「ジャパン」の検索結果(209件)

記事

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース vol.2 レーシングスーツ

もしレースに出場すると決めて、そのレースのレギュレーションに則ったクルマが準備できたとしても、それですぐにレースができるわけではない。競技ライセンスを取得する費用やサーキットの走行費用などが掛かるのは当然として、それ以外に思わぬところで想像以上にお金が掛かるのがレーシングギアであ...

  
107

抜群のコスパを誇るハイグリップスポーツタイヤ「NEXEN N Fera SUR4G」が5月にデリバリ...

“良い商品を買いやすい価格で“という「スマートチョイス」をモットーにさまざまなタイヤをリリースし続けているネクセンタイヤジャパン。最近注目を集めつつあるオールシーズンタイヤを始め、SUV向けからコンフォート向け、ベーシックタイヤまで幅広いラインナップを誇っていますが、その中で唯一...

  
5309

M900、RSV4の次は“グッツィ・カリフォルニア”

モト・グッツィのVツインエンジンがもたらす鼓動感は、時にその代名詞的な存在であるアメリカ製ビッグツインのフィーリングを大きく凌いできた。そこに自信を持っているからか、すでに40年以上も前から「カリフォルニア」という直接的なネーミングのモデルをラインアップ。大陸をイメージさせるクル...

  
206

子どもの頃に夢見た乗り物。 パワードバイク S1

2007年、デンマークで設立されたエレクトロニクスメーカーがディアベロだ。デンマークと言えば、オランダやドイツと並ぶ自転車大国として知られているが、同社はその電気技術を自転車の分野に転用し、様々な製品をリリース。現在では電動アシスト自転車のブランドとしても、その名を知られている。...

  
225

BBS鍛造ホイールは高い買い物なのか?その真相を探るためにBBSユーザーを本社工場へ招待した

BBS鍛造ホイールのブランドは多くの自動車ファンに認知されていますが、どうしても価格面で敬遠されてしまう面があります。実際に購入した方の中でも、果たして価格なりの効果はあるのであろうか?と不安になる方もいるかもしれません。そこで、BBSジャパンは実際に自社のホイールを日常から使っ...

  
24595

BBSジャパンがSUV向けアルミ鍛造1ピースホイール「RE−X」をリリース!その開発秘話に迫る

プレミアムな鍛造アルミホイールで知られるBBSジャパンが、新たにSUV向けアルミホイール「RE-X」の発売を開始しました。モダンなデザインに秘められた特長や開発秘話に迫ります。

  
17680

F1で通算300勝を達成 NGK スパークプラグ

寒い朝のエンジン始動であろうと、高速道路で長時間運転しようと、標高の高い場所に出かけようと、「エンジンの着火は大丈夫かな」と、気にする人はまずいないだろう。クルマのエンジンはきちんと動いて当たり前の時代だから。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.134 2014...

  
297

トライアンフ モーターサイクルズジャパン 新社長インタビュー

先頃、トライアンフ・ジャパンがトライアンフ・モーターサイクルズ・ジャパンへと名称を変更。同時に、新社長として野田一夫さんの就任が発表された。これによって、今後のトライアンフの展開に新しい風が送り込まれるのは間違いない。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 [aheadアーカイ...

  
310

手に入る「ミライ」

トヨタとホンダから水素で発電して走る燃料電池車(FCV)が発表された。市販化はトヨタの「ミライ」が先行するが、ホンダも来年早々には市販化の予定だ。両者は2000年頃からFCVにこだわり、日本では水素関連のサプライヤーを牽引してきた。text:清水和夫 [aheadアーカイブス v...

  
292

SPECIAL ISSUE GLOBAL

これまで世界的な規模のことをインターナショナルと呼んでいたが、最近ではグローバルという言葉の方が多く聞かれるようになってきた。インターナショナルは、国と国の結び付きやその国の特色に合わせた展開を慮っているのに対して、グローバルは、世界全体をひとつとして考えるときによく使われている...

  
1077

オンナにとってクルマとは Vol.48 自動車保険に望むこと

女性のパワーでクルマ社会を元気にしようという活動、「ピンク・ホイール・プロジェクト」に参加してくれている女性ジャーナリストたちと、自動車保険を扱う損保ジャパンで立ち上がった女性プロジェクトのメンバーで、座談会を行った。text : まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol....

  
161

ジャパンキャンピングショー2018で見つけた軽キャンパー3選

ここ数年、常に熱い視線が集まっているカテゴリーが「軽キャンパー」です。コンパクトなのに高機能、それでいてリーズナブルな軽自動車ベースのキャンピングカーは、入門用として最適。今回は、ジャパンキャンピングカーショー2018に出展された軽キャンパーの中で、注目のモデルをカテゴリー別にご...

  
25030

ジャパンキャンピングカーショー2018に見るトレンドとは?

今年も華々しく開催中の「ジャパンキャンピングカーショー2018」。会場には軽キャンパーから大型トレーラーまで、多様なキャンピングカーが百花繚乱。このショーからキャンパーのトレンドを探ってみました。

  
33155

さよならビートル…。2019年日本での販売を終了!

2018年1月30日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、2019年度中にThe Beatle(ザ ビートル)の販売を終了することを発表しました。長年のファンへの感謝の気持ちをこめ、現在は“See You The Beetle”キャンペーンの第1弾「The Bea...

  
56940

前編・ネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4Season を自動車ルポライターフナタンが体当...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
7869

日本での公道GPの可能性

公道レースといえば、華やかな街並みのなかを駆け巡るF1モナコGPが思い浮かぶ。アメリカでは古くから市街地で公道レースが行われているし、2014年からは電気自動車のフォーミュラカーによるフォーミュラEが、世界各国の市街地で開催されている。text:世良耕太 [aheadアーカイブス...

  
762

ドゥカティの描く日本地図 〜DUCATI ROUTE OF JAPAN

バイクを作って売るのがバイクメーカーの本分だが、バイクという工業製品が誕生して百余年、それだけやっていればいい時代はとっくに終わっている。バイクをどう使い、どう楽しむのか、どのような方法ならその製品の魅力を十全に味わうことができるのかについての提案も、今や本分のひとつだろう。te...

  
427

新局面を迎えたアンダー400

昨年11月、ミラノショーが開催された会場で日本のメディアは2台のアンダー400に注目した。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.158 2016年1月号]

  
471

どこにある!? 給油口が隠された車5選

現代の自動車の給油口は、一般的にボディサイドの右または左側後方に設置されています。しかし1970年代までは、思わぬところに給油口が隠されていました。現代では考えられないちょっと変わった場所に設置された給油口を持つ車を紹介します。

  
22890

四輪から二輪への逆流 〜45歳のダカールライダー

今年、ダカールラリーの市販車部門において5度目のクラス優勝を成し遂げた三橋 淳。築き上げてきたその実績はドライバーとして抜きん出たものであることはもちろん、世界のラリーレイドで通用する日本のトップドライバーであることを物語っている。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス v...

  
438
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives