「スカイライン」の検索結果(148件)

記事

【東京オートサロン 2017】e-Powerに賭ける日産の意気込み

ノートe-Powerが好調の日産。東京オートサロンにはNISMO仕様を持ち込み、多くの来場者の注目を集めています。

  
9248

【東京オートサロン 2017】挑戦を続けるブレーキメーカー「DIXCEL」

高性能なブレーキパーツをリリースしている「DIXCEL」。そして更なる新技術を提示すべく、挑戦を続けているブランドでもあるのです。

  
4336

トレンディな斎藤さん ドライブデートするならどの車?

車に興味を持ち始めて早一年。私、25歳OLは漫画や映画が大好きで仕事とプライベートを両立しながら充実した日々を送っている。今回は、トヨタからレクサス、といった高級ブランド路線を生み出す日本車メーカーに注目し、インフィニティのエンブレムをもつ日産の「スカイライン」でデートするなら誰...

  
548

そもそもスポーツセダンとは何か?脱オジサン車?

2ドアのスポーツカーに乗りたいけど、家族の目が冷たいから乗れない…そんな人はスポーツセダンをチョイスするのでしょう。ところで、スポーツセダンとはどういった車なのでしょうか?

  
7556

オイル交換、一番しづらいクルマはR32スカイライン?!

車によってオイル交換のしやすい、やりづらいはありますが、日本が世界に誇るスポーツカーR32スカイラインはその筆頭かもしれません。今回ご紹介する動画に出てくるR32は足回りのカスタムをしていますが、通常の車のオイル交換にはない工程に着目してみたいと思います。

  
14817

2018年発売予定?!発売を待ち焦がれる車トップ5

2017年も多くの新型車が登場する見込みですが、その翌年となる2018年にも発売が待たれている車種が多くあります。今回はその中でも特に期待の高まる5台をご紹介します。(掲載画像は全て現行モデルとなります)

  
17956

米国10ベスト・エンジンに日本のエンジンが3台ランクイン!

10ベスト・エンジンはアメリカの自動車産業雑誌Ward’s Auto World magazineが1994年から初めた、その年の優れたエンジンを選出するものです。条件はアメリカで市販されている車かつ6万2,000ドル以下(750万円以下)の車で、高額なスポーツカーなどは除外され...

  
18981

やはり美しい!48年のケンメリをレストア

48年のケンメリがレストアされ綺麗によみがえった動画を発見。ケンメリのファンな方は特に必見です!

  
10184

SEMAで一番人気な日本車!世界に誇る名車、日産 GT-Rのカスタム5選

2016年SEMAショーにもたくさんの日本車カスタムカーが出展されました。中でも一番台数が多かった車はやはり、日本が世界に誇る名車、日産 GT-Rです。その中から選りすぐりのカスタムGT-Rをご紹介しましょう!

  
9724

HKSテクニカルファクトリーで聞いた「ハイパーマックスG」の魅力

サスペンションやマフラー、ターボチャージャーなど、多彩なチューニングパーツをラインナップする[HKS]。そのアンテナショップが、埼玉県戸田市の「HKSテクニカルファクトリー」です。2003年のオープン以来、ユーザーにもっとも近い場所からチューニングを見つめてきた「HKSテクニカル...

  
6376

昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?

80年代から2000年代初頭あたりまでは所謂「走り屋」という人々を見かける事ができました。そこから着想を得たのが「頭文字D」であるのは言うまでもないわけですが、2016年現在、そのような峠でのドリフトや街道レーサーまがいの事を行う人種は減っています。これはなぜでしょうか。

  
20611

R34 GT-Rが1296万円?!今後、スカイラインGT-Rの「資産価値」がどんどん上がっていく?

GT-Rと言えば日産 R35 GT-Rの新車価格が改良やマイナーチェンジのたびに上がっていますが、その一方でR32~R34のスカイラインGT-Rの中古車価格もなかなかのもの。特にR34はR35の新車価格を超えたスーパーカー価格に?!一体何が起きているのでしょう?

  
54718

エボIIIやR33など…今後値上がりが予想される車4選

中古車が値上がりする理由と言えば「人気の限定生産車」「需要があるのに後継車が無い」「モデルチェンジした新型が失敗作」などさまざまな理由があるでしょうが、今後値上がりの予想されるクルマをいくつかピックアップしてみましょう。

  
11831

その歴史の全貌に迫る~レースユースから発展したWORK「MEISTER(マイスター)」

カスタムカーやチューニングカーユーザーなら、その名を聞いたことが無い人はいないというWORK(ワーク)。常にトレンドリーダーとして革新的、先進的な製品を提供してきたWORK(株式会社ワーク)のロングセラーホイール、「MEISTER(マイスター)」の歴史を、WORKの歴史とともに振...

  
9868

ワイスピはなぜ日本車にこだわるのか?

大人気映画シリーズの「ワイルドスピード」。その見どころは何とっても危険極まりない車ならではのアクションや、登場車種だったりとカーマニアにはたまらない作品となっています。そして気が付けば「スカイミッション」に続く第8作の公開が予定されています。さて、このワイルドスピードシリーズ、ア...

  
24933

かつてのGT-Rのターボ時代と今のMに搭載ターボは何が違うの?

スポーツモデルのパワーユニットとして、今や世界的にも珍しい直6エンジン。完全バランスが取れたスムーズで澱みのない回転フィールは直6ならではのもので、Mシリーズにも搭載され、多くのファンを魅了しています。中でもM3/M4クーペに搭載される3LのS55B30A型は、M社の技術力が惜し...

  
12415

古い車を愛でよう!マツダ、レストアサービスを開始!

かつてロータス・エランが築いたライトウェイト・オープンスポーツに再び光を当て、世界中の自動車メーカーに大きな影響を与えた名車、マツダ ロードスター。その初代モデル、NAロードスターのレストアサービスをマツダ自身が始めたと話題になっています。

  
4712

日産が発表した可変圧縮比エンジンって、何がすごいの?

自動車用の次世代パワーユニットというのは何もEVやFCVに限らないわけで、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンでもまだまだ「次世代」は作れます。日産が2016年8月15日に発表した世界初の量産可変圧縮比エンジン「VC-T」もその1つです。

  
15416

GT-Rに続いてシルビアも復活する?!2020年に向けて日産が準備中か?

日産がシルビアを復活させる!と信じたい人はまだまだいるようで、メルセデス・ベンツとの提携を活かしてエンジンを持ってくるという話も飛び出してはいます。トヨタが86で開拓した市場に乗っかりたい意図はあるかもしれませんが、実際可能なのでしょうか?

  
17010

初代NSX VS 現行スポーツカー…過去の名車はどれほどすごかったのか?

新型NSXがついに日本でも購入受付を開始しましたが、初代NSXもこれでようやく肩の荷が下りた感じでしょうか。ここで初代NSXが現在のスポーツカーと比較して、どのような性能を持っていたのか比較してみたいと思います。

  
17174