「シルビア」の検索結果(85件)

記事

頭文字Dで佐藤真子の愛車 日産シルエイティ、どうしてくっつけたの?

しげの秀一原作の大人気マンガ『頭文字D』では、180SXのボディにシルビアのフロントマスクを移植した「シルエイティ」が登場します。漫画のなかだけの改造車かと思いきや、このドレスアップは現実でも流行しました。どうしてこの改造が流行ったのでしょうか?

  
21751

シビックに続け!バブル期の名車ホンダ プレリュードの復活は2019年?

ビートはS660として、NSXは新型で復活、シビックも2017年日本市場に復活と「復活尽くし」なホンダですが、バブル期の名車プレリュードも復活するという噂があるようです。その真偽のほどは?

  
17331

あぁ懐かしい…西部警察に登場した名車たち

カーアクションで有名な日本のドラマといえば『西部警察』でしょう。「太陽にほえろ!」と並ぶ、石原プロの看板作品です。西部警察は日産協力のもと製作されたため、主役級マシンはすべて日産車がベースでした。

  
4995

昭和はプレリュード、シルビア…平成は?国産モテ車の今と昔

いつの時代でも男性にとって”モテ”は、ちょっと気になるワードですよね。バブル時代には、車を持っていることがモテるための必須条件でもありました。しかし現在は、女子ウケの良いクルマもずいぶん変わっています。今回は、昭和の懐かしいモテ車と、今後に役立つ平成のモテ車を紹介します。

  
14721

NSX、スカイラインGT-R、シルビア...90年代は日本車の時代。なぜあれほど盛り上がっていたのか...

90年代といえば、バブルを引き擦りながらまだスポーツカーも元気だった時代。そんな時代に生産されていた国産スポーツカーに、注目が集まっていると言います。その魅力とは、どんなものだったのでしょうか?

  
7722

私の永遠の1台 VOL.19 ユーノス ロードスター

クルマに試乗し、原稿を書き、そして時にはレースをする……。クルマ好きのなれの果てといっていい現在の職業は、まさに夢のような世界だ。時には様々な壁にぶち当たり趣味を仕事にしてしまったことを後悔することもあるが、おおむね目指した方向へと向かっている。ま、まだまだ道半ばではありますが。...

  
1441

2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

アメリカでは、製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります。2017年から2018年かけて輸入解禁になることで、中古市場に影響を及ぼしそうな1992-1993年生まれのモデルを紹介しましょう。

  
38078

スカイライン、シルビア、RX-7…平成12年の排ガス規制で消えたスポーツカーたち

日本はもとより、ヨーロッパやアメリカでも排出ガス規制(テール・パイプ・エミッション)と呼ばれるものが存在し、毎年、なにかしらの規制が追加されています。そのなかでも、新しい世紀を目前に控えた平成12年(2000年)の排ガス規制は、国産スポーツカー史に大きな影響をおよぼしたといっても...

  
17357

ドリフト車両って、どのような基準で選ばれているの?

ドリフトとは直訳すると”流れ漂う”という意味ですが、コーナーなどで後輪を滑らせながら走行することから、車の運転技術用語として用いられます。このドリフトを自分の愛車で行いたい場合、車両を選ぶ基準はあるのでしょうか。今回はドリフト走行をするうえで欠かせない車の要素を紹介します。ちなみ...

  
12881

RX-7やスープラ、古いスポーツカーを購入する際、何をみればハズレを引かないのか?

90年代の国産スポーツカーは、現在世界中で人気です。それだけ魅力あるモデルが多く存在した時代は、環境問題でこうしたモデルを作ることが難しくなった現在においては、憧憬の存在ともいえるでしょう。そうしたモデルを購入する際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

  
18296

ドリフトのやり方って?おすすめな車はシルビアやアルテッツァ?

Driftとは、"漂う、流れる"という意味の英語ですが、『ドリフト走行』は単にオシリを滑らせて走るだけではなく、漂いつつも上手にアクセルやステアリング、ブレーキ、クラッチペダルなどをコントロールしながらのスポーツ走行を意味します。「イニシャルD」の人気もあって、ド...

  
19202

『レプリカ カスタム』は、あり?無し?実際にカスタムする際の注意点

カスタムカーにも種類が数多くありますが、なかでも同型車もしくは他のクルマをベースに、古い名車に仕立て上げる「レプリカ」というものがあります。本物を買うことができない、本物を維持する体力も財力もないといったユーザーには、憧れのクルマを安価で手に入れることができる方法として魅力がある...

  
3643

プレリュードやカリーナEDに採用!4WSのメリット・デメリット

かつて1980年代後半の車好きをアツくさせた「4WS」という操舵システムがあります。乗用車では日本メーカーが始めて採用した4WSのメリットとデメリットはなんでしょうか。

  
9715

あなたの愛車をオープンカー仕様にすることはできる?車検の問題は?

車好きなら一度は憧れるオープンカー。S660やコペン、ロードスターを購入するのもいいですが、どうせなら西部警察の日産 ガゼールのように、ワンオフのオープンカーを手にしたくありませんか?結論から言えば、できます。ただし、公道を運転できるかどうかは別としてですが…。

  
8067

生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

1965年に発売された初代日産 シルビアは、欧州の香り漂う非常に美しいモデルでした。しかし生産台数はわずか554台…。現存している台数も極めて少ない稀少車といえるでしょう。そんな美しい名車について触れてみます。

  
11747

復活が噂されるシルビア、そもそもなぜ販売中止になったの?

日産が東京モーターショー2017に出品すると噂のe-POWERスポーツカーですが、情報が錯綜しているようです。2ドアとも4ドアとも言われ、2ドアはかつての人気車「シルビア」を名乗るとも聞こえてきます。ところで、どうしてシルビアは2002年に生産中止となったのでしょうか。

  
8131

1990年代の日本の名車が勢ぞろい!初代『ワイルド・スピード』の登場車種は?

2017年公開のICE BREAKで8作目まで公開された大人気シリーズ『ワイルド・スピード』。ストーリーもさることながら、登場する車に注目が集まります。今回は、その記念すべき1作目に登場した日本車を振り返ってみましょう。

  
9324

現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

2017年現在、自動車業界は、これまでスポーツイメージで売ってきたメーカーがSUVをリリースするなど、ちょっとしたSUVブームです。過去には、ミニバンブームなんてものもありましたが、車の基本形となるセダンやクーペにもブームはあったのでしょうか?

  
8166

シルビアのようなペタンコ車はもう売れない、は嘘?いまでも人気なわけとは?

「ルーフが低くてペタンコなクルマは売れない」と、各メーカーが一斉に販売をやめてしまった時期があります。しかし、人気のクロスオーバーSUVは、スタイリッシュなラインを形成するルーフを持っています。また中古車では、ロールーフ車が相変わらずの人気ぶりなのです。

  
20463

3人乗りEV、日産ブレードグライダー走行開始!今後市販化はされる?

2013年の東京モーターショーでコンセプトモデルとして発表されたブレードグライダーは、2016年にプロトタイプが公開、そして2017年4月から日本でも、走行がお披露目されました。3人乗りのEVスポーツカーは、どのような車に仕上がっているのでしょうか。

  
2691
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives