「シトロエン 2CV」の検索結果(16件)

記事

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプションが多く、クルマを購入する際、多くの方が悩む装備のひとつとなっています。そこでここでは、サンルーフのメリットとデ...

  
14492

CITROËN DS DAY in 増上寺

「クルマ離れ」というフレーズ、もはや使い古された感もあるけれど、それはつまり、この問題が依然として進行中であることを示している。メーカーやインポーターはそれを食い止めるべく、あの手この手と知恵を絞っている。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7...

  
102

シトロエンがもたらしたもの

シトロエンは、その磨ぎ澄まされた感覚によって多くの名車を生み出してきたメーカーだ。20年以上前にモンマルトルの丘の上で見かけた真っ赤な初代DS、学生時代に一夏をともに過ごした2CVなど、僕のなかには過去にシトロエンが残していってくれた素敵な想い出がたくさん残っている。text:岡...

  
491

アヴァンギャルドのベンチマーク

シトロエンDSラインのトップバッター、DS3が日本に上陸したのは2010年。当初は「なぜDSの2文字がこれに?」と賛否両論が巻き起こったものだが、あれから3年経って、この国でもDSラインのコンセプトがだいぶ浸透してきたようだ。text:森口将之 photo:長谷川徹   [ahe...

  
78

忘れられないこの1台 vol.48 シトロエン2CV

今僕がこうやって生きていられるのは、コイツのおかげが大きい。シトロエン2CVによって初めてフランス車に出会ったから、この国のクルマのすばらしさを知ることができ、それをネタにゴハンを食べさせてもらっているのだから。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.126 201...

  
1016

不二子ちゃ〜んとドライブしたい。ルパン三世に登場するクルマ5選

時代を超えて幅広い世代に人気のアニメ『ルパン三世』。個性的なキャラクターたちもさることながら、登場するクルマも魅力的なのです。

  
13432

埋もれちゃいけない名車たち VOL.25 乗り心地の良さを知らしめた一台「シトロエン ZX」

例えば「赤くて速い」がフェラーリ……みたいな、ファンの頭の中で自然に育ってきたイメージというものがある。そしてその固有のイメージが与えてくれるモノこそ、そのクルマのレゾンデートルであるように思っていたりする。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.141 2014年...

  
1627

埋もれちゃいけない名車たち vol.43 アヴァンギャルドの塊「シトロエン SM」

〝芸術〟というのはあくまでも感性主体のものであるからして、良し悪しで語ることなんてできないだろう、と思う。あくまでも見たり触れたりする側の感覚に委ねられるものであり、語るのであれば好き嫌いがベースになって然りだ、と。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.159 2...

  
1505

埋もれちゃいけない名車たち vol.50 2代目チンクの後継車「FIAT 126」

〝自動車〟という大きな括りに文化はあるが、クルマ1車種ごとにも固有の文化が宿ることがある、と思う。メーカーが、あるいは開発に従事した人達がそのクルマに投影した世界観のようなものが個性を生み、その周辺に文化が形成されていくのだ。text: 嶋田智之 [aheadアーカイブス vol...

  
1349

アメリカ大統領就任に見たのはセダンの終焉か

セダン受難の時代である。さる1月20日の米大統領就任式でも、就任前のトランプ・ファミリーが乗ってきたのは黒塗りのシヴォレー・サバーバンであって、キャディラック、あるいはリンカーンのフルサイズ・セダンではなかった。このクルマ選びはトランプにピッタリで、ホワイトハウスへと向かう映像は...

  
618

埋もれちゃいけない名車たち vol.55 わがままを継承させる「シトロエン・C6」

自動車の世界で他と掛け離れたモノやコトを貫き通すのは、相当に困難だ。スタイリングの方向性であってもメカニズムであっても、一風変わったクルマというのはこれまで無数に誕生したが、ほとんどが一代限りで、なかなか継続されない。モデルチェンジの後には唖然とするほどのコンサバ路線へと宗旨替え...

  
1634

クルマは自分の代名詞 花ちゃんとビートル

「ビートルに乗るようになってなにが変わったって、やはり、普通のおじさんから抜け出せたことでしょう! 50を超えてますが。え? 見たまんまですか? そんなことないと思うんだけどなぁ。ガハハ」そう笑い飛ばすのはVWグループジャパンで広報を担当する池畑 浩さんだ。text:伊丹孝裕 p...

  
834

標準で10インチ!? 小さいタイヤを装着する車4選

最近はコンパクトカーやミニバンであっても、17や18インチといったホイールを履いていることが珍しくありません。なかには大径ホイールを装着している車も見受けられます。しかし、昔の車を見てみると、ホイールはかなり小さかったことに気付かされます。そんななかでも、小さかったのが10インチ...

  
58551

男の憧れ!歴代ボンドカーをまとめてみました。

独特のダンディズムを体現した007シリーズのジェームズ・ボンド。登場する美女やクルマも魅力的な作品です。今回は、歴代のボンドカーをチェックしていきましょう。

  
10820

ビートル、フィアット500…愛嬌?洗練?丸目の輸入車4選!

絶世の美女ですと、付き合っていても飽きると聞いたことがあります。末永く楽しく付き合えるタイプは、平均的でややまるめな女性らしいです。なるほど、よくよく考えてみるとクルマもそうかもしれません。ただし、この場合はまるめ、すなわちまん丸いヘッドライトということですが。

  
25476

ルパン3世にも登場!3つのフィアット500を振り返る

イタリアの自動車メーカー、フィアットが販売するフィアット 500が最初に登場してから約80年が経ちます。映画「ルパン3世 カリオストロの城」に登場したこともあって非常にファンの多いこの車、表記は500ですが、読み方は「チンクエチェント」という変わった読み方。これはイタリア語の場合...

  
34025
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives