「スタートダッシュ」の検索結果(15件)

記事

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー12月17日〜12月23日

1週間が始まります。来週からは年末のイベントが目白押しです。今週からすでに忙しいという人も多いでしょう。世の中のテンションが高いときは、運気の波が大きく、運勢が動きやすいときです。星からのメッセージを見逃さず、運のいい男になりましょう。★占い師・芦田イングリット監修★

  
3515

レーシングカーのようなスタートダッシュに!ローンチコントロールを搭載した車4選

最近のハイパワースポーツカーに搭載されている「ローンチコントロール」。もともとはモータースポーツ車両に搭載されていた技術で、スタート時に使用します。このシステムはどんな装置なのでしょうか。搭載車種を使用方法と合わせて紹介していきます。文・立花義人

  
22137

第36回 輸入車試乗会2016 女性ジャーナリストの選んだクルマは?

毎年2月の初めに、JAIA(日本自動車輸入組合)が主宰するメディア向けの輸入車試乗会が開催されます。インポーター各社の取り扱う最新モデルが一堂に揃うため、”輸入車一気乗り”試乗会とも呼ばれています。[aheadアーカイブス vol.160 2016年3月号]

  
3911

HKSが展望する次の時代

ボクがまだ自動車雑誌の編集者として駆け出しの頃だった。HKS製のターボチャージャーを装着したスターレットに乗り、当時の国産スポーツカーの華、スカイラインやセリカ、サバンナをスタートダッシュであっさりと置き去りにした。遡ること30年以上前の話である。text:桂伸一 [aheadア...

  
380

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 vol.54 無線で言ってはいけないこと

F1マシンはいくつものセンサーを搭載し、各種コンポーネントが正常な状態かどうかモニターしている。タイヤの空気圧しかり、ブレーキディスクの温度しかり、ギヤボックスの油圧しかりだ。ハイブリッドシステムを構成する各種コンポーネントの温度も精密に監視している。text:世良耕太 [ahe...

  
846

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供...

  
3527

昔、よく見かけたエンジンの空ぶかし…どんな効果があったのか?

エンジンの空ぶかし。いまでもたまに、スポーツカーが信号待ちで行っているのを見かけます。スポーツカーのようなエンジン音にもこだわっている車であれば、なんとなく空ぶかしもさまになるような気もしますが、それ行ったらからといって、なにか効果があるのでしょうか?それとも、レーシングカーの空...

  
27013

期待を裏切らないポルシェ911の完成度

環境問題に対処するため、ヨーロッパのメーカーは、こぞってエンジンのダウンサイズを進めています。スポーツカーメーカーであるポルシェも、その例にもれず、フラッグシップの911カレラでは、ダウンサイジングターボをリアに搭載しました。911には、1970年代からターボエンジンを積んだ91...

  
9146

S660のエンジンで420km/hオーバーを実現!?

クルマを速く走らせる、というのは複合的な要素が重要。そのひとつが馬力といえるでしょう。ことさら、直線で最高速を出すというようなシチュエーションに於いて、極めて重要な要素といえるのではないでしょうか?

  
38761

新型CX-5、予約受注台数9,000台超え!好調な理由とは?

デビューしたばかりの新型マツダCX-5の受注が好調です。メーカーの月間販売目標2,400台に対して、発売前に9,000台以上もの予約受注が入っているそうです。その理由とは何でしょうか?

  
30791

やはり別格!ランエボのスタートダッシュ、周りを難なく置き去りに?!

クルマ漫画のバイブル、頭文字Dにて"公道最強"というキャッチフレーズを掲げて読者を興奮させてくれたランエボ。それは決して漫画だけの話ではなかったのです。それを証明するかのような動画を発見しました。

  
17479

10年以上前の日本車vs韓国最高スペック車…結果から見る日本車のクオリティは?

14年前の2002年に生産終了したトヨタ スープラと、その6年後の2008年にデビューしたヒュンダイ ジェネシスクーペのゼロヨン対決。軍配はスープラに上がりましたが、その結果から来る想いはちょっと複雑です。

  
116931

欧州ではMTが当たり前、なぜ日本ではATが主流になってしまったのか?

日本やアメリカではATが主流だけど、ヨーロッパではずっとMTが主流、とは昔からよく言われる話です。果たして現在でもそうなのでしょうか?そして同じようなクラスのクルマが走っている日本では、なぜATが主流になったのでしょうか?

  
143626

日産 GT-RとアウディRS6の高性能4WD対決!どちらが速い?

日産GT-R、日本の誇るスーパースポーツカーの1つに数えられる車...ノーマルのスペックの高さから、国内•海外問わずファンが沢山居る事でも知られる車です。今回はそんな日産GT-Rとスペックが近い市販車、4WD(フルタイム4WD)市販車を世の中に真っ先に出した4WDのパイオニア、ア...

  
51524

楽チン?スポーティ?ポルシェのセミAT、PDKの魅力とは?

エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドや電気自動車など、技術はめまぐるしい勢いで進歩しています。もちろん今回紹介するミッションもそうです。ポルシェの現行ラインナップのほぼすべてのモデルで、選択可能なセミAT、PDK(ポルシェ・ドッペル・クップルング)は、本格的なデュアルクラ...

  
105436
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives