「キャッチコピー」の検索結果(49件)

記事

あの輝きをもう一度!日産デザインがイケイケだった時代の名車たち6選

昔の日産車はカッコ良かった…。Z32にS13シルビア、180SXにF31レパード…確かに、記憶に残るクルマが多くありました。現行の日産車は、長年のファンからすると少し物足りないといった意見が散見されますが、みなさんはどう思いますか?

  
19904

ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命と交換費用

「20世紀に間に合いました」をキャッチコピーとした初代プリウスの誕生から、2017年で20年になります。このあいだに、ハイブリッド車は超特別なクルマから、普通のクルマと言えるまで普及しました。そこで気になるのは、ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命と保証期間、そして修理交換費用...

  
17469

2ローターのロータリーエンジンを4ローターに変えたい!いくらかかる?

皆さんはロータリーエンジンというと、何を連想しますか?マツダ、RX-7、回転が滑らかなど、メーカーや車種、その特徴を連想される方が多いと思います。ロータリーエンジンが市販車に搭載されるのは、2ローターで、4ローターは、レースの世界で使用されるものがほとんどです。もし、この4ロータ...

  
22421

クジラ、だるま、てんとう虫にブルドック…これ全部わかりますか?

クジラ、ダルマ、てんとう虫、シーラカンス、ブルドッグなど、1980年代までは実に多様な車種が、それぞれの車種の特徴を見事に表す愛称が使用されていました。しかし2017年現在ではランクルぐらいでしょうか?自動車の愛称を年代別にご紹介しながら、その変遷や愛称が使われなくなった原因を考...

  
29639

年間17万台から4,000台に…日産 スカイラインはかつての人気車に戻ることはできるのか?

1957年4月に初代モデルが発売されたスカイラインも、2017年4月で誕生60年を迎えました。最盛期には、年間17万台ものセールスを記録しましたが、2016年度の販売は、4,000台強にまで落ち込んでいます。はたしてスカイラインは、再び日本国内で絶大な人気を取り戻すことができるの...

  
9162

観音開き、傘収納…ロールスロイスに隠された、知ってるようで知らない装備って?

高級車の代名詞ともいえるのがロールスロイス。その豪奢な装備は、ときに私たちの想像を超えるものがあるのです。そうした装備の一旦を紹介してみましょう。※価格等は2017年4月時点の情報となります。

  
10145

かつてパジェロやデリカに装着されていた、フロントのごついパイプはいま…

1980年代から1990年代前半のバブル時代にブームとなったのは、輸入車やスポーツカーだけではありません。現在のクロスオーバーSUVへの過渡期、本格4WDであるクロスカントリー4WDに豪華装備を施した車種もブームでした。一方で、そのゴテゴテしたフロントガードが「どこを走るつもりな...

  
33259

"史上最強のスカイライン"と言われた2000ターボRSが"GT"の名をつけられなかった理由

日本初のターボ付4バルブDOHCエンジンを搭載したスカイライン2000ターボRSは、最高出力205馬力(最終型)を発揮しました。2代目スカイラインGT-R(KPG-C110)よりもハイパワーなエンジンを搭載し、"史上最強のスカイライン"とうたわれた「ターボRS」と...

  
39902

現行モデルになってから10年?!なぜエスティマはフルモデルチェンジしないのか?

トヨタ エスティマは2016年6月、「ビッグマイナーチェンジ」を行いました。現在の3代目エスティマのデビューは2006年。すでに10年が経過しています。エスティマは、なぜフルモデルチェンジを行わないのでしょうか…?---------------------------------...

  
16817

エスティマ、まるっとした卵型にデザインされた秘密とは?

1989年の幕張メッセで行われた第28回東京モーターショーにて、コンセプトモデルとして出展されたエスティマは、翌1990年に市販化。その独特で斬新なフォルムから「天才タマゴ」なるキャッチコピーで注目されました。このまるっとした卵型デザインは、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

  
10641

キャラ立ちが明確!トヨタ クラウンのアスリート、セダン、マジェスタ、ロイヤルの違い

初代のトヨペット クラウンがリリースされたのが1955年のこと。それからモデルチェンジを繰り返し、2017年現在もクラウンは14代目として生き残っている、国産自動車の「レジェンド」でもあります。さて、そんなクラウンにも様々なグレードがあり、それぞれ訴求するターゲットが違うようなの...

  
4690

乗り換え率51%!? スバリストが急増中!新型インプレッサはなぜ人気なのか?

新型インプレッサが2016年10月に登場し、順調に販売台数を伸ばしています。さらに、購入者の内51%という約半数の人が、これまでスバルの車に乗ったことのない人だと言います。なぜ新型インプレッサはこれほど好調な売れ行きなのでしょうか?

  
19330

初代から現行5代目まで今買うべきアルトワークスはどれ?

軽ホットハッチの代名詞として一世を風靡し、現在まで続く軽自動車64馬力自主規制も作ったスズキ アルトワークス。最近は「いま、マニュアルに乗る」のキャッチコピーと共に5代目が復活していますが、歴代モデルの中で”今買うべき”なおすすめモデルはどれでしょう?

  
31422

日本初のスペシャリティカー!トヨタ セリカの特徴や燃費、中古車価格は?

良い意味でトヨタらしからぬ格好良さのあるトヨタ セリカ。日本初のスペシャリティカーとして1970年に登場し、一世を風靡しました。2006年に販売終了となりましたが、一部ではまだまだ高い人気を集めているセリカ。その詳細と中古車市場を合わせてチェックしてみましょう。

  
3917

スバル エクシーガの常識破りのモデルチェンジ|積載性・走行スペック・中古価格まとめ

2008年、「それまでの常識を打ち破る」とばかりに発売されたモデルがスバル エクシーガです。今でこそミニバンに分類されているものの、当初はスバルも「多人数乗り車」として広告を打つなど、ミニバンとは違うモデルとしてアピールしていました。確かに、ミニバンと呼ぶにはスタイリッシュすぎま...

  
20956

シルビア・プリメーラに搭載された"SRエンジン"が現在でも愛される理由とは

「90'sツインカム」というキャッチコピーと共に、それまでのCA型エンジンの後継として登場したSR型エンジン。特にFR用の縦置き型SR20DETは現在に至るまで若者向けスポーツカー用エンジンとして絶対的な支持を得ていますが、その良さはどこにあるのでしょうか?

  
55782

マツダからミニバン撤退の噂が。3つのマツダ製ミニバンが遂に生産終了!?

11年の長きにわたって生産が続けられていたプレミアム・コンパクトのベリーサがついに2015年で生産を打ち切られたことで、マツダの車種整理が本格化するという見方があります。最近のマツダはコンパクトカーからミドルサイズセダン・ワゴン、そしてCXシリーズSUVが好調な一方で、後継車の噂...

  
60155

なぜノーズが長いコンパクトカーが増えているのか?

コンパクトカーのスタイルといえば、ショートノーズ、ロングルーフが定番でした。これは、小さい車体でもより広くより快適な居住性を確保し、ファミリーカーとしての用途で「大人4人が楽々座れる」といったキャッチコピーで売り出していたためです。しかし、最近は、コンパクトカーのジャンルに入るク...

  
29419

モデューロブースの中の4台にホンダスピリットを見つけました!

ホンダのブース群の中で、ひたすら白い車ばかりで光り輝いていた印象のあるホンダのカスタムカー部門「モデューロ」。比較的内外装とも地味でスピーカーチューンなど渋いカスタムが多い印象でしたが、その中でも注目の4台をご紹介します。

  
558

スポーツカーの足回りは本当に固い方が良い?サスペンション交換を検討する際の注意点とは?

スポーツカーと言えば、足回りの固い、柔らかいが性能や評価に直結する重要な要素ではあります。しかし、ショックアブソーバーやサスペンションなど足回りはそれ単体で成り立っているものではありません。

  
41738