「クラウン」の検索結果(284件)

記事

ボルボ240の発売当時を知るモータージャーナリスト中村氏の3世代にわたりボルボを乗り続けた原動力…オ...

今、巷では密かにクラシックカーがブームである。それも日常で使えるやつ。その機運は例えばメルセデスはヤングクラシックと称して、20~30年落ちのモデルのリフレッシュプログラムを始めているし、ボルボも同様なサービスをクラシックガレージと銘打って始めている。さらにヨコハマタイヤなどは、...

  
1066

トヨタが一部稼働を開始したテストコースは、日本のニュル⁉️

トヨタ自動車は、愛知県豊田市と岡崎市にまたがる自社のテストコースの一部運用を、4月25日から開始しました。

  
6715

新型プリウスPHV試乗の感想【標準モデルとの乗り心地の違いにビックリ】

現行の4代目プリウスのプラグインハイブリッド車新型プリウスPHV(Prius PHV)が2017年2月に遂に新発売されましたね。この新型プリウスPHVを試乗するために、早速、東京のお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)に行ってきました。標準モデルと異なる先進的なデザインの内外...

  
1595

覆面パトカーなどのナンバープレートは決まっているの?

覆面パトカーの見分け方としては、「採用例の多い車種」、「アンテナや上下2段式のルームミラーが装備されている」、「ヘルメットを被った2人組が前席に乗っている」、「リヤがスモークガラス」などがある。では、ナンバープレートの表記に法則はあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
62759

バブル期の象徴とも言えるシーマ現象とはなんだったのか?

天井知らずの好景気に湧いた、1980年代後半から1991年にかけてのバブル期。不動産は高騰し続けブランド物が飛ぶように売れる狂乱の時代は、自動車の世界にも大きな影響をもたらしました。それを象徴するの“シーマ現象”です。シーマ現象とは、初代 日産「シーマ」(発売当初はセドリックシー...

  
33624

RX-8、S-MX…1代限りで消えてしまった車たち8車種

トヨタ「クラウン」は現行モデルで15代目、日産・スカイラインは13代目と、何十年も続くブランドネームがある一方、1世代限りでひっそりと消えてしまう車名も少なくないもの。しかし、短命だったからといって必ずしも車のデキが悪かったわけではなく、惜しまれながらブランド終了を迎えた車種も…...

  
51542

希少カラー、カスタム……街中で愛車の存在感を際立たせる3つの方法!

誰もがランボルギーニ・ウルスのような圧倒的な存在感を放つスーパーモデルやスーパースポーツカーに乗れれば、あえて際立たせる必要はないだろうが、そうはいかないのが現実。90年代のようなカスタム、ドレスアップ全盛時代が過ぎ去った今、街中で愛車の存在感を際立たせる方法とは?文・塚田勝弘

  
7462

シーマやセンチュリー…300馬力以上を誇るハイパワーな国産車7つ

かつては自主規制により、どんなスポーツカーでも280馬力に抑えられていた国産車も、今では日産「GT-R NISMO」の600馬力を筆頭に、300馬力オーバーの車が続々登場してきました。今回は、2019年4月1日現在で販売されている国産車の中から、あえてスーパーカーを除いた300馬...

  
59676

フルモデルチェンジをした新型カムリの試乗の感想|乗り心地はどうだった?

全世界で愛されているトヨタのミドルクラスセダン車の新型カムリ(CAMRY)が2017年7月にフルモデルチェンジをしました。プリウスやC-HR/CHRなどに採用されている新たなプラットフォーム”TNGA”を採用してスポーティーなデザインに生まれ変わった新型カムリ(CAMRY)のGグ...

  
2782

外装・エクステリアの違いは何がある?トヨタのセダン車新型カムリのXグレードとGグレード比較

クラウンと並んで人気のトヨタのセダン車新型カムリ(CAMRY)が、2017年5月、フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。今回新発売された新型モデルは、Xグレード、Gグレード、Gレザーパッケージの3つのグレードをラインナップしています。そんなトヨタの新型カムリ(CAMRY)...

  
1320

【シートの素材、乗り心地はどう?】トヨタ アルファードHYBRID Xのシートレビュー

トヨタの高級ミニバンであるアルファード、大きいボディサイズですが、室内の広さや乗り心地はどうなのでしょうか?シートの座り心地や、素材、シートデザインも含めて説明していきたいと思います。2018/2/9

  
12860

アルファードHYBRID X 試乗レビュー【ハイブリッドの加速力、静寂性はどう?】

高級ミニバンといっても過言でもない新型アルファード。見た目や装備も高級ですが、走りはどうなのでしょうか?乗り心地やハンドリング、静粛性について、確認してみました。2018/2/15

  
6088

覚えてる?テレビCMが印象的で人気に拍車を掛けたクルマ6選

クルマの売れる売れないはスタイルやクルマの出来も重要だが、テレビCMに代表されるプロモーションというのも決して小さくない要素だろう。そこで、テレビCMが印象的で人気に拍車を掛けたクルマをいくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
4739

開発テーマは「世界基準」!新型クラウン試乗レポート

15代目となる新型クラウンに乗ることができました。初代の登場が1965年なので、50年以上も続く長寿モデルとなります。新型の開発テーマは「世界基準」。「変わるんだ」、そういう開発陣の強い決意が感じられる仕上がりでした。2018/8/7

  
2503

「ボディがデカい」「運転しにくい」…ミニバンへの大きな誤解

ファミリーカーの定番として、大小さまざまな車種が販売されているミニバン。一見すると大柄に見えることから、「運転しにくそう」と敬遠している人もいるのでは? しかし、実際に乗ってみると意外に運転しやすいことがわかります。今回は、そんな“ミニバンへの誤解”を解いていきましょう。文・木谷...

  
5578

60年以上の歴史!クラウンはなぜ今も売れ続けるのか?

2018年は1955年に初代モデルが登場して以来60年以上の伝統を持つトヨタクラウンが、15代目モデルにフルモデルチェンジされた年であった。現行型15代目クラウンも2018年6月の登場以来、4,500台の月間販売目標台数に対し発売から1ヶ月でその約7倍となる約3万台の受注を集め、...

  
26113

埋もれちゃいけない名車たち VOL.13 コスモに見る大人のゆとり「MAZDA COSMO AP/C...

トヨタは86のみ。日産はフェアレディZとスカイライン、そしてGT-R。ホンダはCR-Z。スバルはBRZで、マツダのロードスターも数に入れることにしよう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
2891

軽自動車も!? 流れるウインカーを標準装備している国産車たち

流れるウインカーは、光が連続的に流れるように点滅するため、シーケンシャルウインカーやシーケンシャルフラッシャーなどと呼ばれている。シーケンシャルは「連続的な」という意味。輸入車やダンプカーではお馴染みだったが、2014年10月の「装置型式指定規則」および「道路運送車両の保安基準の...

  
4984

「RB26DETT」や「1LR-GUE」など…平成に誕生した名エンジン6選

平成ももうすぐで終わり…平成が始まったころはバブル絶頂期で、今でも根強いファンを持つ車種が多く誕生しました。そんな日本自動車業界的には「イケイケ」な時代でスタートした平成。約30年間の時代の移り変わりと共に、様々な車種が登場し、そして様々なエンジンが搭載されました。今回はそんな平...

  
25876

レースカバーや木製ビーズクッションなど…最近見かけなくなったシートアクセサリー3選

シートの色や素材は、インテリアの雰囲気を決定づける大事な要素。最近では、レザーとファブリックを組み合わせたものや、ステッチのパターンや色でアクセントをつけたものなど、さまざまなタイプが存在していますが、それでもさらにオリジナリティを求めてレザー調のシートカバーを装着する人もいます...

  
11334
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives