「シビック」の検索結果(149件)

記事

松本 葉の自動車を書く人々 第1回 小林彰太郎

日本の自動車ジャーナリズムを小林彰太郎なくして語ることはできない。多くの人が氏の文章を読んで育ち、氏に憧れてこの世界を志した。小林彰太郎氏とはどんな人だったのだろう。text:松本葉 photo:CG Library 取材協力:岡崎宏司 [aheadアーカイブス vol.171 ...

  
714

時代を変えたホットハッチのファイナルモデル 〜メガーヌ R.S.273 ファイナルエディション

1976年の設立以来、ルノーがかかわるモータースポーツを一手に引き受けてきたのがルノー・スポールだ。その活動はF1を始めとするフォーミュラカーの製作が有名だが一般ユーザーにとって馴染み深いのは「R.S.(=ルノー・スポール)」の名を冠する市販車の存在だろう。そして、近年その象徴的...

  
1578

松本 葉の自動車を書く人々 第4回 佐野洋子

クルマの匂いが漂うエッセイがある。ページを捲るとぷーんとクルマの匂いが鼻をつく。書き物のなかに車名が記されているわけではない。自分はクルマが好きだと書かれているわけでもない。なのにクルマの芳香が漂うのだ。「見た」「持った」「走った」「旅した」、そんなわずかな記述に自動車が感じられ...

  
1513

4年ぶりの復活!ホンダ インサイトって?新型はどんな車になる?

2014年に生産を終了したインサイトですが、2018年1月20日から開催されるデトロイトショーで、次期型のプロトタイプモデルが発表されることになりました。インサイトといえば、ホンダのハイブリッドカーを牽引してきたモデルでしたが、実質的な後継モデルが発表されることなく、ラインナップ...

  
6090

EVオヤジの未来予想図 VOL.1 資本主義的自動車世界

自動車が大きく揺れている。いったい自動車はこれからどうなるのだろうか。自動車業の最下流で禄を食む私としては、心配でたまらない。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.178 2017年9月号]

  
220

MTオイルを換える

免許を取得してクルマに乗り始めた頃、当然ながらすべての操作がおぼつかなかった。ギアチェンジはギクシャク、クラッチ操作は乱暴。すべてが連携して動くベテランドライバーの動きとは違い、リズムに乗り切れていないことが誰の目にも明らかだった。するとクルマに詳しい先輩からこう言われたのだ。t...

  
2350

アルティマ、VIP、リミテッドなど...高級グレードに用いられるワード

車は同一車種であっても、いくつかのグレードを展開するのが一般的で、そのグレード名には、各メーカーでさまざまなものがあります。今回はその中から、上級グレードに用いられるワードをいくつかピックアップしてみましょう。

  
5102

ジェミニ、シティターボ、スターレットターボ…80年代のかっ飛びコンパクトカー5選

80年代はハッチバックを中心とする小さな車がとても元気な時代でもありました。ここでは、当時走り屋に愛された小型車を5台紹介してみたいと思います。

  
17431

馬力だけで車を判断するのは間違い!? スポーツカーを選ぶ際に考えるべき3つのこと

かつて国産車にあった「280馬力自主規制」はすでに消滅し、いまでは国産車であっても、400psや500psの新型車がリリースされています。しかし、上限が決められていた時代のスポーツカーのほうが楽しかったと思えるのはなぜでしょう?

  
28368

パジェロ、レガシィ、RAV4…1990年代に起こったRVブームとは?

従来の実用性や性能重視のクルマ文化から、より生活を豊かに彩るためのアイテムに昇華しつつあった90年代の自動車。そのなかでも象徴的なのは、四輪駆動車をはじめとしたいわゆる『RVブーム』ではなかったでしょうか。このRV車というカテゴリー、いったい私たちになにをもたらしたのでしょうか。...

  
10691

GT-RやフェアレディZ…いまの車と昔の車どちらが好き?新旧デザインを写真で比較

自動車のデザインというものは、生まれた時代背景、求められている性能を反映したもので、見た目の印象だけで優劣を語ることができません。そんなわけで、ここでは車種別の新旧デザインをまとめてみました。時代の移り変わりなども感じながらデザインの新旧比較をしていただければと思います。

  
16530

新型シビック、MT仕様が大人気!MT車でしか味わえない楽しさとは?

2016年の日本自動車販売協会連合会の統計よると、同年に新車登録された国産乗用車の98%以上がAT車でした。運転が簡単で、若者はAT免許を選ぶのが当たり前になってきています。ところが、先日販売開始された新型シビックは、ハッチバック車に設定されるMT車の受注比率が約35%、2,10...

  
16508

WRXやマークXなど…しっかり4人乗れるスポーティーカー5選

自分だけ乗るのであれば、好きなクルマを買いたいものですが、家庭持ちの場合、家族全員が快適に乗れる、という制約がつきます。しかし、普通のミニバンでは飽き足らないというユーザーは少なくありません。そこで今回は、2017年10月現在、新車で買える「スポーティーカーなのに4人がしっかり乗...

  
14849

【東京モーターショー2017】新型CR-Vやシビック タイプRなど…ホンダ 画像まとめ

2017年10月25日、東京モーターショー2017が開催されました。ホンダは、約一年振りに日本復活となる新型CR-Vや、新型シビック タイプRなどを出展。ここでは、ホンダの画像をまとめました。Photo:M.Yamada

  
7559

【全文書き起こし】CR-Vが新型で復活!ホンダの走りは、EVでも実現できるのか?東京モーターショー2...

「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いから生まれるホンダプロダクツ。オートバイのカブから、ジェット機まで、すべてが前述した同じテーマで設計・製作されています。なかでも今回発表されたEVコミューターコンセプト、NeuVは、AIや自動運転技術により、身近なパート...

  
3765

オートザム クレフやルネッサ、キャバリエなど…日本メーカーの知る人ぞ知る車5選

日本の自動車メーカーからは数々の車種が販売されていますが、不人気車で終わったクルマも少なくありません。ここでは1990年代に販売された知る人ぞ知る5種を紹介します。傾向として見えるのは、多チャンネル化の弊害です。かつてカタログに載っていたこんな車種を、覚えていますか?

  
7656

新型比較!メガーヌとシビック タイプR、どちらを買う?

2018年導入予定のルノー メガーヌR.S.と、ひと足早く発売されたシビック タイプR。両車は、FF最速カーを目指してつくられているモデルです。あなたなら、どちらを買いますか?

  
11763

1990年代の日本の名車が勢ぞろい!初代『ワイルド・スピード』の登場車種は?

2017年公開のICE BREAKで8作目まで公開された大人気シリーズ『ワイルド・スピード』。ストーリーもさることながら、登場する車に注目が集まります。今回は、その記念すべき1作目に登場した日本車を振り返ってみましょう。

  
14006

タカタ製エアバッグのリコール未改修車、車検更新できない!? どうすればいいの?

世界規模でのリコールとなったタカタ製エアバッグ。ホンダを始めトヨタ、日産、さらには輸入車メーカーまで、多くの車種に装備されていただけに、その対象も非常に大規模になっています。そんななか、このタカタ製エアバックを搭載したリコール対象車であるにもかかわらず未改修であった場合、車検を通...

  
24624

車幅1,750mm以上が当たり前!? 車の巨大化は今後加速する?

人気のSUVカテゴリーにスーパースポーツ、またスポーツセダンなど、ニューモデルが出るたびに私たちは、スタイルやスペックを眺めて心躍らせます。しかし、ふと不安に思うことがあります。それは、ボディサイズの肥大化。この傾向は今後も続くのでしょうか?

  
29151
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives