「キャンバー角」の検索結果(19件)

記事

操縦安定性と乗り心地を高次元で両立!シビック タイプRのサスペンションの秘密

シビック タイプRを”世界最速のFF量産車”とたらしめているのは、その心臓部に収まる「VTEC TURBO」エンジンですが、じつはボディ構造やシャシー性能についても、先進技術が採用されています。なかでも注目は、操縦安定性と乗り心地を高次元で両立させるサスペンション。今回は、シビッ...

  
2844

F1が、"とある"サスペンションを採用する理由

現在の乗用車に使われているフロントサスペンションは、マクファーソン・ストラット形式、ダブル・ウィッシュボーン形式、マルチリンク形式、の3つに大きく分けられます。これらは、クルマの目標性能によって使い分けがされており、後者になるほどに性能は優れていきます。ですがF1マシンには、なぜ...

  
9213

よく見るとフロントタイヤが微妙に八の字に傾いている…これってなぜ?

クルマを正面から見たとき、フロントの左右のタイヤが、裾が広がったハの字のような角度で付いていることがあります。その傾きをキャンバー角といいますが、これはなぜ必要なのでしょうか。角度によって走行性能にどんな変化があるのか、紹介しましょう。文・吉川賢一

  
7812

クルマタイヤとバイクタイヤの決定的な違い

クルマとバイクはどちらも、「運転を楽しむこと」や、「目的地まで移動する手段」に変わりありませんが、両者のコーナーリングの仕方はかなり異なります。そのため、両者のタイヤの使い方には大きな違いがあるのです。そこで今回は、バイクとクルマのタイヤの違いについて紹介します。文・吉川賢一

  
6096

ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルをまっすぐにしているのに、クルマが勝手に左右に流れていってしまう。こんな現象に遭遇したことはありませんか?わずかな片流れでも、気になり始めたらストレスが溜まってしまいます。なぜこの片流れが起きるのでしょうか。考えられるその原因と対策について見ていきましょう。文・吉川賢一-...

  
7761

遊びの域を超えたシミュレーター戦線

F1の世界では必須。それ以外の多くのカテゴリーでもすでに浸透し、確かな効果を上げているのがドライビング用のシミュレーターである。text/photo:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.132 2013年11月号]

  
173

車のローダウンによるタイヤへの影響は?内側が減りやすい?

カスタムメニューの定番として、ローダウンがあります。このローダウンは、見映えだけでなく走行性能にも大きな変化を与えますが、タイヤの編摩耗・過剰摩耗が発生する可能性もあります。それはなぜでしょうか?

  
6776

輸入車と国産車で切れ角のセッティングはどれほど違うのか?

ハンドルを切ると、前輪が左右に動きます。この動く幅を切れ角といいます。切れ角が大きいほど、小回りが効きやすくなりますし、ドリフトでクルマをコントロールしやすくもなるといわれます。自動車の構造上、国産車でも輸入車でも切れ角の持つ意味や働きに違いはありませんが、実際のところ、切れ角の...

  
15042

245、265…タイヤの幅が広がると走りはどう変わるの?

クルマによってタイヤサイズはさまざまです。特に幅に関しては、軽トラなどの145から、GT-Rの285といった極太サイズまで、ほぼ5mm刻みでラインナップされています。このタイヤ幅は、走りにどのような影響があるのでしょうか?

  
71194

軽自動車オーナーに、快適性と走行性能を両立した車高調キット。シュピーゲルから登場!

多様な軽自動車の車高調サスキットをリリースしているシュピーゲルから、快適性と走行性能を進化させた、プロスペック・ステージIIが登場!可動式ピロアッパーを採用した全長調整式車高調の魅力をご紹介します。

  
8389

シャコタンはクルマ好きにモテても女性にはモテない!? その理由とは…?

今も昔もクルマのカスタマイズの定番の一つが足回りのチューニング。かつて多くみられた所謂”シャコタン”は、今でもクルマのカスタム文化の一部として生き残っています。さて、現代に於いて女性受けはいかがなものなのでしょうか…。

  
48025

スカイラインやマークⅡに搭載されていたセミトレーリングアームは何が良かったのか?

自動車のサスペンション形式は、様々です。シンプルなものでは、コンパクトカーなどに多いトーションビーム式が有名です。また、高級車用には、ダブルウィッシュボーンやマルチリンクなど…。その中の一つにセミトレーリングアーム式というサスペンション形式があります。これはどのようなサスペンショ...

  
26606

なぜミニバンのタイヤは片減りしやすいのか?

ミニバンの話題で、しばしば取り上げられる問題のひとつが「タイヤの片減り」です。とはいえ、条件によってはミニバン以外でも発生しますし、ミニバンの台数が著しく増加していることによって強調されているといった面もありますが、ミニバン独特のパッケージにも問題があるようです。

  
58374

かつて大型車にも採用されていたトーションビーム式サスペンション…その長所と短所とは?

軽自動車やコンパクトカーのリアによく使われる「トーションビーム式サスペンション」。一時期はかなりの大型車まで使っていた事もありましたが、自動車メーカー各社が「車作りの本道」に立ち返る中で、さすがに最近は使用されるカテゴリーが限られてきました。

  
77732

ドレスアップによく登場する「ツライチ」とは?走行上の注意点は?

「ツライチ」とよく聞きますよね。これ、タイヤホイールと車体のマッチングに用いる言葉なのですが、一体どんな目的でおこなうものなのでしょうか。またどのようなデメリットがあるのかも探ってみます。

  
145720

本物の走り屋?それとも偽物?簡単な見分け方とは?

走り屋に抱くイメージは様々かと思います。一般的には(漫画の影響等で)峠をカスタムマシンで駆け抜ける、あるいは首都高、湾岸線を駆け抜ける...などなど。海外のサイトでそんな走り屋の「見分け方」と称した動画がUPされました。

  
89198

クラウン、レクサス、セドリック...VIPなクルマのタイヤが「ハの字」な理由とは?

クラウンの様な定番セダンからアリストの様なスポーツセダン、あるいは高級車であるレクサスから輸入車まで「VIP」な仕様に手を加えられた車たちはギョっとするほどタイヤが「ハの字」になっています。いったいどうやってあんなに極端な角度がついているのか!?ナゼそんなことをするの?今回はタイ...

  
114305

タイヤのローテーションの時期はどれくらいが良いのか?

一般的にした方がよいと言われているタイヤローテーション。では、実際にどれくらいの時期にした方がよいのか、また、駆動方式によるローテーション方法の違いなどについてまとめてみたいと思います。

  
151689

なぜネガティブキャンバーにするのか?メリット、デメリットは?

ネガキャンという言葉を聞いたことがありますか?ネガティブキャンペーン?いえいえ、クルマにおける「ネガキャン」とは、ネガティブキャンバーのこと。簡単にいうとタイヤの角度のこと。では、ネガキャンにすると、どんな効果があるのでしょうか?

  
225307
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives