「シルバー」の検索結果(100件)

記事

パールホワイトの車が高く売れるって本当!? 買取店に聞いてみた

グローバルに企業活動を行う塗料メーカーのアクサルタ社の報告によると、2017年に世界で人気の高かった外装色はホワイトで、全体の約4割を占めました。そのうちパールホワイトは約3割で、残りはソリッドホワイトになります。しかし、日本ではその傾向が逆転し、ホワイト全体の約8割がパールホワ...

  
0

各メーカーのフロントグリルの特徴は?

BMWのキドニーグリル、ボルボのアタッチメントバーなど、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。さらに最近では、レクサスのスピンドルグリルやアウディのシングルフレームグリルなど、同じコンセプトのグリルを装着するようになっています。今回は、特徴的なグリ...

  
12991

メルセデス シルバーアローの伝説

メルセデス・ベンツの基礎を築いたカール・ベンツは1886年、パテント・モトール・ヴァーゲンを完成させた。これが世界初のガソリン自動車である。その8年後、1894年にフランスで行われた世界初の自動車レースに、最初の量産モデルであるヴェロで出場している。text:世良耕太 [ahea...

  
136

史上最高の曲線美をもつアルミホイール 新生WORK SCHWERTシリーズを新型リーフに装着

WORKが2008年に発表したVARIANZA SCHWERT(ヴァリアンツァ シュヴァート)はコンフォートVIPをラグジュアリーへ進化させるべく誕生し、数多くのファンを魅了しました。SCHWERTの名前の通り西洋剣をデザインモチーフとし、天面にポリッシュ、ベースカラーにブラック...

  
7700

複雑な模様に見えてじつは簡単!?「ラップ塗装」とは?

「自分の愛車は自分でメンテナンス!できる限りは自分でやります!!」がモットーの、YouTuber SUGI NAMU。今回は、エンジンカバーのラップ塗装に挑戦です!ドレスアップした車に多く見られるラップ塗装。いわゆるラップで付けた模様を楽しむペイントで、かなり手の込んだ塗装方法に...

  
1596

BBS LM LM-R 2018リミテッドエディションは過去最多のラインナップ数?

クルマ好きであれば知らない人はいないといっても過言ではないホイールブランドであるBBS。アフターパーツとしてはもちろん、メーカーオプションホイールや新車装着ホイールにも採用されているのは、そのネームバリューに加えて高い品質を評価されているからに他なりません。そんなBBSから今年も...

  
5010

映画『ブラックパンサー』で活躍する主人公の車はレクサスだった!

マーベルスタジオの最新作『ブラックパンサー』が話題となっていますが、その劇中にはトヨタの高級車ブランド"レクサス"の車が登場し、主人公専用のオリジナルヴィークルとして活躍しています。はたして、どんな車でしょうか?

  
5022

BBSジャパンがSUV向けアルミ鍛造1ピースホイール「RE−X」をリリース!その開発秘話に迫る

プレミアムな鍛造アルミホイールで知られるBBSジャパンが、新たにSUV向けアルミホイール「RE-X」の発売を開始しました。モダンなデザインに秘められた特長や開発秘話に迫ります。

  
15042

忘れられないこの1台 vol.55 ユーノス・ロードスター

オープンカーなんて軟弱だと思っていた。だからユーノス・ロードスターなるオープンカーが出ても自分が乗るクルマではないと思い込んでいた。でも90年5月のよく晴れた日の午後、ひやかし気分で立ち寄ったディーラーで実車を見て心が動いた。text:古賀敬介 [aheadアーカイブス vol....

  
774

ノンペイントのおしゃれ感 ~新型カングー "アクティフ"

8月にマイナーチェンジしたルノー「新型カングー」。最も大きく変わったのはフロントデザインだ。2つのヘッドライトを黒い帯でつなぎ、その真ん中にルノーの菱形のロゴ「ロザンジュ」が、これまでよりひときわ存在感を主張している。text:ahead編集長・若林葉子 photo : 長谷川徹...

  
5

マツダ CX-8が販売好調!ヤングファミリー層に人気な理由

2017年12月から発売が開始されたマツダ「CX-8」。2月上旬には約1万4,000台の受注を記録し、好調なスタートとなりました。特に若い年齢層に人気があるという同車の魅力は、一体どのようなところなのでしょうか。

  
5065

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.52 エンジニアのチーム体制

シーズン開幕以来、メルセデスAMGの快進撃がつづいているが、トラブルと無縁というわけではない。第9戦イギリスGPでは、スタートからトップを快走していたニコ・ロズベルグ車にトラブルが発生した。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
51

ジャパンキャンピングショー2018で見つけた軽キャンパー3選

ここ数年、常に熱い視線が集まっているカテゴリーが「軽キャンパー」です。コンパクトなのに高機能、それでいてリーズナブルな軽自動車ベースのキャンピングカーは、入門用として最適。今回は、ジャパンキャンピングカーショー2018に出展された軽キャンパーの中で、注目のモデルをカテゴリー別にご...

  
15085

ジャパンキャンピングカーショー2018に見るトレンドとは?

今年も華々しく開催中の「ジャパンキャンピングカーショー2018」。会場には軽キャンパーから大型トレーラーまで、多様なキャンピングカーが百花繚乱。このショーからキャンパーのトレンドを探ってみました。

  
25409

埋もれちゃいけない名車たち vol.47 敢えて選ぶ 大人のための911「ポルシェ 911 タルガ」

巻頭特集のテーマに〝粋〟という文字を見たときに僕の頭の中にポッと浮かんだのは、とある車種に設定され続けている、とあるルーフのカタチ。ポルシェ911にある、〝タルガ〟である。911は埋もれることない名車でしょ?という声もありそうだけど、タルガは一時期、名前はともかくとして特徴的なル...

  
824

重量2.5トン超えの巨大ボディで操作性が高いトヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー(200系)は、全長約5m×全幅約2m、重量2.5トン超の巨大なボディですが、意外に取り回しは良く操作もしやすい車です。また収納スペースの使いやすさと広さ、シートアレンジの操作性もよく考えられた車でもあります。そんな200系ランドクルーザーについて紹介しま...

  
11776

【東京オートサロン2018】WORK SCHWERT…流体を固体にする美学

高品質な鋳造ホイールで知られる株式会社WORK。そのWORKが手掛けるブランド「SCHWERT」のニューモデルが東京オートサロンに持ち込まれています。

  
3508

オンナにとってクルマとは? vol.78 オンナにとっての“赤”

じわりじわりきているな、と感じてはいたものの、ここ1、2年でどんどんマツダ車に女性からの熱い視線が注がれていることを実感する。彼氏と長く同棲している友達は、彼が欲しがるクルマにことごとくNGを出してきたが、先日初めてOKを出したのがロードスターだったと話してくれた。text:まる...

  
56

あなたは経験したことがありますか?トンネルでの不思議な現象5選

トンネルほど運転者にとって怖い場所はありません。なぜならトンネル工事には犠牲者がいるものと、我々の深層心理に刷り込まれているからです。そう、トンネルは数多の死霊が住む、あの世への入り口なのです。そんなトンネルにまつわる不思議な現象を紹介しましょう。

  
20642

東京エスプリ倶楽部 vol.6 コワモテを求める時代

パシフィコ横浜の広場にトヨタの新型SUV、C-HRが十数台ズラリと並んだ光景は特撮戦隊ヒーローもののロケ現場のようだった。筆者が折にふれて思い出すのは、「いまが未来なんだよ」という故・渡辺和博さんの言葉だ。手塚治虫が描いた未来が、1980年代には現実になりつつあった。ナベゾ画伯は...

  
162
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives