「サスペンション」の検索結果(373件)

記事

"盗まれやすい車"!? ハイエースはなぜカスタムベースとして人気なのか?

一般社団法人 日本損害保険協会が行った調査によると、2016年盗難件数ワースト1位がプリウス、2位にはハイエースがランクインしました。そんな不名誉なランキングに入るハイエースですが、その人気はとどまるところを知りません。働く車としても、またカスタムのベース車両としても人気です。そ...

  
13

SEMA2017で見つけた!びっくり!すごい!日本車一挙紹介

2017年10月31日から開催されたSEMAショー2017にて、今年もたくさんの日本車カスタムカーが出展されました。その中から選りすぐりのカスタムカーをご紹介しましょう!

  
16234

アルトワークス チューニング最新事情。HKSが満を持してリリースしたECU マフラー 車高調 徹底解...

チューニング界の巨人、HKSのアイテムと聞くと、ベテランのクルマ好きは極端にエッジの立ったキャラクターをイメージするかもしれません。ですが、いまや最新モデル用については比較的手軽に「愛車イジリ」が愉しめるメニューも充実しています。例えば、スポーツ派軽ユーザー注目のアルトワークス/...

  
7164

ランクル100とシグナス(レクサスLX470)は、なにが違ったのか?

トヨタ ランドクルーザーが初めて登場したのは1954年6月のこと。60年以上生産されているロングライフモデルです。その長い歴史のなかには、いくつもの車系と何台かの兄弟車が存在します。ここでは、100系ランクルとそれをベースに開発されたランクル シグナス(レクサスLX470)を比べ...

  
13106

新車当時、日陰者だったF31レパードが人気。その理由とは?

F31レパードは、現在でこそ人気車種のひとつですが、新車当時はトヨタ ソアラの陰に隠れ、販売は伸び悩みました。ソアラという存在が大きすぎたこともありますが、当時の日本人には少し地味に映った面もあるかもしれません。そんなレパードが、どうやって現在の人気を得ていったのでしょうか?探っ...

  
17218

なぜハイエースは中古車でもあまり値落ちしないのか?

日本を代表するワンボックス、トヨタのハイエースは世界中で人気のクルマです。そのため中古車市場でも、常に高値で販売されています。その人気の秘密はどんなところにあるのでしょうか?

  
7919

なぜ昔のスポーツカーはタイヤとフェンダーの隙間が大きかったのか?

現代のスポーツカーは車高の低さが自慢です。フェンダーとタイヤの隙間も一般的な車と比べると狭くしており、それだけでどことなくスポーティな印象です。しかし、昔のスポーツカーはそこまでタイヤとフェンダーの隙間が小さくなかったのだとか…。現代の車と異なるセオリーがあったのでしょうか?

  
17263

冬は要注意!なぜ猫はエンジンルームに入るのか?入ってしまった際の対処法は?

猫たちは、暖かくて暗いところを非常に好みます。ボンネット上で猫が寝ている…なんて光景を目にしたこともあるでしょう。また車の下で丸くなっている猫もよく見かけますが、子猫などはエンジンルームにも入り込んでしまうこともあります。その際の対処法は?

  
5688

走行中にタイヤが変なことになっている…走行中にタイヤが外れかかった際の対処法

走行中、タイヤ(ホイール)が外れかかった際、その対処法は当然「すみやかに車を止めること」です。では、外れかかったタイヤを見た時はどうすればよいのでしょうか?今回は、タイヤが外れる理由なども合わせて考えてみましょう。

  
9581

ホイールをカッコよくしよう!意外と簡単にできるホイールカカバー交換のメリット・デメリットと交換方法

ホイールカバーをご存知ですか?自動車のタイヤに組み込まれるホイールには、おもにアルミとスチールがあります。ホイールカバーはおもに、スチールホイールに使用されるものですが、その役割や取付け方を紹介します。

  
7858

モノコックボディとラダーフレーム、どちらがSUV向きなのか?

もはやスタンダードになりつつあるカテゴリー「SUV」。そのSUVの車体と見てみると、2つの構造があることに気づきます。なぜ、同じカテゴリーでも異なるボディ構造があるのでしょうか?

  
17837

故障したまま走るのは違反?どこまでの故障なら走っても許されるの?

自動車に故障はあってはならないもの。エンジンやブレーキといった重要部品じゃない場合、多少の故障ならいいのでは?と考える方もいるでしょうが、故障の程度によっては、走る凶器にもなり得ます。はたして故障は、どの程度までが法律に触れないのでしょう?

  
10998

【全文書き起こし】EVや自動運転など関係ない!? ルノー、スポーツモデルのみを出展!東京モーターショ...

2017年10月25日、東京モーターショー2017にて、ルノーはプレスカンファレンスを開催。ルノー・ジャポン代表取締役社長 大極司氏は、今話題のEVや自動運転の話には触れず、F1参戦40周年を記念して、新型メガーヌGTや今回日本初公開となったメガーヌRSなどスポーツモデルのみを出...

  
3269

【全文書き起こし】自動運転で一日25時間に!? アウディ、エレーヌや新型A8を日本初出展!

2017年10月25日、東京モーターショー2017にて、アウディはプレスカンファレンスを開催。自動運転レベル4のEVコンセプトモデル「エレーヌ」や新型A8を日本初出展しました。Photo:S.Kamimura

  
3186

あまり知られていない「ブッシュ交換」…その効果とは?

ブッシュ交換といわれて、ピンと来る人は少ないかもしれません。どこに使われているパーツかご存知ですか?車のメンテナンスでも影に隠れがちですが、ブッシュ交換を行うとどのような効果があるのでしょうか?

  
13661

片側だけサスペンションの交換…これって問題ない?

車の乗り心地に大きく影響するサスペンション。もちろん経年劣化や破損によって、交換が必要になる場合があります。この交換の際、壊れたひとつだけを交換しても、問題ないのでしょうか?

  
3544

ベントレー コンチネンタルGTの維持費は?

ベントレー コンチネンタルGTは、イギリス生まれの高級クーペで、伝統の丸目4灯とラジエターマトリックスグリルには、英国紳士の香りが漂います。もし所有したら毎年いくらの維持費がかかるのでしょうか。圧巻の6.0L W12ツインターボ搭載の現行モデルでシミュレーションしてみます。

  
8430

林道を本格的に楽しめる国産SUV車5選

オフロード派の“聖地”といえば、山中を巡っている未舗装林道です。本来は林業のための道ですが、山間部を抜ける生活道路として一部開放されているルートもあります。今回は、そんな林道を走るのに向いているSUVを紹介していきましょう。

  
14428

ランクルよりも巨大。北米トヨタのセコイアってどんな車?燃費や維持費は?

北米で販売されているトヨタ セコイア(Sequoia)は、ランドクルーザー200(以下 ランクル200)以上の巨体を誇るフルサイズSUVです。ライバルは、シボレー サーバーバンやフォード エクスペディションといったモデルで、オンロード走行が得意なクロスオーバーSUVとなっています...

  
22971

車のローダウンによるタイヤへの影響は?内側が減りやすい?

カスタムメニューの定番として、ローダウンがあります。このローダウンは、見映えだけでなく走行性能にも大きな変化を与えますが、タイヤの編摩耗・過剰摩耗が発生する可能性もあります。それはなぜでしょうか?

  
4184