「コンセプトモデル」の検索結果(121件)

記事

なぜ、RX-8はRX-7直系の後継車ではないと言われたのか?

現在のところ、"最後のロータリーエンジン搭載市販車"となっているのが、マツダ RX-8です。2012年6月に生産終了し、先代のRX-7ともども後継車の目処はまだ立っていません。そもそもRX-8そのものがRX-7の直系では無いと言われますが、その理由はどんなものなの...

  
6027

トム・クルーズ主演の新作映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に新型M5が登場!

2018年8月に公開されるトム・クルーズ主演の映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に、BMWの新型M5が登場します。過去に登場した自動車と合わせて、新型M5を紹介しましょう。

  
3686

現代カーデザイン考

クルマやバイクのデザインは、昔の方が良かったとよく言われるが、今のデザインは以前より本当に劣っているのだろうか。厳しくなった安全基準や環境規制がクルマのデザインの自由度を奪っていると聞く。またマーケティングやブランディング、さらに過去のデザインの呪縛も、新たなカタチを生み出す上で...

  
625

野生であれ、紳士であれ

「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」フィリップ・マーロウの台詞の意味が分かりかけてきた。相反するWild=野性とGentle=紳士。タフなだけではない。優雅なだけでもない。人生の折り返し地点を越えた今だからこそ、自らを安らぎ、鼓舞するクルマが求めら...

  
189

コンパクトクロスオーバーの世界戦略車 Renault CAPTUR

ルノーのデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目にあたる「EXPLORE(旅に出る)」をイメージした「キャプチャー」が2月27日より日本でも発売される。今世界中の注目を集めるこの「コンパクトクロスオーバー」はどのようなクルマなのだろうか。text:森口将之 photo...

  
74

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? 小沢コージvs神尾成

インターネットの普及によって、どこにいようと何時であろうと必要な情報を取り出せるようなった。また、メールやSNSの発達によって、どこにいても、即座に人とつながれるようにもなった。誰もが時間や距離を飛び越えられるので今までよりも選択の自由度が増え、様々な生き方を実現しやすい。しかし...

  
286

コンセプトカーとデザインが違いすぎたクルマ5選

モーターショーなどでお披露目されたコンセプトカーのときは格好良かったのに、市販化されたときには、デザインが大幅に変わって、案外普通になっていた、ということはよくあります。今回は、そんなコンセプトカーと違いすぎた市販車を紹介します。文・立花義人

  
25540

人気マーベルヒーロー、アイアンマン!トニー・スタークの愛車たち

2018年4月に日本でも公開された、マーベル映画最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、世界興収MCU(マーベルシネマティックユニバース)史上トップとなり、人気沸騰中です。アベンジャーズといえば、マーベルコミックのスーパーヒーローたちが集結するマーベルシリーズのひとつ...

  
12857

いまピックアップがアツい!VWから「アトラス タノーク」誕生

2017年夏のメルセデス Xクラスの発表。そして同年秋の、トヨタ ハイラックスの国内市場復活など、このところなにかと話題の多いピックアップトラック市場に、VWがコンセプトモデル「アトラス タノーク」を発表しました。フルサイズのピックアップは、VW初。どんな車に仕上がっているのでし...

  
3523

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.38 世界で闘うための変革

日本の自動車産業が変わろうとしている。しかも興味深いことに、トヨタと日産というリーディングカンパニーが変革の先頭を走っているのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9月号]

  
296

忘れられないこの1台 vol.69 KTM 125 DUKE

KTMのDUKE(デューク)シリーズは、オフロードバイクメーカーとして名高いKTMが考えるロードモデルとして登場した。モタードとネイキッドを融合したようなスタイルは、軽快なハンドリングでライディングの自由度が高い。本文に登場する125ccをはじめ、200cc・390ccと、基本的...

  
1516

現代のスーパーカー④LEXUS LFA 量産メーカーの情熱と意地

「トヨタのクルマ」と聞いて、どんなイメージが浮かぶだろう? よくできてる。割安。壊れない。ソツがない。クセがない。つまらない。肯定的なモノもそうじゃないモノも含めて、そんなところだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.114 2012年5月号]

  
173

なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

2007年10月の第40回東京モーターショーで正式に発表され、同年12月に、国内販売が開始された日産 GT-R。発売から10年を経ていますが、いまだに進化を続け、日本はもちろん、世界中多くの車好きを魅了し続けています。海外では「GODZZILA(ゴジラ)」の愛称で呼ばれるGT-R...

  
19900

迷ったらカムリ!? アメリカで年間40万台も売れるほど人気な理由

昨年、モデルチェンジを行って話題を呼んだトヨタ カムリ。じつは、日本よりも海外で評価が高いモデルです。特に北米では定番の車で、どのトヨタ車よりも売れ続けているという実績があります。なぜ、そんなに人気があるのでしょうか?今回はその秘密を追ってみました。

  
4656

新型スープラがBMW(Z4)と共同開発をする理由

スポーツカーファンの心を鷲掴みしてきたスープラの新型が、2019年初めに復活するという情報が出ました。2018年3月6日、スイスで開幕したジュネーブ国際モーターショーで、トヨタはレーシングカータイプながら新型スープラのコンセプトモデルを発表。この新型スープラは、BMW 新型Z4と...

  
10960

代わりに何か入れて

幣誌の130号で取り上げたBMWのコンセプトモデル、「コンセプト90」が日本に上陸していた。日本最大のカスタムショーである「ホットロッドカスタムショー」に、この話題のマシンをエントリーするためだ。そしてマシンと共に来日した「コンセプト90」の仕掛け人であり、BMW二輪デザイン部門...

  
273

運転席がセンターにある車5選

一般的に販売される車の運転席は、左右どちらか片方に寄っています。これは、乗降時の利便性を優先した結果。しかし、世の中にはコクピットのように運転席が真ん中に鎮座しているモデルもあるのです。今回はそんな珍しいクルマを紹介します。

  
187046

「BMWコンセプト90」のベースは、「R nine T」だった

幣誌の130号で取り上げたBMWのコンセプトモデル、「コンセプト90」が日本に上陸していた。日本最大のカスタムショーである「ホットロッドカスタムショー」に、この話題のマシンをエントリーするためだ。そしてマシンと共に来日した「コンセプト90」の仕掛け人であり、BMW二輪デザイン部門...

  
331

ミドルツイン+ターボという提案 〜SUZUKI Recursion〜

モーターショーの醍醐味のひとつは、多くのコンセプトモデルを一堂に見ることができることだと思う。コンセプトモデルは、メーカーの提案するメッセージがダイレクトに表現されているので、未来の市販車が予想できる。そういう意味で昨年の「東京モーターショー」は見応えがあった。その中でも個人的に...

  
664

フェアレディZが雪道をスイスイ走る!? 日産が公式に改造!

2018年2月は東京都心部にも積雪があり、首都高速をはじめ各所で通行止めや立ち往生が続出。雪道の走行には十分な装備が必要なことを、あらためて思い知らされることになりました。しかし、北米日産が作ったフェアレディZなら、そんな心配は必要ないかもしれません。やっちゃえ日産!

  
8361
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives