「シボレー」の検索結果(88件)

記事

ボディサイズ、排気量など色々デカすぎ!? スケールの大きなアメ車5選

自動車大国であるアメリカでは、過去から現在までさまざまなモデルが生産されてきました。最近でこそ、世界的なマーケットを見据えた日本車やヨーロッパ車と近しいモデルの開発も進んでいますが、アメリカならではと言っても過言ではないボディサイズや排気量などが独創的なモデルも存在しています。こ...

  
6086

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
990

クラウン、ハリアー、カローラなど…なぜトヨタは車種別にエンブレムを変えているの?

トヨタが現在のCI(コーポレートアイデンティティ)を採用したのは、1989年のこと。Tをモチーフとした3つの楕円で形成されたエンブレムを見たことのない人はいないでしょう。このように誰でも知っているCIを持ちながら、クラウン、ハリアー、カローラなどには、独自のフロントエンブレムが付...

  
2308

大きすぎるのは良いこと!? 巨体すぎる輸入車5選

日本の入り組んだ道には、取り回しの良いコンパクトな車が一番。そんな現実的なことは分かっていても、ついつい大きな車に乗りたくなるのは、クルマ好きの性なのかもしれません。ここでは日本ではちょっと持て余す“巨体すぎる”輸入車たちを紹介します。文・西山昭智

  
9143

独特のフィーリングが魅力!空冷エンジンを搭載していた車5選

自動車に限らずエンジンを冷却する方法は、大きく分けると水冷式と空冷式の2つ。なかでも水冷式は、エンジンの温度管理がしやすく、性能を安定して発揮させることが容易なことから、現代のスタンダードになっています。しかし、かつては空冷式のエンジンを搭載していたクルマもいくつかありました。今...

  
6241

クルマの防弾ガラスはどれだけ頑丈なのか?

政府要人など、世界のVIPが使用する防弾車。ほとんどの人にとっては、所有することはもちろん、触れる機会さえないクルマですが、だからこそ、「ほんとに防弾できるの!?」と、その正体が気になります。今回は、防弾車の防弾性能について、また世界の有名な防弾車について、見ていきましょう。文・...

  
27436

スウェーデン発の自動車メーカー『サーブ』とはどんなメーカーだったのか

北欧のスウェーデンの自動車メーカーといえば、ボルボが有名ですが、2000年代初めまで、『SAAB(サーブ)』というメーカーが存在していました。独創的なスタイリング、一風変わったインストゥルメントパネルのデザイン、航空機メーカーが母体という経緯など、他の自動車メーカーとはひと味違っ...

  
3953

いま一番ホットなカテゴリー!? 車幅1,850mm以下のコンパクト輸入SUVたち

SUVというと大柄なボディと思いがちですが、最近ではスモールサイズのコンパクトSUVというジャンルが確立され、多くの自動車メーカーがこぞって参入。いま一番ホットなカテゴリーとして、人気を集めています。今回はそんなコンパクトサイズのSUVのなかでも、特に運転のしやすい車幅1,850...

  
10504

じつは今が狙い目!? おすすめアメリカ車5選

輸入車というとヨーロッパにばかり目が行きがちですが、現代のアメリカ車もおすすめです。かつては燃費が悪い、日本では扱いにくいと言われたアメ車ですが、近年はかなり洗練されて性能や使い勝手も大幅に向上しています。今回は、そんなアメ車の魅力を5台のモデルと合わせて紹介します。文・西山昭智

  
20945

大の大人のクルマ事情

クルマへの憧れとともに人生を過ごしてきた40代、50代。皆が特別だと口を揃えるあのクルマは今なら買えるのだろうか。なぜ若かった自分はあんなにもそのクルマに惹かれたのだろうか。その昔、誰もが“素晴らしい”と信じて疑わなかったクルマたちの現状はどうなのだろうか。過去を振り返りつつ今を...

  
1438

シビック タイプRが採用する「レブマッチング機能」とは?

マニュアルトランスミッション(MT)の醍醐味といえば、ギヤチェンジをスムーズに行って、滑らかに加速したり減速したりを繰り返し、自由自在に車を操ることではないでしょうか。しかし、上手に操れないとクルマの動きがギクシャクしてしまい、むしろストレスになってしまいます。そんなギクシャクを...

  
8279

かわいいorカッコイイ

かわいいと言う人も、カッコイイと言う人もいるスズキ「ハスラー」は、本格的なSUVのルックスで、老若男女、幅広い層に受け入れられている。何においても〝かわいい〟はタブーというイタリアが生み出したチンクとベスパはヨーロッパにしっかりと浸透している。一方、 フランスでは少し前、DS3が...

  
1386

GT-Rも採用するトランスアクスル方式のメリットとは?

日産 GT-Rやレクサス LFAなど、世界でもごく一部の高性能スポーツカーのみに採用されている「トランスアクスル」レイアウト。このトランスアクスルは、どのような技術なのでしょうか?またそのメリットは?文・吉川賢一

  
11806

おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

ミニバンにとって代わる存在として、人気急上昇中の7人乗りSUV。スタイリングよし、走りよしが、その魅力となっているようです。前回の国産車編に続き、今回はおすすめ7人乗りSUVの輸入車編をお送りします。文・山崎賢一

  
18123

トヨタではなく、"トヨダ"だった!トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA」とは?

豊田自動織機製作所(現在のトヨタ自動車)初の生産型乗用車が『トヨダ AA』です。そう、発表時の社名(車名)はトヨタではなく、”トヨダ”でした。お値段3,350円(名古屋店頭渡し)。現在の価値に換算すると、およそ2,000万円という超高級車でした。では、トヨダAA型とは、どんな車だ...

  
8392

見たことある?グーグル ストリートビュー撮影車

グーグルマップには道路がパノラマで表示される「ストリートビュー」という機能が備わっています。その画像データの収集には、実際にカメラを積んだ自動車で撮影しています。あなたはこのグーグル ストリートビュー撮影車を見かけたことはありますか?

  
6288

日産 新型アルティマが登場。日本への導入の可能性は?

日産自動車は、ニューヨークモーターショー2018で、4ドアセダンの新型アルティマを世界初公開しました。この新型アルティマには、可変圧縮比エンジン「VCターボ」、運転支援システム「プロパイロット」など、日産が持つ最先端技術が織り込まれています。今回は、この新型アルティマをみていきま...

  
8089

特集 元『Tipo』編集長 嶋田智之 推薦!これからはじめる趣味的クルマ生活

生活を取り巻く事情に縛られるあまり趣味的なクルマ選びができない方は多いはず。でもそこで、「乗りたいクルマ」をあきらめてしまうのは早計だ。視点を換えれば理想のクルマはきっと見つかる。text:嶋田智之  photo:渕本智信  [aheadアーカイブス vol.113 2012年4...

  
1041

HUMMER(ハマー) H2 中古の2006年式…着座位置からくる優越感と豪快な乗り味は代替不能

最近大流行中のSUV…には当てはまりませんね。改めて定義してみてもどのジャンルにも属さないと思えるほど巨大なハマーH2。なんといっても一番のポイントは圧倒的な存在感と、アイポイントの高さや堅牢なシャーシから得られる豪快なドライブフィールです。文・山里真元 | 日本スーパーカー協会...

  
17302

忘れられないこの1台 vol.67 シボレー・コルベット

20歳で芸能という世界に飛び込み、運よく仕事が動き出して数年した頃だ。バブルな時代でもあった。そんな世相の中、初めて買った「派手なクルマ」が中古のシボレー・コルベットだった。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.145 2015年12月号]

  
1939
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives