「サンバー」の検索結果(24件)

記事

もろそうな軽自動車が登録車よりも長く使われている理由

今回のお題「もろそうな軽自動車が登録車よりも長く使われている理由」は、大前提として、軽自動車であろうが登録車であろうが、あるいは国産車でも輸入車でも乗り方やメンテナンス、オーナーの意欲次第で長く使うことは可能だし、長い距離を重ねることもできるはず。とくに海外で重宝される日本の中古...

  
34751

エンジンルームはどこ!? 軽トラのエンジンルームの開け方

乗用車のエンジンは一般的にボンネットのなかにありますが、ボンネットのない軽トラはどこにエンジンがあるでしょうか。馴染みがないという方も多いと思いますが、じつは大きなホームセンターや家具店では、ユーザー自身が荷物を運ぶため、軽トラの貸出をおこなっている店舗もあります。そういった場所...

  
4318

取扱注意!? 中古で買えるじゃじゃ馬な軽自動車6台

昔と比べると、じゃじゃ馬といえるクルマは、軽自動車に限らず減ってきて、スポーティで速くても洗練されたハンドリングや乗り心地、扱いやすいパワーフィールをもつモデルが増えてきた。それでも比較的、じゃじゃ馬(痛快)な軽自動車は、中古車まで裾野を広げればまだ現存している。文・塚田勝弘

  
15451

久しぶりのR134

クルマやバイクに乗ると、なぜか海へ行きたくなる。海までたどり着くと、もうそれ以上先へ進まなくても良いからほっとするのだろうか。それとも人は海から生まれたから、繰り返し海へ還りたくなるのだろうか。ともかく、人はクルマやバイクに乗ると海へ向かう。そして海は季節ごとにまったく違う表情で...

  
578

目指せ!カントリージェントルマン VOL.6 雑誌とインターネット

自動車メディアに関わって、今年で25年目になる。四半世紀、なんて言うとイッパシな感じもするのだけれど、最近はむしろ紙に関わってきた時間が長い分だけ頭が凝り固まっていることを実感させられる日々だ。特にネット関係の人と仕事をする機会があると、「眼から鱗」な事実を教わることも少なくない...

  
446

名車になる条件

時代を越えて愛されるクルマもあれば、時代の移り変わりと共に消え去ってしまうクルマもある。名車になるべくして誕生してきたクルマもあれば、多くの人に愛されて名車と呼ばれるようになったクルマもある。また、誰もが認める名車もあれば、意見が分れる名車もある。text:森口将之、宮崎敬一郎、...

  
3403

僕がここで暮らす理由

自分のプロフィールには「森の中に住む~」という一文を入れている。人よりも多くガソリンを消費するモータージャーナリスト稼業のイメージと、自然派のような響きのギャップを面白がっているわけだが、実際に僕が住んでいる家は深い木立に囲まれている。薪を燃やして暖をとり、小石混りの土に鍬を立て...

  
1002

フェアレディZが雪道をスイスイ走る!? 日産が公式に改造!

2018年2月は東京都心部にも積雪があり、首都高速をはじめ各所で通行止めや立ち往生が続出。雪道の走行には十分な装備が必要なことを、あらためて思い知らされることになりました。しかし、北米日産が作ったフェアレディZなら、そんな心配は必要ないかもしれません。やっちゃえ日産!

  
13720

目指せ!カントリージェントルマン VOL.1 本物のワークホース

幸か不幸か、今年の春はジャガイモの植え付けが間に合わなかった。種イモの芽出しまではしていたのだけれど、ちょうどそのころ原稿書きが忙しくなってしまい、そのまま放置してしまったのである。text:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.177 2017年8月号]

  
1294

スバルの軽自動車に水平対向エンジンが採用されなかった理由とは?

スバルが軽自動車の生産を終了してから何年も経過しましたが、なぜスバルは軽自動車に水平対向エンジンを搭載しなかったのでしょうか?もし搭載していれば、個性を示して生き残れたかもしれません。この点について考えてみましょう。

  
40197

スバル6代目サンバーといえば「農道のポルシェ」なぜここまで人気になったのか?

スバルが販売していた軽商用車サンバーが、かつて「農道のポルシェ」という異名を持っていたのはご存知ですか?ポルシェといえば、世界を代表する高級スポーツカーですが、日本の軽トラックがなぜポルシェと形容されるのでしょう。軽自動車はさまざまなメーカーが販売しているにもかかわらず、なぜサン...

  
33969

日本のディープな世界「デコトラ」4選

日本の物流文化のなかで、異彩を放つ存在が「デコトラ」です。全盛期より、その数は減ってきたといわれていますが、現在でもデコトラを相棒にするトラックドライバーはいるわけです。そんなデコトラのベースとなるモデルを紹介しましょう。

  
78505

245、265…タイヤの幅が広がると走りはどう変わるの?

クルマによってタイヤサイズはさまざまです。特に幅に関しては、軽トラなどの145から、GT-Rの285といった極太サイズまで、ほぼ5mm刻みでラインナップされています。このタイヤ幅は、走りにどのような影響があるのでしょうか?

  
135051

スバル車のカスタムに、ゴールドのホイールが多いのはなぜか?

スバル車の定番カスタムといえば、スバルブルーにゴールドのホイールです。なぜ多いのでしょうか?

  
60399

昔は軽免許で運転!?現行軽自動車で最年長 ダイハツ ハイゼットトラックの56年の歩み

現在販売されている軽自動車の中で、モデルチェンジを繰り返しつつも、ずっと同じ車名で通している歴史が一番長いモデルを知っていますか?答えはダイハツ ハイゼットです。中でもハイゼットトラックはバンより1年早くデビューしており、軽自動車最年長を誇っているのでした。

  
19930

エボIIIやR33など…今後値上がりが予想される車4選

中古車が値上がりする理由と言えば「人気の限定生産車」「需要があるのに後継車が無い」「モデルチェンジした新型が失敗作」などさまざまな理由があるでしょうが、今後値上がりの予想されるクルマをいくつかピックアップしてみましょう。

  
35848

トヨタとスズキが提携を発表!不動の人気車種ジムニーは今後どうなっていく?

以前から噂になっていたものの、2016年10月12日の両社共同会見によって、ついにトヨタとスズキの提携が現実になりそうです。「業務提携の検討開始をお知らせしただけ」とはいうものの、既にある程度の合意があるからこその発表だと考えても良いでしょう。

  
47066

サニトラやエスカルゴ等…その個性が今でも魅力的な廃盤実用車&商用車達!

絶版車の中には、メーカーの都合など必ずしもその車のせいではない理由で廃盤となってしまった、個性的で素晴らしい車が数多くあります。今回はその中から、量販セダンや商用車など実用的なモデルを紹介します。

  
35829

新車の発表の噂あり!? 人気すぎて入手困難のワーゲンバスとはどんな車?燃費や中古車市場について

ワーゲンバスといえば、だれもが思いつく、ユーモアあるデザインのフォルクスワーゲン社のバンですね。今では新車が買えないワーゲンバスですが、ビートルみたいに復活の噂があります。今回は、そんなワーゲンバスを振り返ってみたいと思います。

  
71514

スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

軽自動車クロスカントリーの代名詞といえば、スズキ ジムニーでしょう。パジェロ ミニが販売終了となった現在、選択肢はジムニーのみとなりました。そんなジムニーには、兄弟車として、"ジムニーシエラ" という車種も販売されています。一見すると、たたずまいはジムニーですが、...

  
403948
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives