「コーナー」の検索結果(101件)

記事

スーパースポーツ専用タイヤ クムホ ECSTA PS91。モータージャーナリスト、斎藤 聡氏の評価は...

先日、CarMe編集部によるアイドラーズゲームの潜入取材でその実力が証明されたクムホタイヤのECSTAシリーズ。しかしながら、まだまだブランドに対する偏見がマーケットにはあります。そこで私たちCarMe編集部ではクムホタイヤのトップレンジに位置するECSTA(エクスタ)シリーズの...

  
940

SUVの枠を超え、変貌を遂げるDAMDのマツダCX-3

スポーティなドレスアップパーツで定評のある「DAMD」が人気小型SUV、マツダCX-3のキットを開発。SUVといえば、オフロードも走れるカテゴリだが、DAMDの提案するCX-3のアピアランスはまさに「ホットハッチ」そのもの。土煙を巻き上げ砂利道を駆けるのではなく、タイヤのスキール...

  
9599

高速道路のSAとPA、実は明確な違いはないって知ってました?

高速道路のサービスエリア(以下SA)とパーキングエリア(以下PA)は、まさにハイウェイのオアシスともいえる場所。近年では、リニューアルが進み、設備が整ったSA/PAもぐんと増えてきました。SAとPA、この二つの違いはどんなところにあるのでしょうか?実は明確な違いはない?という声も...

  
6710

R32 GT-R、スープラなど…2万円程度で乗れるって知ってましたか?

スポーツカーといえば、性能はもちろんユーザー満足度も高くなければなりません。そのため、生産コストがかかり、販売価格も高くなる傾向があります。さらに、古い車の場合だと、性能を維持するためのコストが一般的な乗用車とは比べものになりません。しかし、自分の好きなときに安価で好きな国産スポ...

  
28893

【車の豆知識】車のサスペンションって?どんな仕組みなの?

車のサスペンションと聞いて、あなたはどんなパーツを思い浮かべますか?もしもあなたが、スプリングを思い浮かべてしまったのであれば、それは間違いです。サスペンションは、アームやスプリング、ショックアブソーバーなどすべてを含んだ足回りパーツのことなのです。今回は、そんなサスペンションの...

  
6519

スポーツドライビングの基本!? ヒール&トゥは何のためにするのか?

最近、めっきりその台数が減ってしまったマニュアルトランスミッション(MT)車。ひと昔前までは、免許制度上でもMTでしか免許が取得出来ず、ATの技術がまだ未熟であったため、多くのMT車が巷に溢れていました。その時代には盛んに聞こえた「ヒール&トゥ」。さて、これはいったい何でしょう?

  
22142

三菱RVRで考える、SUVなのに4WDではなく2WDを選ぶ理由とは?

SUVであっても、2WDと4WDの選択ができる車種が増えています。荒れた大地をものともせずに走破できるイメージのSUVなら、4WDというイメージが強いはず。あえて2WDを選ぶメリットは、どこにあるのでしょうか?先日マイナーチェンジを受けた三菱RVRを例に考えてみました。

  
8791

ミシュラン苗場の山中で人間のための性能へ感じ入る。ミシュランX-ICE XI3を徹底試乗【2/3】

ミシュランX-ICE XI3×プリウスでの長距離テストも中盤。雪積もる苗場の山中で、ミシュランの謳う「すべての性能を、妥協しない。」とは何を指すのか?へ感じ入った。

  
4727

エンジンサウンドに注目!シビックタイプR、時速270kmで颯爽と走り抜ける

ホンダを代表するモデルの一つ、シビック。近年はタイプRが大いに存在感をアピールしていますが、そのシビックの走りを思う存分楽しめる動画を発見しました!

  
7940

昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?

80年代から2000年代初頭あたりまでは所謂「走り屋」という人々を見かける事ができました。そこから着想を得たのが「頭文字D」であるのは言うまでもないわけですが、2016年現在、そのような峠でのドリフトや街道レーサーまがいの事を行う人種は減っています。これはなぜでしょうか。

  
23045

クロスオーバーSUV対決!日産 ムラーノとトヨタ ハリアー、レクサスNX、買うならどれ?

日本メーカーが販売するラグジュアリーSUVのハリアーとムラーノ。ハリアーは90年代後半から続く日産の人気モデル。一方トヨタのムラーノは2015年に日本での販売は終了してしまいましたが、中古市場では依然として人気があります。あなたは購入するならどちらのモデルを選びますか?

  
10615

X5M、X6M、SUVのMの歴史と魅力

世界的にブームのSUVですが、セダンやクーペ、オープンボディを中心にラインナップする硬派な「M」モデルにあって、やや異質ともいえるのがX5MとX6Mです。MモデルにSUV(BMW流にはSAV)が加わるとは、正直意外な気もしますね。ただ、一度でも通常のX5やX6を運転してみれば、納...

  
3921

熟成のM5、M6

究極の快適な大型サルーンでありながら、究極の高性能レーシングセダン。そんな二面性を持つクルマといえば、M5しかありません。最近のセダンはみな高性能ですが、M5はまさに次元の違う1台なのです。

  
2970

高いだけの理由がある、Mの装備

「M」シリーズを代表する車種のM3とM4。価格はM3が1104万円、そしてM4のDCTが1126万円です。しかし同じ3.0L直列6気筒を搭載した340iMスポーツが782万円で、440iMスポーツクーペが809万円であることを考えると、300万円以上のアップ。高性能なのはわかりま...

  
10413

あなたはどっち派!? BMW M4 vs LEXUS RCF

日本のプレミアムブランドといえば、レクサス。スポーツ性能の高さを謳うレクサスですが、ベンチマークとしているのはBMWらしいです。そんなレクサスの中でも、最も高性能なクルマに与えられる「F」。同じようなサイズのクーペボディを持つM4とRCFを例に、MとFの違いを比較してみましょう。

  
13264

ミニバンだからこそ補強パーツ!オクヤマ・CARBINGストラットタワーバー

積載性や居住性に秀でているものの、ボディの剛性感という点では一歩劣るミニバン。それまでスポーツカーや、セダンに乗っていた人のなかには、ボディの剛性感に不足を感じてしまうことがあるかもしれません。そこで、注目なのが手軽に装着できるボディ補強パーツなのです。

  
7788

M3クーペからM4へ

3シリーズは現行のF80型から、クーペとカブリオレが4シリーズとして独立しました。それに伴って、従来はM3セダン、M3クーペとされていたMが、F80型からはセダンは従来通りM3、そしてクーペはM4という名前になっています。このM4ですが「要はM3のクーペ版だろ」と思われるでしょう...

  
5673

ノーマルのBMWとMの根本的な違い

BMWのラインナップの中でも、特に高性能なモデルに与えられる「M」。M2、M3、M4、M5……と、現在その数は9車種にもなります。この「M」の称号が与えられるクルマたちですが、いったい通常のBMWとどこがどう違うのでしょうか?

  
25422

Jeepレネゲード を街中でもっと楽しくスポーティに~2WDモデル専用車高調キット登場!

ジープ レネゲードの2WD車には、Jeepのワクワク感を日常で気軽に体験できるイメージがあります。その2WDモデル向けに、ファイブスター東都から街中でよりスポーティに楽しむポテンシャルを持った「fivestartoto Jeepレネゲード用 車高調キット」がリリースされました。

  
7485

フル乗車でも全席快適!TEINの新機構ハイドロ・バンプ・ストッパー搭載ストリート車高調「FLEX A...

ショックアブソーバーのフルバンプを防ぐ装備といえば、これまでウレタンやゴム製のバンプラバーが一般的でした。TEINでは、その代わりとなる油圧式の「ハイドロ・バンプ・ストッパー」を開発!衝撃吸収性に優れフル乗車でも快適なストリート向け車高調「FLEX A」の誕生です。

  
6591