「サーキット」の検索結果(297件)

記事

一般人からは理解されない?なぜ車好きは、自身でタイヤやオイルの交換をするのか?

「お店に行けばタイヤもオイルも交換してもらえるのに、なんで自分でやるの?」そう思う人は少なくないようです。昔なら教習所でタイヤ交換を習い、オイル交換もそう難しいことでは無かったので、とりあえずチャレンジしてみるユーザーも多かったのですが…。現代の目から見ると、そんなに変でしょうか...

  
7121

いまだ色あせないフェラーリF355の魅力。その理由とは?

デビューからすでに20年以上が経過したスポーツカーといえば、多くの方は「すでに時代遅れ」と考えるかもしれません。しかし、フェラーリが1994年に発表したF355は、コレクターズアイテム化しつつある一方で、いまだに多くの車両が現役で走っています。その理由を探ってみました。

  
2515

トーイン、トーアウトのメリット・デメリット

4輪のアライメント調整時によく聞く、トーイン、トーアウト。トー(toe)は英語で、足の指やつま先を意味します。自動車の4輪とつま先を意味するトー。はたして、どんな関係があるのでしょうか。

  
3762

レクサスLFAやインプレッサ22Bなど…国産車のユニークな限定生産車4選

限定品と聞くと、後先考えずに飛びついてしまう方がいると思います。自動車の場合、限定品(限定車)の多くは、後々付加価値がついて価格が高騰することがあり、近年は投機対象として購入するオーナーも少なくありません。今回は、国産メーカーのちょっとマニアックな限定車を紹介していきましょう。

  
6041

ポルシェより早いって本当?世界最強・最速の軽自動車とは?

軽自動車と言えば、日本独自の企画として開発され、一部の国を除いて海外では販売されていません。エンジンの排気量も660cc以下という、独自の決まりがあります。しかし、世の中にはそんな軽自動車をドイツの高級自動車メーカー ポルシェよりも速いクルマに改造してしまったオーナーがいるようで...

  
16332

600馬力超え!世界最速セダンとなったスバル WRX STIってどんな車?

スバル WRX STIが、ドイツのニュルブルクリンクサーキット旧コースで、6分57秒5というタイムをマークし、4ドアセダン最速の称号を手に入れました。このタイムは、ポルシェ918スパイダーにも匹敵するタイムです。はたして、どんなチューニングがなされたWRXなのでしょうか?

  
9014

もし3,000万円使うことができるなら、貴方はフェラーリを買う?国産車をフルチューニングする?

お金があれば、あのクルマが欲しい、所有しているクルマをカスタマイズしたい…など、クルマ好きならそうした妄想に近い願望が潜在的にあるでしょう。では、もし宝くじが当たって3,000万円が手に入ったとしたら、貴方はフェラーリを買いますか?それとも国産車をフルチューニングしますか?

  
5741

ケータハムの維持費っていくら?セブン270で調べてみた

1960年代のロータス セブンのスタイルをそのままに、現代でも販売されているケータハム セブンシリーズ。リアアクスル直前にコクピットのあるスタイルは、フロントエンジン時代のフォーミュラカーを彷彿させる超個性的なもの。そんなケーターハムの維持費はいくらぐらいなのでしょう?

  
11958

スーパーカーレースで走ったアストンマーチン ヴァルカンってどんな車?

その名も「スーパーカーレース」というものがあるのをご存じでしょうか。文字通り、スーパーなマシンが競うレースで、2014年から開催されています。その第3、4戦に、聞きなれないアストンマーチン ヴァルカン(Vulcan)というモデルがエントリーしていました。ヴァルカンとは、どんなマシ...

  
1732

助手席やリアシートを外して走行すると違反なの?

サーキット走行を楽しむ方なら、軽量化のために助手席やリアシートを外したいですよね。各シートを外した状態で公道を走行しても交通違反に問われませんが、車検には通りません。なぜでしょうか?

  
4711

時速358㎞!!センチュリーのV12エンジンを搭載したスープラって?

センチュリーに搭載されている国産唯一のV12エンジンに換装し、パワー&トルクは943ps/102.3kgmを発生。そこから導き出される最高速度は、なんと358km/h!!まさにモンスターと呼ぶにふさわしいスープラを紹介しましょう。

  
6729

3人乗りEV、日産ブレードグライダー走行開始!今後市販化はされる?

2013年の東京モーターショーでコンセプトモデルとして発表されたブレードグライダーは、2016年にプロトタイプが公開、そして2017年4月から日本でも、走行がお披露目されました。3人乗りのEVスポーツカーは、どのような車に仕上がっているのでしょうか。

  
1390

昔、よく見かけたエンジンの空ぶかし…どんな効果があったのか?

エンジンの空ぶかし。いまでもたまに、スポーツカーが信号待ちで行っているのを見かけます。スポーツカーのようなエンジン音にもこだわっている車であれば、なんとなく空ぶかしもさまになるような気もしますが、それ行ったらからといって、なにか効果があるのでしょうか?それとも、レーシングカーの空...

  
6466

モデルもこなす美人レーサー塚本奈々美ってどんな人?

「美人すぎるレーシングドライバー」としてのレース活動はもちろん、テレビ出演や雑誌でのコラム執筆、モデル活動まで幅広い分野で活躍を魅せる塚本奈々美さん。今回は塚本さんご本人に直撃し、レース活動から愛車の話まで、いろいろお話をお伺いしてきました!

  
7130

スタリオン後継モデル「GTO」が復活するって本当!?

三菱のフラッグシップスポーツといえば、「GTO」と即答する方は、ある程度の世代かもしれません。バブル期に先端技術とともに颯爽と現れたGTOは、じつに魅力的に映ったものです。そんなGTOが、思わぬカタチで復活する可能性があると噂されているのです。

  
7964

同乗者が納得する「心地よい」運転とはどのようなものなのか?

休日ともなれば、愛車に家族や仲間、友人、意中の相手を乗せてドライブに出かけていることかと思います。そんな時、ドライバーとして気になるのは、同乗者に自分の運転がどう思われているのか?運転が上手くなりたい、とは、多くのドライバーが抱いている感情ではないでしょうか。では、上手い運転とは...

  
5599

なんと6,000万円!! ホンダ NSX GT3の売れ行きはどうか?

2017年7月27日、ホンダはプライベートチーム向けにレース専用車両である「NSX GT3」の受注を発表、翌日より受付を開始しました。FIA公認GT3レースにエントリー可能なNSX GT3とは、どのようなマシンなのでしょう?また、その売れ行きはどうなのでしょう?

  
13668

2,370万円の新型NSX、6時間7万200円で乗り回すなら、なにする?

現在、日本最高峰のスーパースポーツモデルといえば、新型NSXがその筆頭といえるでしょう。2,370万円というプライスに加え、V6 3.5Lターボエンジンにハイパワーモーターを組み合わせた、まさに次世代のスポーツモデルかくあるべしという内容になっているモデルです。その新型NSXが、...

  
4958

バブル期に生まれた車が再販されたら、あなたは買いますか?

ヒストリックカーの人気が高まっている昨今、80年代やバブル期のクルマたちもヒストリックカーの域に入ろうとしています。あの頃のクルマがもし再販されたなら、あなたは買いますか?

  
14715

HKSが提案する高性能オイルとは?普通のオイルとの違いとは?

自動車を愛するユーザーであれば、エンジンオイルの重要性は誰しもが知るところ。オイル交換を行ってエンジンのフィーリングがよくなった、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。エンジンオイルは大きく分けて「潤滑 ・ 密封 ・ 冷却 ・ 洗浄 ・ 防錆」の5つの役割を担っており、...

  
5158