「クムホ」の検索結果(19件)

記事

性能に満足できなければ、タイヤ代は返します。前代未聞のタイヤ保証を実施するメーカーとは?

日本には大手タイヤメーカーが4社もあり、世界でも珍しいマーケットを形成しています。それだけに、国産タイヤへのシンパシーが非常に高い傾向があり、海外製においては、欧州製タイヤは認めつつもそれ以外は・・・と言ったところ。しかし、グローバルな視点でタイヤマーケットを見てみると、多くの日...

  
9895

実用的なスタンダートタイヤ KUMHO ecowing ES31をテスト

CarMe編集部ではこれまで、クムホタイヤの実力を確認するためいくつかのタイヤを評価してきました。いずれのモデルも期待を裏切らない高い性能を見せつけてくれましたが、これはすべてプレミアム系タイヤでの話。真の実力というのはベーシックなモデルを評価してみないとわからないということで、...

  
4287

2018年新登場SUV専用タイヤ KUMHO CRUGEN HP71 は走りもデザインも文句なし?

SUVに装着されるタイヤは、普通の乗用車用と比較すると操縦安定性や快適性などの点で負担が大きくなりがちなもの。なぜなら、SUVは構造的に車重が同クラスの乗用車より重くなることに加え、重心も高くなってしまうからです。また、近年でこそオンロードの基本性能が高められているが、ロードノイ...

  
6053

正統派ヨーロピアンスポーツタイヤKUMHO ECSTA PS71の実力は?斎藤聡が徹底インプレッショ...

2018年春、クムホタイヤジャパンより新しくKUMHO ECSTA PS71がリリースされました。以前、私たちCarMe編集部では、KUMHO ECSTAシリーズのトップレンジPS91のテストをモータージャーナリストの斎藤聡氏に託しました。その際の高評価は編集部では韓国製タイヤへ...

  
9737

クムホタイヤジャパンより新製品を3種発売 

クムホタイヤジャパン株式会社は、2018年3月1日から新製品を3種発売します。

  
8417

なぜ、レーシングカーのヘッドライトは黄色いのか?

ボディがスポンサーカラーになっていたり、大きく広告が入っていたりと見た目が派手なものが多いレーシングカー。よく見ると、ヘッドライトのカラーが黄色だったり白色だったり、何種類かあるようです。いろいろな規則で縛られているはずのレーシングカーですが、なぜヘッドライトの色が統一されていな...

  
44547

7万円のオンボロ軽自動車でアジアンタイヤの是非を問う クムホECSTA HS51インプレッション

これまでCarMe編集部では、世間一般の"アジアンタイヤ=粗悪品"というイメージに対して、本当にそうなのか?と疑問を抱き、クムホタイヤ協力のもと、「実際のところ」を体当たり企画でレポートしてきました。しかし、タイヤに精通したジャーナリストのインプレッションも実施し...

  
18851

パンクしたら無料保証?クムホタイヤのスタッドレスタイヤで安心を手に入れよう

暑い夏もあっという間に過ぎ去り、そろそろ準備をしなければいけないのがスタッドレスタイヤ。日常的に雪が降る地域はもちろんのこと、関東以南でも急な大雪で交通マヒが定期的に起こっているのはご存知の通り。しかし、国産有名スタッドレスタイヤはハイグリップタイヤに匹敵する価格であり、定期的に...

  
7958

300km/hオーバーを日常に。最高の性能を達成したクムホECSTA PS91

一見シンプルなものほど、見た目とは逆に、内容が複雑で緻密な場合が多いことにお気付きでしょうか。自動車の機能部品で例を挙げれば、まさにタイヤがそれに該当します。そのなかでも、ハイパフォーマンスを追い求めたものには、メーカーの威信を掛けた技術が詰め込まれているのです。※公道では法定速...

  
11095

スーパースポーツ専用タイヤ クムホ ECSTA PS91。モータージャーナリスト、斎藤 聡氏の評価は...

先日、CarMe編集部によるアイドラーズゲームの潜入取材でその実力が証明されたクムホタイヤのECSTAシリーズ。しかしながら、まだまだブランドに対する偏見がマーケットにはあります。そこで私たちCarMe編集部ではクムホタイヤのトップレンジに位置するECSTA(エクスタ)シリーズの...

  
21441

レースでは、勝つためのタイヤが選ばれる。クムホタイヤがサーキットで選ばれる理由とは?

厳しいレースの現場では、勝つためのタイヤが選ばれると言います。私たちCarMe編集部では、所謂アジアンタイヤがドリフト以外のモータースポーツのシーンで活躍してる話をキャッチし、その検証をすべく、2017年3月26日、ポルシェなどを中心としたエントラントが集まるレース「アイドラーズ...

  
20795

レーシングドライバー井出有治が感じた”クムホ ECSTA(エクスタ)"の実力

メルセデスやBMW、日本勢ではニッサンやスズキにも純正装着タイヤを供給しているクムホは、世界の約180カ国で商品を展開するグローバルプレーヤーだ。商品ラインナップも豊富で、スポーツ系の「エクスタ」を筆頭にコンフォート系の「ソルウス」、ベーシックな「センス」など、スポーツモデルから...

  
17451

気候、路面状況、車のパワーなど…車のタイヤの減りは何が原因か?

車は一度購入すれば長く乗ることができますが、そのほとんどが消耗品で出来ています。安全に長く乗ろうと思うのなら、パーツを定期的に交換しなければなりませんが、乗り方次第で消耗を遅らせることはできます。今回は消耗が目に見えやすいタイヤの減りについてご紹介します。車を運転する上でタイヤの...

  
13375

気温7度が目安。スタッドレスは、冬ドライブの必需品!

東京の12月から翌年3月までの平均最低気温は、2〜6度。風が吹いたり雨が降れば、路面温度はそれ以下になります。その一方で、一般的に夏タイヤは、外気温7度前後を境として、それ以下になれば本来の性能を発揮できなくなると言われています。冬には冬に適したタイヤへ交換することが安全への近道...

  
29336

まもなく日本進出40年。高性能低価格タイヤメーカー、クムホ!

クルマ同様、その用途によって特化した性能を持ち、さまざまなカテゴリーを持つのがタイヤです。最近ではあまりにもメーカーやブランドが多く、どのタイヤを買えばいいのか悩む人も多いと思いますが、海外メーカーの中でも進出から間もなく40年を迎え、日本で定着してからの歴史も長いクムホタイヤを...

  
26442

日本で走り続けて40年? 長きに渡り信頼されてきたクムホタイヤ

クムホタイヤは日本ではまだまだ馴染みの薄いタイヤメーカーではありますが、世界的には10本の指に入るタイヤメーカーの一つとして躍進を続けてきました。高性能なタイヤをリーズナブルな価格で販売しているクムホタイヤはどのような歴史を歩んできたのでしょうか?【Sponsored by KU...

  
18679

値段の差は最大10倍も?アジアンタイヤと国産タイヤはどう違うのか?

安い!安すぎる!アジアンタイヤはその安さから大人気です。安いだけでなく国産タイヤには無いようなサイズまでラインアップしていますし、今やタイヤ選びの選択肢として、当たり前になってきたのではないでしょうか。当然ながら、国産タイヤも依然として豊富なラインナップがあります。違いはどこにあ...

  
48876

近年増加しているアジアンタイヤ!その性能は?

「ハンコック」「クムホ」「NANKANG」こんな名前をカー用品店のタイヤコーナーで見かけたことはありませんか?ここ最近、日本でもよく見かけるようになってきたアジアンタイヤ。台湾、インドネシア、韓国、中国などのタイヤメーカーが製造するタイヤで、日本のタイヤ市場でも購入者が増加してい...

  
78495

Sタイヤ、ラジアルタイヤ...その違いとは?

ラジアルタイヤ、Sタイヤ、スポーツ走行が可能な車に乗っている方は、一度は聞いたことのある言葉であると思いますが、厳密には何が違うのでしょうか?

  
54785
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives