくないでしょう。1927年に市販車第一号を発売してから90年。ボルボ社は一貫して「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念のもと、安全装備の開発、事故調査の実施と設計へのフィードバックを...

  
5415

ツライチやインチアップをすることで速くなるのか?

足回りのドレスアップカスタムの定番ともいえるのが、インチアップやツライチ加工。これは見栄えに直結しますので、そうした方向性を求める方には満足度の高いカスタムメニューです。では、実際の走行性能にはどんな影響があるのでしょうか?

  
8106

プジョー2008、3008、5008の違いとは?

2008や3008など、車名にゼロを2つを並べたプジョーは、”従来のカテゴリーにとらわれない新たなコンセプトを持った車”を意味します。現在日本で販売されている2008、間もなく新型発売予定の3008と5008…この3台にはどんな違いがあるのでしょうか?

  
4711

輸入車と国産車でウインカーレバーが統一される日は来るのか?

右ハンドルの輸入車を運転するとき、ウインカーを出そうとしてワイパーを動かしてしまう、そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。せめて右ハンドルであるならば、ウインカーレバーを右側に統一してほしいのですが、なぜそうならないのでしょうか…。

  
12835

ニュー3008、これが新世代のコックピットだ。

2016年のパリモーターショーでワールドプレミアを果たした新型プジョー3008。先進のSUVとして独創性にあふれたエクステリアデザインとともに話題になっているのは、未来感たっぷりのダッシュボードデザイン「i-Cockpit」です。これまでのコクピットの概念を打ち破る、ハイテクを集...

  
14430

いまや誰でもドリフトができる時代に!?BMWが描く未来とは

近年、急速に進化が進む「運転支援システム」。日産をはじめとしたメーカーが市販車に部分的に導入するほどの熟成が進んでいますね。さて、数年前にBMWが行った自動運転の興味深いテストがあるのです。

  
6442

輸入ミニバンにあって、国産ミニバンにない装備とは?

実用性や快適性が重視されるミニバンですが、海外に目を向けると日本ではあまり見られない装備を持つミニバンが多くあります。今回は輸入ミニバンにはあって、国産ミニバンにはない装備をご紹介します。

  
16932

Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

ボクが普通自動車の免許を取得したのは約30年前。免許に記された12月20日という日付を見ると、クリスマスのドライブデートのために、足繁く教習所に通ったことを思い出す。そんな初心者時代、北関東にある実家のガレージには、7〜8年落ちの日産サニートラックとBMW 528eがあった。

  
1146

「ハイパーマックスG」に変えたら、ロングドライブが楽しくなった。

すべて自社で生産されているHKSのサスペンションキット。その利点を存分に活かして製作された最新モデルが「ハイパーマックスG」シリーズです。上質であることにこだわって、設計された「ハイパーマックスG」は、車高ダウンによるネガをすべて排除したといっても過言ではない、素直なハンドリング...

  
8296

クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

日本における高級車の歴史は、クラウンとともに歩んできたといっても過言ではありません。「いつかはクラウン」という言葉通り、60年以上にわたって日本人のための高級車として、車を所有する多くの人々の憧れの車であり続けています。クラウンのフロントグリルにはCROWN(王冠)を意味する王冠...

  
2769

ついに登場!ビジネスアスリートたちへ送るニューBMW5シリーズ

BMWジャパンは2017年1月12日にニューBMW5シリーズを日本で発表しました。ミドルクラスセダンの5シリーズは実に7年ぶりとなるフルモデルチェンジで、ボディの軽量化や燃費、ドライバー支援システムがポイントです。

  
1319

安全面はピカイチ!新型メルセデスEクラスの最先端技術とは?

日本では2016年7月にモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツEクラスですが、その先進技術を使った運転支援システムなど、安全面での装備充実が目立つと話題です。一方、ライバルであるBMW5シリーズ、アウディA6もモデルチェンジのタイミングで追撃してくるのは明らかです。Eクラスの安...

  
3549

【東京オートサロン 2017】拘りのステアリング、レーシングギアを提供しつづけるMOMO

MOMOといえば「MOMOステ」と浮かぶほど、ステアリングのイメージが強いMOMO。しかしホイールやシフトノブ、また様々なレーシングギアを提供しているブランドでもあるのです。

  
1705

文具とのコラボが、JIMNY乗りたちに新しい世界を提案する。-APIO社長インタビュー Part2-

日本でもっともジムニーを販売しているAPIOの河野社長は、かなりの趣味人でもある。そんな河野社長の、おすすめのアイテムが「トラベラーズノート」。ご自身でも活用し、現在は納車記念にプレゼントされているという。インタビュー後編となる今回は、そんなトラベラーズノートの話から。インタビュ...

  
13719

まだ若い僕が、「マークX」を選んだワケ

来年で30歳になる。まだまだ若いつもりだけど、なんだか30歳となると、「一線」を超えてしまうような気もする。そんな僕の愛車はトヨタ マークX。おそらく「FRスポーツセダン」というワードが響いたのだろう。

  
12231

そもそもスポーツセダンとは何か?脱オジサン車?

2ドアのスポーツカーに乗りたいけど、家族の目が冷たいから乗れない…そんな人はスポーツセダンをチョイスするのでしょう。ところで、スポーツセダンとはどういった車なのでしょうか?

  
8944