「クラシックミニ」の検索結果(17件)

記事

SPECIAL ISSUE ハードボイルドでいこう

自由に見えて不自由な時代である。自分の発言や行動を縛るものは何もないように見えて、その実、“空気を読み”ながら発言し、行動していたりする。時代がどうであれ、他人になんと思われようとも、そしてそれを周囲に大声で主張する必要はないけれど、自分が本当に大事なものは守りたい。クルマやバイ...

  
730

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.108 白と黒のボディカラーが55%

モータージャーナリストの大先輩である故徳大寺有恒さんはクルマの色にとてもこだわる人だった。僕が「クルマ買い換えたんですよ」と話しかけると、まず最初に「で、色は何にしたの?」と聞かれたし、ご自分のクルマについても「今度○色の××を買ったんだよ」という説明のしかたをされた。徳大寺さん...

  
1654

子供が乗ってます、番組名、旧車ロゴ…貼っているとカッコいいステッカーは何なのか?

クルマのドレスアップアイテムとして、もっとも手っ取り早くポピュラーな"ステッカーシール"。カー用品店に行けば、レーシーなものからファニーなものまで、じつに幅広く揃っています。それだけにステッカーを見れば、クルマのオーナーの趣味や嗜好が垣間見えることも…要は、オーナ...

  
6825

平成の名車といえばこれだ!5選 ー輸入車編

19世紀末に内燃機関が世に登場してから100年あまり。その間にあらゆる自動車が生産されてきました。そして時代を超えて語り継がれる“名車”もまた星の数ほど生み出されてきました。そのなかから、平成生まれのエポックメイクだった輸入車をピックアップしてみました。文・西山昭智

  
15733

女性から見た欧州車

多くの女性は、いつまでも美しくあろうと、日々、自らをメンテナンスして、自分には何が似合うだろう? とメイクやファッションにも気を遣う。でも実はクルマだって洋服と同じくらい、いやそれ以上に、その人を表現する重要なアイテムになる。text:吉田由美、藤島知子、今井優杏、竹岡 圭 [a...

  
11801

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
3578

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.72 車内放置の厳罰化

毎年毎年、この季節になると、炎天下の車内に放置された子供が熱中症で死亡する痛ましい事故が起こる。たいていはパチンコ屋の駐車場だが、スーパーやファミレスの駐車場でも起きている。事件の度にテレビや新聞で報道されるのに、なぜかこの種の事故は後を絶たない。汚い言葉を使って申し訳ないが、言...

  
1333

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
1637

クラシック ミニ(mimi)が中古でも愛される理由

人生に彩りを与えてくれるものの一つにクルマがあります。ただし、すべての車が”彩り”になれるわけではありません。大切なポイントは「デザイン」。デザインといっても見た目のことだけではなく、その車の開発背景や目的、設計思想、また開発陣の志、そしてそれらの具現化度合いなども含みます。当初...

  
5403

ビートルとミニは長い歴史でどう変わった?

20世紀の自動車のアイコンであり、現代もDNAが受け継がれているVWビートルとミニ。すでに半世紀以上続いてる両ブランドは、長い歴史の中で着実に進化を遂げています。今回は、両モデルの足跡を辿ってみました。

  
13818

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.75 VW不正事件とジャーナリストの務め

VWにとって未曾有のスキャンダルになったディーゼル車の排ガス問題。事の発端となった米国に加え欧州でも不正が発覚するなど、ことはVWの経営、ひいてはメイドインジャーマニーの信頼失墜にまで及びつつある。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.155 2015年10月号]

  
1772

デイヴィッド・ブラウン・ミニ 洗練は模倣を超えられるのか

アストン・マーティン中興の祖、またはトラクターメーカーの主として有名な故人と同名の彼は、2014年に古の銘車を模した「スピードバックGT」をリリースし、表舞台に姿を現した。どこから見ても軽くモディファイしたクラシックミニにしか見えない「ミニ・リマスタード」は、今年デイビッド・ブラ...

  
4522

標準で10インチ!? 小さいタイヤを装着する車4選

最近はコンパクトカーやミニバンであっても、17や18インチといったホイールを履いていることが珍しくありません。なかには大径ホイールを装着している車も見受けられます。しかし、昔の車を見てみると、ホイールはかなり小さかったことに気付かされます。そんななかでも、小さかったのが10インチ...

  
77057

オールドミニとニューミニでは何が変わったの?

ミニは、1959年にイギリスのBMCの技術者アレック・イシゴニスによってつくられた大衆車です。車として最小限の機能を形にした設計は当時高く評価され、現在に至るまで多くの人に愛されています。今となっては、コンパクトカーの前提である横置きエンジンは、珍しくありませんが、ミニに採用され...

  
18441

BMWやベンツのドアは重い?ドイツ車のドアが重い理由とは?

世界的に注目度の高いドイツ車ですが、一度でも乗ったことがある方は、ドアの重さが日本車とだいぶ違うことに気づいたのではないでしょうか。今回は「ドア」の視点でドイツ車をご紹介します。

  
114079

本当にイタリア車は壊れやすいのか?よくあるダッシュボード等のベタつき対策は?

フェラーリ、ランボルギーニ、アルファロメオ、フィアットなどイタリア車といえば、クルマ好きにとっては、特別なもの。そんなイタリア車は壊れやすいといった噂をよく聞きますが、都市伝説?本当の話?簡単に検証していきましょう。

  
30429

なぜ輸入車のウインカーレバーは、左側についているのか?

右ハンドルの輸入車に乗ったことがある方は、何度か失敗したことがあるでしょう。"ウインカーを出そうとして、ワイパーが動く"、なぜ日本に入ってくる輸入車のウインカーレバーは、ハンドルの左側についているのでしょうか。簡単に説明していきましょう。

  
190910
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives