「クラウン」の検索結果(242件)

記事

最近見かけなくなったマフラー横から垂れている"ヒモ"。これってなに?どんな効果があるの?

最近見かけなくなったマフラー横から垂れているヒモ。マフラーアーシングと呼ばれるグッズだが、何のためのアイテムなのか、どんな効果があるのか疑問に思った人もいるだろう。カーアイテムには、いわゆる「オカルトグッズ」というジャンル!? がある。文・塚田勝弘

  
38878

30年も遅れていた!? なぜ日本車のドアミラーの採用は海外に比べて遅かったのか

現在では、当たり前のように付いているドアミラーですが、日本車が採用したのは1983年のこと。ところがアメリカでは、それより30年も前から採用されていたのを知っていますか?ドアミラーの採用が、なぜ海外に遅れをとってしまったのでしょうか。文・吉川賢一

  
3701

マークⅡからマークXへ。マークXは今後どうなるのか?

マークXは、マークⅡの後継車種として2004年に登場。2009年に2代目となり、2014年にはフェイスリフトを受けました。日本国内では数少なくなったFRのスポーツセダンであるマークXの歴史を振り返ってみます。文・CarMe編集部

  
2743

7年の長寿モデル。プリウスαって、プリウスとどう違うの?

プリウスの兄弟モデルとして登場したプリウスαは、2018年現在、登場から7年を迎えました。回転の早いトヨタ車の中では長寿モデルとなったプリウスαですが、プリウスと何が違うのでしょうか?文・赤井福

  
17005

二重課税を解決か!? 自動車新税「環境性能割」とは?

クルマには、さまざまなかたちで税金が課せられています。そのため見方によっては、二重三重の課税となり、ことあるごとに問題となってきました。特に取得時には、自動車取得税と消費税が発生し、二重課税と言われてきました。その問題を解消するという目的で、消費税10%の引き上げと同時に検討され...

  
953

22年ぶりに誕生したタクシー専用車〜JAPAN TAXI

「タクシー専用車、ジャパン タクシーの出発式が行われた」 そんなニュースを耳にしてはいたものの、このニュースのどこがそんなにエポックなのか、今ひとつぴんと来てはいなかった。ところがそのニュースを聞いてすぐ、偶然にも出先で拾ったタクシーがジャパン タクシーだったのだ。これも何かの縁...

  
76

伝説のジャパニーズ・スーパーカーと言えば?

伝説の日本製スーパーカーと言われて、皆さんはなにを思い浮かるでしょうか?さまざまあると思いますが、私はトヨタ 2000GTを一番に挙げます。存在感、デザイン、突き抜けた価格、性能、開発ヒストリー、人気、希少性、そのどれをとってもまさに日本を代表するスーパーカーと言えるのではないで...

  
3517

クラウン、ハリアー、カローラなど…なぜトヨタは車種別にエンブレムを変えているの?

トヨタが現在のCI(コーポレートアイデンティティ)を採用したのは、1989年のこと。Tをモチーフとした3つの楕円で形成されたエンブレムを見たことのない人はいないでしょう。このように誰でも知っているCIを持ちながら、クラウン、ハリアー、カローラなどには、独自のフロントエンブレムが付...

  
2308

いよいよ新年号!平成元年に誕生した名車5選

「平成」の元号が終わるまであともう少しです。この30年余りの間に、クルマは大きく変革し、さまざまな名車が誕生しました。今回は、平成の始まりと同時に誕生した名車たちを紹介していきます。文・赤井福

  
9163

高さ制限1.5メートル!? 東京にある低いトンネル4選

東京にある高さが低いトンネルといえば、品川の高輪橋架道橋を思い浮かべる人が多いでしょう。その高さ制限は、わずか1.5メートル。タクシーの屋根に付けられた行灯(提灯)が、トンネルの天井にかすりそうな低さです。この他にも、東京には通称”提灯殺し”と呼ばれるトンネルが存在します。今回は...

  
3514

トヨペット コロナが初採用!大流行したハードトップは、なぜ消滅した?

1965年にトヨペット コロナが、日本車として初のハードトップボディを採用しました。その後、ハードトップボディは大流行し、クラウンやセドリックなどの高級車からブルーバードやカローラなどの大衆車まで、広く採用されました。それほど人気を博したハードトップですが、なぜ消滅してしまったの...

  
3589

ソアラ→レクサスSCなど…名前が変わったクルマたち

2018年6月に登場したトヨタのカローラスポーツ。もともと日本ではオーリスという名前で販売されていたハッチバックモデルの後継車種であることをご存知でしょうか。このオーリス→カローラスポーツのように、車名が変更されたクルマはほかにも多く存在します。今回は、名前が変わった車についてみ...

  
3818

名車スカイラインの生みの親は誰か

1957年4月、国内トップクラスのエンジン性能と、頑丈なボディに凝った足まわりを纏った「プリンス・スカイライン」が発表されました。このクルマに大きく携わり、初代から続く長い歴史をもつスカイラインの生みの親とされる人物が「桜井眞一郎」です。今回は、戦後日本の大衆車文化の中で、スカイ...

  
7047

富裕層の象徴!自動車電話が搭載されていたクルマ3選

お笑い芸人、平野ノラさんのネタに欠かせないショルダーホン。バブル時代、ナウなリッチマンのステータスだったショルダーホンは、自動車電話を外して車外でも使えるようにしたもの。当時は、自動車電話がなくてもアンテナだけ装着するドレスアップも流行するほど、あこがれのアイテムでした。そんな自...

  
5619

顧客層の若返りへ!新型トヨタクラウンに乗って感じた魅力

新型クラウンの売れ行きが大変好調です。発売1か月で約30,000台を受注し、月販目標4,500台の約7倍が売れたことになります。トヨタが狙う「顧客層の若返り」が、功を奏したのでしょうか?2.0 RSの試乗から、新型クラウンの魅力を探ります。文/写真・吉川賢一

  
2787

なぜ日本では、スーパーチャージャー車が少ないのか?

昨今、小排気量エンジンに過給機をつけた、高効率・低燃費のダウンサイジングターボが主流となっています。エンジンへの過給システムには、他にスーパーチャージャーがありますが、日本で現在採用されている車種はほとんどありません。なぜなのでしょうか?文・立花義人

  
34411

パトカーと市販車、どんな違いがある?

日々、市民の安全を守る警察官。その警察車両の代表といえばパトカーですが、私たちが普段乗っている市販車との違いはあるのでしょうか?

  
10001

知ってる⁉ 覆面パトカーの見分け方

運転中、できればお世話になりたくない「覆面パトカー」。白黒ならすぐ気づくのに、覆面パトカーは、忍者のように一般車に溶け込んでいて、その存在に気付くと、何も悪いことをしていなくても”ドキッ”としてしまいます。でも特徴を知っていれば、それほど慌てることもないはず。あなたは、一般車両と...

  
10858

初代クラウンってどんなクルマだったの?

15代目となる新型がデビューし話題となっていますが、初代クラウンが誕生したのは1955年と半世紀以上も昔のことでした。量産乗用車として、うぶ声をあげたばかりのクラウンは、いまのような”トヨタを代表する重厚なモデル”というイメージではなく、時代とともに成長してきたという側面を持って...

  
4364

昭和50年代にヒットした懐かしのクルマ5選

昭和50年代の日本は、オイルショックの影響を受け、それまでの高度成長期から、経済的に大きな減速をした時代でした。政府は公害対策に乗り出し、人々は暮らしに経済性を求めるようになり、生活のなかにおけるクルマのあり方にも大きな変化が見られました。今回は、そんな昭和50年代に登場して話題...

  
23130
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives