「ジャパン」の検索結果(201件)

記事

手に入る「ミライ」

トヨタとホンダから水素で発電して走る燃料電池車(FCV)が発表された。市販化はトヨタの「ミライ」が先行するが、ホンダも来年早々には市販化の予定だ。両者は2000年頃からFCVにこだわり、日本では水素関連のサプライヤーを牽引してきた。text:清水和夫 [aheadアーカイブス v...

  
228

SPECIAL ISSUE GLOBAL

これまで世界的な規模のことをインターナショナルと呼んでいたが、最近ではグローバルという言葉の方が多く聞かれるようになってきた。インターナショナルは、国と国の結び付きやその国の特色に合わせた展開を慮っているのに対して、グローバルは、世界全体をひとつとして考えるときによく使われている...

  
545

オンナにとってクルマとは Vol.48 自動車保険に望むこと

女性のパワーでクルマ社会を元気にしようという活動、「ピンク・ホイール・プロジェクト」に参加してくれている女性ジャーナリストたちと、自動車保険を扱う損保ジャパンで立ち上がった女性プロジェクトのメンバーで、座談会を行った。text : まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol....

  
125

ジャパンキャンピングショー2018で見つけた軽キャンパー3選

ここ数年、常に熱い視線が集まっているカテゴリーが「軽キャンパー」です。コンパクトなのに高機能、それでいてリーズナブルな軽自動車ベースのキャンピングカーは、入門用として最適。今回は、ジャパンキャンピングカーショー2018に出展された軽キャンパーの中で、注目のモデルをカテゴリー別にご...

  
22334

ジャパンキャンピングカーショー2018に見るトレンドとは?

今年も華々しく開催中の「ジャパンキャンピングカーショー2018」。会場には軽キャンパーから大型トレーラーまで、多様なキャンピングカーが百花繚乱。このショーからキャンパーのトレンドを探ってみました。

  
30884

さよならビートル…。2019年日本での販売を終了!

2018年1月30日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、2019年度中にThe Beatle(ザ ビートル)の販売を終了することを発表しました。長年のファンへの感謝の気持ちをこめ、現在は“See You The Beetle”キャンペーンの第1弾「The Bea...

  
47630

前編・ネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4Season を自動車ルポライターフナタンが体当...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
7374

日本での公道GPの可能性

公道レースといえば、華やかな街並みのなかを駆け巡るF1モナコGPが思い浮かぶ。アメリカでは古くから市街地で公道レースが行われているし、2014年からは電気自動車のフォーミュラカーによるフォーミュラEが、世界各国の市街地で開催されている。text:世良耕太 [aheadアーカイブス...

  
481

ドゥカティの描く日本地図 〜DUCATI ROUTE OF JAPAN

バイクを作って売るのがバイクメーカーの本分だが、バイクという工業製品が誕生して百余年、それだけやっていればいい時代はとっくに終わっている。バイクをどう使い、どう楽しむのか、どのような方法ならその製品の魅力を十全に味わうことができるのかについての提案も、今や本分のひとつだろう。te...

  
370

新局面を迎えたアンダー400

昨年11月、ミラノショーが開催された会場で日本のメディアは2台のアンダー400に注目した。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.158 2016年1月号]

  
415

どこにある!? 給油口が隠された車5選

現代の自動車の給油口は、一般的にボディサイドの右または左側後方に設置されています。しかし1970年代までは、思わぬところに給油口が隠されていました。現代では考えられないちょっと変わった場所に設置された給油口を持つ車を紹介します。

  
21660

四輪から二輪への逆流 〜45歳のダカールライダー

今年、ダカールラリーの市販車部門において5度目のクラス優勝を成し遂げた三橋 淳。築き上げてきたその実績はドライバーとして抜きん出たものであることはもちろん、世界のラリーレイドで通用する日本のトップドライバーであることを物語っている。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス v...

  
361

アフターマーケットに乗り出した「SHOWA」の本気

二輪ロードレースの最高峰が「WGP」と呼ばれていた頃、そこには〝メイド・イン・ジャパン〟のパーツやアイテムが溢れていた。それは強い日本という当時の世相を反映すると同時に、オートバイというプロダクトが飛躍的に進歩を遂げる礎を築いたと言っても良いだろう。text:河野正士 [ahea...

  
342

【東京オートサロン2018】BRIDEがジーンズメーカーとコラボ!デニム製スポーツシートを出展!

BRIDEブースにて今回、参考出品として初めてお披露目されたのは【BRIDE×Betty Smith】というシートの素材にデニムを使用した新しいスポーツシートです。ブリッドはレーシングシートを中心とした自動車アフターマーケット向けシートの国内最大手メーカーで、創業以来「メイド・イ...

  
4266

【東京オートサロン2018】産声をあげたばかりのタイヤメーカー「ゼスティノ」とは?

ゼスティノは、愛知県西尾市に本社を置く日本のタイヤ&ホイールメーカー東京オートサロンへの出展は、2017年に続いて2回目になります。

  
8226

日本でもバカ売れ!ランボルギーニのワンメイククラブとは?

世界中で史上最高の売れ行きを見せているランボルギーニ。日本でもウラカンを中心に記録的な販売台数となっています。多くの車好きのあこがれであるランボルギーニのオーナーとは、どんな人たちなのでしょうか?

  
5810

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.18 スポンサーの変革

スポンサーカラーをまとった最初のF1は1968年のロータスだった。それまではイギリスのナショナルカラーである深い緑を基調としていたが、ロータス49はシーズン途中で、イギリスのたばこ、「ゴールドリーフ」のパッケージを模した赤/白に金のラインを入れたカラーリングに切り換えた。チームは...

  
472

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
2482

松本 葉の自動車を書く人々 第5回 斎藤浩之

私はこれまでふたりの怪人と出会ったことがある。どちらも仕事を通して知り合った。ひとりはサカモトさん。80年代後半、勤務していた自動車雑誌に寄稿した作家に紹介された。作家はのっけから「怪人を紹介したい」と言い、彼に何か書いてもらうと面白いとこう続けた。text:松本葉 [ahead...

  
807

【東京オートサロン2018】メーカー純正ホイールにも採用されるBBSのブランド力

ホイールメーカー数あれど、メーカーの純正オプションに採用されるのはブランドとしても最大の栄誉といえましょう。そんなメーカーがBBSです。

  
5710
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives