「クーペ」の検索結果(599件)

記事

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多くのファンが「E-TYPE」の名を挙げるに違いない。文・武田公実

  
0

【プロフェッサー武田の試乗記】新生E-PACEは"最もカジュアルなジャガー"だ

2017年7月、螺旋状に270度回転しつつジャンプする「バレルロール」で市販車ギネス記録となる15.3mを飛ぶド派手な動画とともに世界初公開されたジャガー初のコンパクトSUV「E-PACE」。ミドルクラスSUV「F-PACE」を大成功させたジャガーが、次なる”PACE”として日本...

  
1263

青を使ってないのに青く見える!? レクサスLCの塗装の秘密

通常、自動車のボディカラーは、青色なら青、赤色なら赤の顔料を主原料にしています。ところが、レクサスLCの限定モデルに採用されたストラクチュアルブルーは、青色の顔料を使わずに鮮やかなブルーを再現しています。どうして青を使わずにブルーのボディカラーが可能になったのでしょうか?そこには...

  
21451

国産車で初めて車名に「GT」をつけた「いすゞ ベレット1600GT」

最近では古い車の価値が高まってプレミア価格が付くなど、近年まれにみる旧車ブームです。そこで今回は旧車を語るには外せない、国産で初めてGTと名乗った「いすゞ ベレット1600GT」を紹介します。

  
13105

各メーカーのフロントグリルの特徴は?

BMWのキドニーグリル、ボルボのアタッチメントバーなど、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。さらに最近では、レクサスのスピンドルグリルやアウディのシングルフレームグリルなど、同じコンセプトのグリルを装着するようになっています。今回は、特徴的なグリ...

  
12678

フロントグリル内側にヘッドライト!? 「プジョー402」とはどんな車?

大胆な流線型のデザインが特徴的なプジョー402は、1935年にデビューしました。オリジナリティあふれるデザインや機能は、80年の時を超えても強い個性を放っています。そんなプジョー402とは、どのような車だったのでしょうか?文・加藤久美子

  
6810

マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

2017年2月、人気のオフロード4WD「Gクラス」のバージョンのひとつとして登場した「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」。G63AMG 6×6を彷彿とさせるスタイリングで巷の話題を呼びました。今回は、このモデルにスポットを当ててみたいと思います。文・山崎友貴

  
11870

なぜ昔はフロントガラスが2分割式だったのか

黎明期の自動車には、フロントガラスがありませんでした。その後、ゴーグルを使用する時代を経て、1900年以降にフロントガラスが採用され始めます。そんな古い時代の車のフロントガラスをみると、上下や左右に2分割されていますが、これはなぜでしょうか?-------------------...

  
5435

新生ベントレーの立役者、コンチネンタルGT

世界を代表する超高級車ブランドとして、ベントレーは欠かすことのできない存在です。1919年の創設以来、ロールスロイスとの合併や分裂、VWグループ傘下への吸収など紆余曲折を経てはいますが、いまもなお世界最高峰のブランドとしての地位を保っています。今回は、そんなベントレーの販売主力モ...

  
1336

デザインモチーフはロケット!? キャデラック エルドラドってどんな車?

古き良きアメ車といえば、やたらと長い前後オーバーハングとリアのテールフィンが印象的でした。そのなかで、キャデラックが初めてデザインしたテールフィンは世界中で大流行し、ラグジュアリーカーのアイコンとなりました。当時のキャデラックで最高クラスだったモデルが、エルドラドです。

  
1887

高級車ブランドが続々とSUV市場に参入する理由

ひと昔前、クルマと言えば、ボンネットとトランクの間にキャビンがあるセダンこそがもっとも典型的なものでしたが、いまではすっかり少なくなりました。その一方で、勢力を伸ばしているのがスポーツ ユーティリティ ビークル(SUV)です。クロスカントリー系と呼ばれる、いわゆる本格的な悪路走破...

  
2529

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.93 キーワードは“余白”

もう半年以上経ったからここで紹介してもいいだろう。昨年の夏、ある雑誌の取材でカーデザイナーの和田 智さんと対談をした。日産自動車を経てアウディに移籍し、先代A5をはじめとする数々の名車を世に送り出した。現在は独立しフリーのカーデザイナーとして活躍している。text:岡崎五朗 [a...

  
498

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.59 芸能人の交通事故

先日、タレントのつちやかおりさんが交通事故を起こしたというニュースが新聞、テレビ、webで盛んに報じられた。どうやら一時停止を無視した自転車が横から突っ込んできたようだ。多くの事故はドライバーの注意とテクニックで防げるが、なかには今回のように防ぎようのないケースもあるわけで、彼女...

  
673

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.56 奥深いタイヤの溝

2度にわたる2月の大雪は、首都圏に住む人にもスタッドレスタイヤの重要性を印象づけた。僕も、次の冬は自分のクルマにスタッドレスタイヤを履かせることに決めた。新商品が出揃う夏になったら商品選びを始めるつもりだ。しかしスタッドレスのことを考える前に、もっと大切なことがある。夏に向け、次...

  
346

名車・三菱GTOの弟分?「FTO」を覚えていますか?

1994年にデビューした三菱 FTOを覚えていますか?当時のミラージュのコンポーネントを使用したFF2ドアノッチバックのスペシャリティカーで、国産では初めてマニュアル操作可能なATを備えていたモデルとしても知られています。しかし2000年に生産が終了。後継モデルがデビューすること...

  
4815

小沢コージのものくろメッセ その4 女性自動車ジャーナリストの功罪

前回の続きにはなるが、最近の女性自動車ジャーナリストの増加。それはクルマの本質的求心力低下の裏返しに他ならないと思う。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
24

埋もれちゃいけない名車たち VOL.23 70年代の存在感。スポーツカー感覚の“サニトラ”「日産サニ...

時代はいつも、動いてる。目に見えなくても、絶えず変化を続けている。そんな中にあって、頑として変わることを拒み続けるものもあれば、時代を読んで器用に変貌を繰り返すものもあり、また時代が変わっちゃったから仕方なく後追いで調子を合わせてるようなものもある。長く在り続けられるのは、どれだ...

  
1589

あり?なし?左右非対称なデザインの車

シンメトリーなものに対して美しさを見出す感覚は、古くから人間のなかにありました。とくにシンメトリーに内包される安定感や安心感は、車のデザインにおいて、かなり重要な要素となっているはずです。ところが、世のなかにはあえて左右非対称デザインとした車があります。今回は、そんな車を集めてみ...

  
4897

トランクにゴルフバッグが積めるオープンカー5選

爽やかな春、到来です。オープンカーを所有している方なら、ゴルフ場までの往復のドライブは屋根を開けたいものですね。では、オープン状態でもトランクにゴルフバッグが収納できるオープンカーとは、どんな車種があるのでしょう。

  
3339

いまピックアップがアツい!VWから「アトラス タノーク」誕生

2017年夏のメルセデス Xクラスの発表。そして同年秋の、トヨタ ハイラックスの国内市場復活など、このところなにかと話題の多いピックアップトラック市場に、VWがコンセプトモデル「アトラス タノーク」を発表しました。フルサイズのピックアップは、VW初。どんな車に仕上がっているのでし...

  
2624
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives