「サイドブレーキ」の検索結果(65件)

記事

トヨタ86 KOUKI インパネ・内装画像レビュー【改良が施された装備とは?】

トヨタのFRスポーツカー86(ハチロク)KOUKI。メーターにマルチインフォメーションディスプレイが搭載されるなど内装・インテリアのデザインが確実に良くなった86(ハチロク)ですが、インパネ部分にも様々な変更が・・・。メーターやシートと同様に、このインパネ部分も先代モデルよりも格...

  
2258

トヨタ86KOUKIの収納スペースは何がある?後期モデルの使い勝手を確認

トヨタとスバルの共同開発で生まれたスポーツカー86(ハチロク)が2016年7月にビッグマイナーチェンジ。トヨタ86(ハチロク)の後期モデルを見に行ってきたのですが、大満足。先代モデルは価格の割りに内装が安っぽいなと感じたのですが、この後期モデルではこの欠点を克服。内装・インテリア...

  
2478

日産ノートe-POWERのインパネ【運転席まわりの装備を徹底解説】

モーターのチカラで走るハイブリッド車日産ノートe-POWER(イーパワー)が2016年11月に発売されましたね。私も早速このモデルの試乗に行って来たのですが、アクセルをグッと踏み込んだ時の加速感やトルクフルな走りはハイブリッド車というよりも電気自動車に近い感じ。また、静寂性に関し...

  
5640

ヴィッツの内装画像レビュー【ハイブリッド車とガソリン車の違いは?】

2017年1月、ネッツトヨタの人気コンパクトカーヴィッツ(Vitz)がマイナーチェンジを行いました。今回のマイナーチェンジでは1500ccエンジン+モーターを搭載したハイブリッド車を追加しただけではなく、外装・エクステリアのデザインも改良。よりスタイリッシュで迫力のあるデザインに...

  
4854

【デザイン&機能を徹底解説】ヴィッツ2017のインパネ画像レビュー

ヴィッツの2017年モデルからはハイブリッド車が発売されただけではなく、外装・内装のデザインも変更さました。その中で特にデザインが良くなったと思ったのが、インパネ。私も先日このクルマを実際に見てきたのですが、よりスタイリッシュで洗練されたデザインになっているように感じました。また...

  
1621

プリウスPHVのインパネ画像レビュー【先進的な機能&デザインを徹底解説】

家庭用のコンセントから充電する事ができるプラグインハイブリッド車、プリウスPHV(Prius PHV)がトヨタから発売されましたね。今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)のEV走行の距離が60km以上になるなど先代モデルと比較して走行性能が格段に良くなった事が話題にな...

  
9769

【やっぱり少ない!?】新型スイフトの収納スペース&小物入れ画像レビュー

スズキの普通乗用車のフラッグシップモデルの新型スイフト(SWIFT)が2017年1月、フルモデルチェンジをして新発売されましたね。フロントマスクのデザインなど外装・エクステリアを一新した新型モデルですが、内装・インテリアのデザインも大幅に変更。先代モデルと同様にシンプルながらもス...

  
4030

【新型モデルに施された工夫とは?】新型スイフトのインパネ画像レビュー

2017年1月、日本をはじめ世界中で人気のスズキのフラッグシップモデル新型スイフト(SWIFT)が、フルモデルチェンジをして新発売されましたね。今回フルモデルチェンジをして4代目となったこの新型モデルでは、3ドアのハッチバック風のデザインになった事など外装・エクステリアが注目を集...

  
25814

新型スイフトのメリット【競合車よりも良いと思った3つの機能とは?】

当初の予定よりも若干遅れましたが、2017年1月にスズキの人気コンパクトカーの新型スイフト(SWIFT)がフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。先日、このクルマを試乗してきたのですが、この4代目モデルも走りに定評があるスイフトらしい乗り心地になっていました。また、そんな新...

  
10002

CX-3と比較して、新型XVが劣っていると思ったデメリット&欠点とは?

2016年10月に販売を開始したインプレッサをベースにしたクロスオーバーSUVのスバルの新型XVが、2017年5月、フルモデルチェンジを行いましたね。先日、このクルマを見に行ってきたのですが、後部座席の居住性やゴルフバックが3個積める荷室・ラゲッジスペースの広さなど、競合車・ライ...

  
4837

インパネもシートも質感がアップ!?新型XVと先代の内装の違い比較

2017年5月、タウンユースからオフロードまで対応できる範囲の広さが魅力のスバルのクロス-オーバーSUVの新型XVがフルモデルチェンジを行いました。今回新発売された新型モデルも先代モデルと同様に都会的でスタイリッシュさをコンセプトにしたデザインに…。ただ、先代モデルよりもSUVテ...

  
14250

先代と大きく変わった!?スバル新型XVのセンターコンソール画像レビュー

街中でも映えるスタイリッシュなデザインが人気のスバルのクロスオーバーSUVの新型XVが、2017年5月にフルモデルチェンジを行います。先日、この新型モデルの展示車を早速見に行ってきたのですが、デザイン性・機能性とも格段にアップ!X-MODEを装備するなど、SUVとしてワンランク上...

  
29714

日産ノートe-POWERニスモの内装画像レビュー【インパネのデザインが全然違う?】

日産の人気コンパクトカー"ノートe-POWER(NOTE e-POWER)"に専用の装備を施して足回りを強化したNISMO(NISMO)が、2016年12月に新発売されましたね。今回新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO...

  
1832

【コンパクトだけど荷物は詰め込める?】スズキエスクード1.4ターボの荷室&収納画像レビュー

SUVといえば悪路走行だけでなく、アウトドアユースにも向いているモデルですね。アウトドアユースといえばキャンプも考えられます。では、キャンプ道具など含めて荷物が積みやすいのか、また小物などの収納が充実しているのかどうかなど説明していきたいと思います。2018/2/27

  
33031

忘れられないこの1台 vol.59 トヨタ スターレット(KP61)

時は平成元年。静岡県長泉町の旧街道沿い。プレハブ事務所の古びた中古車屋で「ヤツ」に出会う。道路に面した展示場所には本命のAE86レビン&トレノが3台並んでた。当時走り屋御用達といえば、トヨタ「ハチロク」。免許取りたての私にとっても憧れのクルマ。でも私が目をつけたのは、ハチロクのせ...

  
2865

車の冬眠、ガソリンやオイルなど、どうメンテナンスしておけばいい?

なにかしらの理由で、しばらく愛車を動かすことができないとき、どうやって長期保管=冬眠させれば良いのでしょうか?冬眠前の準備を怠ると、いざ乗ろうとしたときに、愛車のコンディションが悪くなっていることが予想されます。そこで今回は、冬眠させる前にやっておきたい事前のメンテナンスについて...

  
5748

市街地で差が出る!? 運転が難しい車の特徴5つ

特定のクルマについて「運転が難しい」という表現を使うことがある。多くのケースでは、シビアな運転特性でスポーツ走行させるにはスキルが必要という意味合いで使われているという印象もあるが、本当に気にすべき「運転の難しさ」は違うところにあるのではないだろうか。ここでは、市街地走行で感じる...

  
51485

フランス車とは何か?

よくインプレ記事や店頭の売り文句で、「スペック以上に走るのがフランス車」などといわれるが、じつはホメになっていないし、そもそもスペック至上主義に絡めとられていることに、気づいていないと思う。text:南陽一浩 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
7188

サイドブレーキを引いた時の、ギッという音の正体とは?

最近は電動パーキングブレーキ(EPB)の普及によって、その数を減らしつつある機械式パーキングブレーキ。手引き式サイドブレーキのレバーをぐいっと引きあげたり、足踏み式パーキングブレーキを踏みこんだとき、「ギッ」とか、「カチカチッ」という音がしますよね。なぜこのような音がするのでしょ...

  
10244

ついやってしまいがち!? 愛車の寿命を縮めてしまうNG行為 Part.2

その昔、車の寿命は10年10万kmが1つの目安とされていましたが、現代の車は技術の進歩により、耐用年数が延びています。しかし、普段の運転の癖や何気ない操作方法、メンテナンスの仕方によっては、車の寿命を縮めてしまうこともあるのです。 今回は、ついやってしまいがちな愛車にダメージを与...

  
12701
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives