「コーナリング」の検索結果(261件)

記事

インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

標準装備されたタイヤのサイズは、メーカーがその車にもっとも適していると考え選んだものです。しかし、ドレスアップを目的として、メーカー推奨とは違うサイズのタイヤを装着している人もいます。今回は、標準タイヤと違うサイズのものを装着してもいいのか?車検の時や、安全面に問題はないのか?に...

  
3329

【悲報】特別な電子制御が「運転が下手になる」クルマにしてしまう!?

クルマ好きの会話で「運転がうまくなるクルマ」という表現がある。マツダ ロードスターなどは、その筆頭格といえるクルマだが、車両側のバランスが良いためベーシックな運転技術を学びやすいという意味合いで使うことが多い。文・山本晋也

  
3738

【ジョバンニ・ペトロルッティの視点】“ポルシェらしさ”はどこにあるのか

―Sportscar Together。オーストリアのグシュミントで356の第1号車が誕生してから70周年の今年、ポルシェはこんな刺激的な言葉でコミュニケーションを図ってきた。このワードは、なにも911やボクスター&ケイマンだけではなく、カイエンやマカン、パナメーラにまで適応され...

  
343

高速道路で運転が楽しいクルマ3選

クルマで長距離移動をするとき、多くの方が高速道路を利用しますよね。サイバーな雰囲気の夜景や、季節で変わる山あいの眺め、時間ごとに変化する景色など、高速道路ドライブの醍醐味です。それとともに、自動車専用という環境は、運転を楽しむにもうってつけと言えます。ここでは、筆者がこれまでドラ...

  
18091

抜群の操縦安定性!マツダの「SSサスペンション」は何が凄かったのか?

1979年の第2次オイルショックで販売が低迷し、経営危機に陥ったマツダ。そのどん底の状況から立ち直るキッカケとなった5代目ファミリアには、横置きFFという特徴だけではなく、リアに採用された「SSサスペンション」による抜群の操縦安定性がありました。

  
4539

雨漏りとすき間風、チューニングカーで多いトラブル対策

クルマに乗っていて、雨漏りがしてくる!窓を閉めているのにすき間風が吹いてくる!新車ではまずありえないことですが、チューニングカーでは意外とあるものです。対策を確認しておきましょう。

  
2650

2018年上半期、もっとも売れたノート e-POWERの魅力

国産車の販売台数TOP3の常連といえば、トヨタ プリウス、アクア、ホンダ フィットでしたが、その3強を抑え、2016年11月に販売台数の月間No.1に輝いたのが、日産の「ノート e-POWER」です。日産車として約30年振りの快挙であり、その後も2016年下半期、2017年、そし...

  
1333

孤高のラリーカー!? 神格化されるランチア ストラトスとはどんな車?

2018年のジュネーブショーで発表された、新型ストラトス(ストラトス コンセプト)の発売決定のニュースに驚かれた方も多いと思います。わずか25台の限定発売される新型ストラトス。その祖となる本家ストラトスとは、いったいどんなクルマだったのでしょうか?かつてラリーシーンを席巻した伝説...

  
4166

【プロフェッサー武田の試乗記】新型メガーヌR.S、乗り心地とハンドリングの完全両立

いわゆる自動車ジャーナリストを生業としていると、試乗させていただくニューモデルの多くについて、実際にステアリングを握る以前からある程度の予想がつくようにも思い込みがちである。たしかに近年の新型車は概ね出来が良いので、ほぼ事前の予測どおりのインプレッションとなることも多いのだが、年...

  
3262

羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

フェラーリやポルシェのような派手な外見は持ち合わせていないけれど、ほんの少しフェンダーが膨らんでいたり、エクステリアやインテリアの意匠がわずかに違っていたりと、ただならぬオーラをまとった特別なセダンやハッチバック。それらは、いつの時代にも存在し「羊の皮をかぶった狼」として、クルマ...

  
15708

ホンダ NSX、2018年秋にマイナーチェンジ予定!どのように変わるの?

ホンダ NSXが、2018年秋に改良版を発表することを予定しています。それにともない、本田技研工業では2018年8月24日より特設サイトで改良版の新型NSXを先行公開しています。これまでのNSXからいったいどのように変わるのでしょうか。

  
3209

3つの新技術がつまった「WINGUARD ice2」をネクセンタイヤが新発売

株式会社ネクセンタイヤジャパンはアイス性能を重視した乗用車用スタッドレスタイヤ「WINGUARD ice2(ウィンガード アイス2)」を2018年9月1日から順次発売することを発表しました。発売サイズは13インチから18インチの計34サイズとなっています。3つの新たな技術が採用さ...

  
19540

バウンドストロークとリバウンドストローク…どちらが重要か?

一般的な乗用車のサスペンションは、上下方向に約10cmずつストローク出来るように、設計されています。このサスペンションストロークは、クルマのポテンシャルを表す重要な指標であり、乗り心地性能に大きな影響を与えます。今回は、このサスペンションストロークの重要性について考えていきます。...

  
3276

昭和50年代にヒットした懐かしのクルマ5選

昭和50年代の日本は、オイルショックの影響を受け、それまでの高度成長期から、経済的に大きな減速をした時代でした。政府は公害対策に乗り出し、人々は暮らしに経済性を求めるようになり、生活のなかにおけるクルマのあり方にも大きな変化が見られました。今回は、そんな昭和50年代に登場して話題...

  
22667

車のルーフについている、サメのひれのような出っ張り。これってなに?

クルマのルーフについている三角形の出っ張り。これは、「シャークフィン」と呼ばれ、直訳すると「サメのひれ」。シャークフィンという名称は、もともとF1で採用された空力アイテムに由来しています。では、このシャークフィンの役割とは何でしょう。文・吉川賢一

  
62857

911カレラSにも採用!ポルシェの「リアアクスル ステアリング」とは?

991型の911GT3と911ターボで先行採用していた「リアアクスル ステアリング」が、2016年型からはNAのスポーティモデル、911カレラSにも採用されることとなり、ポルシェにもジワジワと電子制御デバイスが広がっています。かつて、この分野で先行していた日産が採用を取りやめる中...

  
5343

乗用車が6輪になったら、ハンドリング、乗り心地、燃費などはどうなるの?

トラックやバス、その他の特殊な車両を除き、乗用車は4輪が一般的です。でももし、乗用車のタイヤが6つになったら、どんなことが起きるのでしょうか?ハンドリング、乗り心地、ロードノイズ、居住性、燃費性能などの自動車の性能において、じつは得をすることもあるのでは?文・吉川賢一

  
5452

たかがオートバイされどオートバイ

オートバイに乗る人は不思議だ。クルマと違い、生活に必要なものではなく、背負うリスクも他の趣味に比べて極端に大きい。なのに、オートバイに乗る人は趣味の域を超えてオートバイにのめり込む。オートバイに興味がない人からみると、その価値に意味を見出すことは難しい。「どうして、オートバイなん...

  
417

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.39 望まれたトラックへの装着

エアバッグ、ABS、ESC(横滑り防止装置)に次ぐ第4の安全装置として注目を集めているのが衝突被害軽減ブレーキシステムだ。センサーで前方の障害物を探知し、衝突の危険性が生じたときは自動的にブレーキをかけて衝突を回避する。回避できないときでも、衝突時の速度を下げることで被害の低減を...

  
338

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
313
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives