「サビ」の検索結果(49件)

記事

2週間に1回?1ヶ月に1回? 洗車の理想的な頻度は?

クルマは、使っていれば外装が汚れます。この汚れを放置しておくと、クルマが汚らしく見えるだけでなく、塗装面を痛める原因にもなります。では、どれくらいの頻度で洗車をしたら良いのでしょうか。

  
3736

冷却水の補充って水道水をいれてもいいの?

通常、エンジンの冷却水は、"LLC"と呼ばれる不凍液を用います。そのLLCの代わりに、水道水を入れても問題はないのでしょうか?

  
5504

特集 第三京浜物語

国道466号、第三京浜道路。東京と横浜を結ぶ片側3車線のこの自動車専用道路は、ワインディングでもなければ、景色を眺めるための道でもない。しかし、クルマやバイクで走る人を惹き付ける何かがある場所なのである。全長は、16.6キロ、時間にしてわずか15分程度で駆け抜けてしまう「第三京浜...

  
1072

粋 〜クルマの美学〜

粋とは何か。粋であることはカッコイイことだが、カッコイイことが粋であるとは限らない。渋い=粋でもない。人が羨むクルマに乗っていても、人より速く走れたとしてもそれが粋であるとは言えないのだ。そして粋とは、作法ではなくカタチでもない。text:吉田拓生、伊丹孝裕、小沢コージ、まるも亜...

  
950

僕がここで暮らす理由

自分のプロフィールには「森の中に住む~」という一文を入れている。人よりも多くガソリンを消費するモータージャーナリスト稼業のイメージと、自然派のような響きのギャップを面白がっているわけだが、実際に僕が住んでいる家は深い木立に囲まれている。薪を燃やして暖をとり、小石混りの土に鍬を立て...

  
222

クルマやバイクのテイストとは何か

クルマやバイクを表現するときに、「このクルマにはテイストがある」とか「テイストに溢れたエンジンフィーリング」など、「テイスト」という言葉を用いることが多い。この場合は、まさしくクルマやバイクの乗り味や風合いのことを指しているのだが、そのひとの技術や経験、知識などによって、理解が異...

  
407

イメージについて

イメージほど抽象的でありながら重要なものはない。多くの場合、ひとは本質を見極めるよりもイメージによって、ものごとを判断しているように思う。その人のイメージやブランドイメージなど、イメージが良いものが好まれ、売れる傾向にある。text:嶋田智之、山下敦史、若林葉子、神尾 成 [ah...

  
728

自分で傷の修理ができるオススメアイテム5選

うっかり愛車のボディに傷を付けてしまったけれど、ディーラーや板金修理に出すほどでもない。そんなとき、なんとか自分で修理できないかと思いますよね。今は、修理アイテムを購入するためにカー用品店に足を運ばなくても、インターネットですぐに購入ができます。ここでは、誰でも簡単に傷を目立たな...

  
11881

埋もれちゃいけない名車たち VOL.22 少年に夢見させた国産スポーツモデル「マツダ サバンナRX−...

今回の巻頭特集のテーマは〝原点回帰〟だと聞いた。途端に頭の中がタイムスリップをする。いとも容易くひとつのキーワードに辿り着く。ちょうど50歳前後のクルマ好きにとってのひとつの大きな原点となるのは、間違いなく第1期スーパーカー・ブームだったはずだからだ。text:嶋田智之 [ahe...

  
2811

Rolling40's vol.44 モテるオッサンでいこう

新しいスポーツカーと大人たちの関係を探しているかのように、ハチロクとBRZが盛り上がっている。予約も一杯ですぐに手に入るような状況ではないという話も聞く。またメーカー自体が合法的な改造を推進しているのが興味ある動向で、改造パーツ専用の分厚いカタログもあるくらいだ。個人的には良い流...

  
166

電気のチカラでサビを止めるラストアレスター

錆の進行を遅らせるシステムがあると聞くと、「自分には関係ない」と思うかもしれない。確かにそうだ。ひと昔前のクルマならいざ知らず、最近のクルマは塗装技術が発達しているので、特別なメンテナンスを施さなくても錆とは無縁でいられる。気にしたことすらないかもしれない。text:世良耕太 p...

  
499

電気のチカラでサビを止めるラストアレスター Vol.2

蒸した梅雨の時期に、街中で稀少なクラシックカーを目にすることは珍しい。とくに、ドロップトップが艶やかな60年代のジャガー・マーク2が現れるとは、よほどクラシックカーの扱いに慣れ、念入りなメンテナンスを行っている方なのだろう。text:まるも亜希子 photo:渕本智信  [ahe...

  
543

クリステンセンが貫禄で制した 2013年のル・マン

周年を迎えたル・マン24時間レースは6月22日〜23日、全長13.629㎞のサルトサーキットで行われた。注目はアウディ対トヨタのハイブリッド対決だ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.128 2013年7月号]

  
157

欧州車に限らず国産車も急増! ブレーキダストの原因と対策

洗車してもすぐにホイールを汚すブレーキダスト。欧州車に顕著なこの症状が、最近は国産車にも増えてきました。それにしても、あのやっかいなブレーキダストは、なぜ発生するのか。その正体と確かな対策方法、あなたはご存知ですか?

  
11781

東京エスプリ倶楽部 vol.1 イチャリバチョーデー

「この島にいると頭がおかしくなる」と泡盛の水割りを飲みながら、Kさんは頭をフリフリいった。この夏、石垣島のとある居酒屋でのこと。Kさんは東京の牛肉の老舗卸問屋の常務で、ここ最近、石垣牛の買い付けのために月イチで石垣島方面に通うようになった。text:今尾直樹 [aheadアーカイ...

  
204

東京エスプリ倶楽部 vol.10 ダッチ・オーブン クックオフ

5月13、14日の土日、JDOS(Japan Dutch Oven Society)主催の第40回「クックオフ」に、自転車仲間でもあるSさんに誘われて初めて参加した。ダッチ・オーブンというのは、鋳物製の鉄鍋のことである。text:今尾直樹 [aheadアーカイブス vol.174...

  
216

気づいたら細かいキズ多数…見つけたらどうするべき?

愛車のボディがどうもくすんでいるように見える…雨が降ったり、洗車してすぐはピカピカだけど、乾いてしばらくすると、なぜかシャキっとしていない。そんな感覚は意外と大事なもので、よく見ると、小さいキズが無数に付いていることがあります。では、そんな時はどうすべきでしょうか?

  
15532

車に積もった雪を落とさずに走行。その危険性とは?

本格的なスノーシーズンが間もなく始まり、北海道や北日本、日本海側では降雪しています。また、首都圏でも年に1〜2回はチェーンが必要なくらいの雪が降ります。では、車に雪が積もった場合、落とさずに走行しても問題ないのでしょうか?

  
10499

街で見かける10万円の中古車…あのタマ、買っても大丈夫?

中古車と言ってもピンキリですが、なかには10万円、あるいはそれ以下の中古車が、街中や街道沿いの中古車屋さんの店頭に並んでいることがあります。売り物であるからには使えるのは確かですが、安いからには理由があるはず。そんな車を買っても大丈夫なのでしょうか?

  
13680

なぜチタンマフラーを選ぶのか?マフラーの種類とその効果とは?

マフラーに使われる素材には、スチール、ステンレス、チタンなどがあります。標準で装着されているものの多くはスチールですが、スポーツカーや高性能車ではステンレスやチタンが採用されていることもあります。ステンレス製はスポーツマフラーの素材として、昔から人気がありますが、近年はチタンの人...

  
24609
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives