「シビック」の検索結果(196件)

記事

ホンダの屋台骨!ステップワゴンの使い勝手をレポート!

日本を代表する自動車メーカーのひとつであるホンダは、創業者である本田宗一郎氏によるモータスポーツへの挑戦という歴史から、素晴らしいスポーツカーを世に送り出すメーカーとしてクルマ好きから評価されてきました。一方で、スポーツカーだけを作り続けてきたのであれば、これほどまでに世界にホン...

  
25289

9年乗ったオーナーだったからこそわかる魅力と苦労。初代(NA)ロードスターを振り返る。オーナーレビュ...

これまで愛車として、マツダのロードスターを20年以上かけて乗り継いできた。中古車の初代マツダロードスター(NA)、初代ロードスターをベースにしたメーカーカスタムのM2 1001、NR-Aにてワンメイクレースにも参戦した、2代目(NB)ロードスター。そして現在も所有する2代目(NB...

  
14269

新型シビックタイプRインパネレビュー! ドライブが楽しくなる機能が充実!

新型シビックタイプRのインパネをレビューしました。2017/10/26

  
4482

新型シビックタイプRの内装(インテリア)比較!ハッチバックと違う点は!?

新型シビックタイプRの内装(インテリア)をシビックハッチバックと比較しました。2017/11/1

  
4210

リアルスポーツカーの走りは本物!新型シビックタイプR試乗レビュー

新型シビックタイプRに試乗しました。2017/10/26

  
2014

新型シビックタイプRの外装比較!ハッチバックとはここが違う!

2017/10/26

  
5301

新型シビックタイプR試乗レビュー ドライブモードによって走りはどのように変わる!?

ドライブモードによって走りは変わるのか、レビューしました。2017/10/26

  
2441

新型シビックタイプR荷室レビュー!買い物などにも充分使える!

新型シビックタイプRは、スポーツモデルにも関わらず荷室もかなり広いモデルです。ベースとなるシビックハッチバックの荷室もかなりの広さを持っており、ほぼ同様の広さとなります。荷室の高さや、奥行きの深さ、開口部の広さなど、説明していきたいと思います。2017/10/26

  
3275

新型シビックタイプRの維持費っていくら掛かるの?ハッチバックと比較してみた。

新型シビックタイプRの維持費をシビックハッチバックと比較してみました。2017/10/31

  
18602

今新車で買いたいハッチバックの国産車3選

現在新車で普通の乗用車を買う際にリアにバックドアがあるハッチバックは大きな柱となるボディタイプの1つである。その中から今新車で買いたいハッチバックのクルマを何台か挙げてみる。文・永田恵一

  
5549

スーパーチャージャーを搭載していた印象的な国産車5選

90年代は高出力を実現する装備として、近年は「ダウンサイジングターボ」でお馴染みのターボチャージャー。対してスーパーチャージャーは一般的にはマイナーかもしれません。しかしスーパーチャージャーにも利点は多くあります。そこで今回はスーパーチャージャーを搭載していた車種をご紹介します。...

  
87145

“R”の称号を受け継ぐ、新型シビック TYPE-Rの走りは!?

クルマ好きなら一度は耳にしたことがあると思われる”TYPE-R”という名称。ホンダのクルマの高性能バージョンに与えられるこの名前は、ホンダ特有の高回転NAエンジンと、赤いエンブレムの代名詞として知られています。そのTYPE-Rの新型は、ついにVTECエンジンにターボを追加したエン...

  
2778

ホンダが放つ”機動戦士”ことシビックタイプRに試乗した!

ホンダが放つ”機動戦士”ことシビックタイプR(しかもModulo仕様)に、市街地~高速道路~サーキットでお腹いっぱい乗る機会を得ました。車両にはど派手に「CIVIC TYPE R」と「Modulo」のデカールが…子供っぽくて、個人的にはやりすぎ感のあるガンダムライクな外観と相まっ...

  
5845

高速道路がラクで楽しい!VTECターボエンジン搭載のヴェゼルに試乗してみた

昨年、ビッグマイナーチェンジを果たしたホンダのコンパクトSUV「VEZEL」(ヴェゼル)。2019年1月末、1.5リットル直列4気筒のVTECターボエンジンを搭載した「VEZEL TOURING・Honda SENSING」が新たに追加された。先に結論から申し上げると「運転がとて...

  
13965

昔のクルマで見かけるシフトパターンの「★」マークってなに?

いまを遡ること35年、デートカーとして一世を風靡したホンダ プレリュード(2代目)のシフトパターンには「★」マークがあった。「スターレンジ」と称された、ホンダ独自のATポジションは、初代シビックの2速ATから採用されたもので、一時期ホンダATの象徴ともいえるものだった。果たして、...

  
42819

ディクセル、2019年春発売予定の新製品を多数出展!東京オートサロン2019

ディクセルはブレーキパッドやブレーキディスク等、ブレーキパーツの企画・開発・販売を専門に手がける会社です。東京オートサロンのブースでは、ストリートからサーキットまで、輸入車、日本車を問わず幅広くカバーする魅力的な新製品が出展されました。文・加藤久美子 写真・Hiroto KATO

  
1964

東京オートサロン2019、HKSがチューニングしたジムニーはどんな車に?

昨年創立40周年を迎えたHKS。日本のチューニングシーンのリーダーである同社は、今年のオートサロンに新たなる車種に挑戦していた。文/写・栗原祥光

  
3904

ブースを「家」に見立てたホンダアクセス。ペルソナ別のコンセプトカーを5台展示

数多くの出展ブースが並ぶ2019年平成最後の東京オートサロン。その中でも一風変わっているのがホンダアクセスだ。ブース全体を「楽しみ上手な家族の家」と見立てて、その中で「父と母」「長女」「長男」「次男」「長男夫婦」にピッタリなコンセプトカーを5台展示していた。文・栗原祥光

  
7872

なぜ世界は電気自動車に向かうのか。エンジン車は生き残れないのか

電気自動車の象徴といえる日産リーフに新グレード「リーフe+」が追加された。バッテリーの総電力量を62kWhと倍近く増やし、航続距離も570km(JC08モード)まで伸ばした。実用レベルでも400km程度はノンストップで走り切れることが期待され、電気自動車のネガとされていた航続距離...

  
3353

薄目を開けた車!? セミリトラタクブルヘッドライト搭載車3選

いまでは見かけなくなったリトラクタブルヘッドライト。歩行者保護(安全性)の観点から突起物に対する規制が厳しくなり、点灯時には空気抵抗(格納時には逆に空気抵抗を減らせるが)を増大させ、重量物をフロントノーズの左右に配することでハンドリングに悪影響を与えたり、開閉することで故障するリ...

  
6801
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives