「キャンプ」の検索結果(83件)

記事

これで快眠!おすすめフルフラットな国産車たち

昨今のアウトドアブームや日帰り温泉の増加によって、車中泊をしながらドライブを楽しむという方が以前よりも増えています。 そんな車中泊ユーザーに向けて、メーカーではミニバンのセールスポイントにフルフラットシートを加える傾向にありますが、現代の自動車工学においてシートをつなげてフルフラ...

  
10531

今時のアウトドアはグランピング&高級車。3人の男たちのこだわりはホイールから

デキる男たちは週末の過ごし方が違う。ホームセンターのキャンプ用品を尻目に、今話題のグランピング。もちろん、ミニバンフル乗車なんて・・・。3人の男たちのグランピング×高級車とは?

  
1832

愛車の屋根にテントは後付けできる?

ここ数年、右肩上がりに需要が伸びているキャンピングカー。車内で快適に寝られることが魅力ですが、通常のミニバンやワゴンにはないキャンピングカーならではの特徴的な装備といえば「ポップアップルーフ」です。“自分の車もキャンピングカーにしたい!”と思っている方に、このポップアップルーフに...

  
3761

もう少し、夏

「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ。」これは、片岡義男の小説「彼のオートバイ彼女の島」のハードカバー版の表紙と「限りなき夏1」のあとがきに記されていた言葉だ。たしかに以前は、夏が近づくと心がざわめき立っていた。しかしいつの頃からか、夏という季節に気持ちが慣れてしまって...

  
2198

レゾンデートルある者の存在する理由

レゾンデートルとは、フランスの哲学用語だ。直訳すると「存在理由」や「存在意義」といった言葉になる。しかしそれは、周囲が認める存在価値という意味ではない。自分自身が求める存在意義や、生き甲斐のことを指す。世間から存在価値を認められようとするのか、自らの存在意義を貫いて生きるのか。他...

  
2192

セグウェイってどんな乗り物?

セグウェイ。誰でも一度は目にしたことがあるはずの、この楽しげな乗り物。どこの国で生まれたの? どんな風に操作するの? 乗ったらどんな感じなの? 実はもう、日本でもセグウェイに乗れるところがあるんです。未来のもの、と思っていた乗り物も、いつの間にか実用化が目の前まで来ていたり。知っ...

  
596

現実と折り合いをつける 

ついにベールを脱いだ新型ロードスター。興味はあってもウチには子供がいるから無理だとあきらめていませんか。お子さんが中学生になっていたら「オープン・ツーシーター」に買い替える良い時期なのかもしれません。また、走りのイイクルマがほしいけど、AT免許の妻も運転するし、日常の買い物の荷物...

  
1337

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
915

カタルシス魂を浄化する旅

「Clubman」や「BMW BIKES」の元編集部員であり、現在フリーライター兼カメラマンとして活動する山下 剛は、生粋の旅人でもある。幼いころから冒険好きだった山下は、大人になった今も子供のころと変わらずに冒険心を持ち続けている。2011年に友人だった松下ヨシナリに誘われてマ...

  
205

LAST CHANCE 憧れのままでは終わらせない

いつか、そのうち、貯金ができたら…。人生の折り返し地点を過ぎても若いころと同じ理由をつけてやりたいことを先延ばしにしていませんか。もしくは、仕事が忙しいとか子供がいるからと仕事や家族のせいにして自分をごまかしていませんか。text:小沢コージ、山下敦史、まるも亜希子、伊丹孝裕、p...

  
512

ホンダ N-VANは車中泊派に大注目のニューモデルだ!

2018年夏に発表されることが、公式HPで告知されたホンダの新型商用車「N-VAN(エヌ バン)」。日本一売れている軽自動車“N-BOX”シリーズの派生型になるわけですが、いやが応にも期待が高まります。今回はN-VANへの期待を込めて、どんな車になるのかをお伝えしたいと思います。...

  
86509

お手頃価格で購入できるキャンピングカー5選

山が新緑に色づき、旅に出るのが楽しくなる季節です。自然のなかにキャンピングカーで出かけて、ゆったりと過ごしたらきっと至福の時間を過ごせるはず。今回はお手頃な値段で買えて、装備充実、価値満載のキャンピングカーを厳選してみました。文・山崎友貴

  
7309

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.43 ピンクのクラウン

いやはや驚いた。クラウンの発表会で披露されたのはなんとも派手なピンクのボディカラー。最初は発表会用の賑やかしだと思ったが、生まれ変わったクラウンの象徴として今年中に発売される予定だという。なぜピンクなのか? モチーフとなったのはトヨタが展開している企業CM「REBORN」で使われ...

  
1059

車で行きたい!千葉県のドライブスポット10選

アクアラインはもちろん圏央道が東関道につながったことで、都心や神奈川県はもちろん、埼玉、茨城、栃木方面からのアクセスも良好になった千葉県。ディズニーランドや木更津アウトレット、九十九里有料道路といった超有名なスポット以外にも、興味深い場所が目白押し。ここでは、そんな千葉県のドライ...

  
4158

片山右京 常に熱くありたい

1963年生まれ。「カミカゼ・ウキョウ」の異名を持つ元F1ドライバー、片山右京。50代になって落ち着いた日々を過ごしているかと思いきや、やっていることや立ち位置は変化しても、今も現役の時と変わらない勢いでチャレンジし続けている。50歳を超えても尚、熱を失わず、自らもチャレンジし、...

  
82

車中泊するならこれだけは積んでおきたい!

アクティブなアウトドア派にとっては、車中泊は頻繁にあること。フツーの車、キャンピングカー問わず、何も持たないでは快適な車中泊をすることはできません。今回は、快適な車中泊をする時にあると便利なアイテムを、厳選してご紹介しましょう。

  
41181

忘れられないこの1台 vol.49 ホンダ アコードワゴンCE1

社会人になって初めてクルマ雑誌の編集に携わった20代前半の頃、すでに著名だった先生の受け売りで、ホンダ車に傾倒した。その理由は、本田宗一郎氏の不屈の精神とスポーツマインドだった。text:緒方昌子 [aheadアーカイブス vol.127 2013年6月号]

  
4825

幼虫を足場に進む!? ツインリンクもてぎに「森」をテーマにしたアスレチックが新登場!

スーパーGTやモトGPなどが開催されるサーキットとして知られるツインリンクもてぎ。2018年3月17日(土)に『森感覚アスレチック DOKIDOKI』 が新登場します。さて、どんなアスレチックなのでしょうか?CarMe編集部が現地に行って取材してきました。

  
3873

料理好きにはたまらない!? ランドローバーが作った本格キッチンカー

キャンプでBBQは醍醐味ですが、もっと美味しい料理を!と思ったことはありませんか?そんなわがままな要望を満たす車を、ランドローバーが著名な料理人”ジェイミー・オリバー”とコラボしてスペシャルモデルを作り上げました。高級なシステムキッチンにもまさる仕上がりに…!?

  
4438

ガレージがもたらすセカンドステージ

いっぱしに「自動車趣味歴は26年!」なんて吹聴していて、色々と知った気になっていてもまだまだ新しい発見はあるわけで……。text:吉田拓生 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.169 2016年12月号]

  
8087
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives