「ガソリン」の検索結果(822件)

記事

ついにメルセデス・ベンツ Aクラスにセダンが誕生!CLAとはどう違う?

メルセデス・ベンツの最小グレードであるAクラスに待望のセダンが登場します。このニュースを聞いたときにまず思い浮かんだのが、CLAクラスとの棲み分けについてです。Aクラスのセダンという立ち位置で存在していた感のあるCLAクラスと、Aクラス セダンとの違いを、スペックを比較しながら検...

  
6151

ガソリンは朝に入れるべきという噂の真相は!? ガソリン代を余分に払わないための裏技5つ

車を所有する方の多くが、車を選ぶ基準は「燃費」と答える昨今。燃費にナーバスになっているドライバーは大変多いです。2018年8月現在、レギュラーガソリンの全国平均価格がリッターあたり150円台と高騰が続いているだけに、燃費が車種選びに影響を与えていることには納得できますね。今回は、...

  
7535

「危」の標識。危険物積載車両ってなにが載っているの?

道路を走っているとたまに見かける「危」の文字が書かれている標識を取り付けた車。俗に言う危険物積載車両なのですが、「危」の意味する危険物とは、一体どんな物なのでしょうか?

  
1614

ボディサイズは?エンジンは?一番安いのは?レンジローバー4兄弟を徹底比較

ランドローバーの主力モデルであるレンジローバー。最近は、この名前を冠した兄弟モデルが続々とデビューしており、いったいどのモデルがどうなのか、一般の方には分かりにくくなっています。そこで今回は、ファーストモデルが発売された順番で、レンジローバー、イヴォーク、スポーツ、そして新しく加...

  
9381

新車で国産なら中古で輸入車はどう?200万円程で買えるおすすめ中古輸入車

「輸入車は国産車に比べて価格が高くて…。」という理由で、購入をためらっている方は多いでしょう。でも、あなたが新車の購入に200万円程度を予定しているなら、中古にはなりますが、国産車とはまた違った魅力を持つ輸入車も選択肢に入れることができます。次の愛車には、中古の輸入車も候補に入れ...

  
3317

今年のファッション流行カラーはパープル!ボディカラーが紫の国産車5選

パープルという色には、高貴なイメージがあるそうです。しかし、こと車のボディカラーに限って言えば、パープルはあまり好まれず、これまで唯一成功したのは、日産のスカイラインGT-R(R33/34)ぐらいです。今回は、今年のファッションの流行カラーが"パープル"ということ...

  
2807

クルマに乗っていると何種類の税金を払うことになるのか、知っていますか?

クルマを購入するとき、やっかいなのが「諸費用」です。そのなかで大半を占めるのが、各種税金関係です。さらに、クルマを動かせば燃料にも税金がかかっています。こうしてクルマ好きの私たちは、なんと7種類!もの税金を収めているのです。文・吉川賢一

  
1837

高額になってもガソリン車ではなくハイブリッド車を選ぶ理由

時代はエコカー全盛です。なかでも日本国内では、ハイブリッド車が多く認知されています。しかし、どうしても高額になる車両価格を考えると、ハイブリッド車を選ぶ理由はないとも言われます。それは本当なのでしょうか?ガソリン車に対するハイブリッド車のセールスポイントを、あらためて探ってみまし...

  
4477

これは、あおり?普段の何気ない運転でも、検挙される可能性があります

ここ数年、社会問題となっている「あおり運転」。相手の意思が明らかであれば、通報もしやすいのですが、単に急いでいるだけなのか、嫌がらせなのか、一般人には判断しづらいケースも多々あります。また、知らず知らずに、あなたがあおり運転を行っているかもしれません。あおり運転とは、どんな行為を...

  
5642

ホンダの新型クラリティ PHEV発売開始!三菱のPHEVとどう違うの?

2018年7月20日に、ホンダからクラリティ PHEVが発売されました。最大の注目点は、1充電あたり100kmを超える航続距離です。これだけの航続距離を実現したホンダのPHEV技術を、"PHEVのパイオニア"的な存在の三菱 アウトランダー PHEVと比較してみまし...

  
4402

便利だけど危険!?「ツライチ」で使うホイールスペーサーの正しい使い方

クルマのドレスアップ手法のひとつに、タイヤをボディ側面のラインに合わせる通称「ツライチ」というカスタマイズがあります。見た目のカッコよさだけでなく、走行安定性も向上する効果がありますが、じつはこれ、正しく装着しないと、非常に危険でもあるのです。そこで今回は、「ツライチ」で使うホイ...

  
7817

2、3、4、5、6、8はあるのに、7(気筒エンジン)がないのはなぜ?

一般的な自動車用エンジンの気筒数は、3〜8気筒くらいまでが一般的です。そのなかで、7気筒というエンジン(シリンダー配列)はなぜかありません。そもそもエンジンの気筒数は、どのようにして決められているのでしょうか?どうして、7気筒は無いのでしょうか?文・わんわんエンジニア

  
8437

ツインターボ、トリプルターボ、クアッドターボ…ターボの数を増やしていくとどうなる?

ターボ過給は、出力向上と燃費改善には欠かせない技術。最近では、ツインターボに加えて、トリプルターボやクアッドターボなどもあり、なんとなく数が多いほどエライ感じがします。でも本当に、ターボの数を増やせば増やすほど、出力は向上し、メリットも増大するのでしょうか。文・わんわんエンジニア

  
7635

知ってた?ガソリンスタンドの床が傾いている理由

ガソリンスタンドの敷地は、さほど大きな傾きではありませんが、必ず床が傾いています。これはなぜでしょうか。

  
12969

ドイツに飽きたら、フランスのプジョーはどうですか?

日本で見かける欧州車といえば、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディなど、ドイツ車が圧倒的。そんななか、フランス車のプジョーは、数的にはドイツ車に劣るものの、独自の存在感を放っています。ドイツ車とは一線を画しているプジョーは、どのような特徴を持っているのでしょうか。文・わんわんエン...

  
3904

日本一大きい、小さいSA・PAはどこ?

高速道路を利用するときに利用するSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)。SAとPAに明確な違いはないものの、SAは約50km毎、PAは約15km毎に設置されています。日本には、数多くのSAやPAがありますが、そのなかでもっとも収容台数が多い、そして少ないSA・PAはどこ...

  
19358

高出力の代名詞!ツインカムエンジンの構造とは?

40年前、ボディサイドに、DOHCというステッカーが貼られているクルマがありました。DOHC(Double Overhead Camshaft)とは、カムシャフトを、吸気と排気1本ずつ計2本配置した、動弁系の駆動方式であり、高出力エンジンの代名詞でした。今回はこのDOHCについて...

  
5761

アフターファイヤーはなぜ起きるのか?

レーシングカーが走行中、マフラー付近から「パーン、パーン」という爆発音や、排気管出口から火炎が出るような現象を”アフターファイヤー”と呼びます。なぜこのアフターファイヤーは起きるのでしょうか?また、なぜ市販のクルマでは起こらないのでしょう?文・わんわんエンジニア

  
13574

普通車なのに、軽自動車より短い車4選

日本独自の自動車規格、軽自動車。第2次世界大戦後の昭和29年(1954年)に誕生した軽自動車は、自動車普及のため、自動車諸税を軽減する代わりにボディサイズや排気量などを規制したものでした。その後、時代を経て軽自動車は、ボディと排気量を拡大。現在のサイズに落ち着きました。しかし世の...

  
4671

ホンダ BR-Vや日産 マキシマなど…発売したら売れそう!けど販売されていない車5選

日本の自動車メーカーが作る車であっても、海外または、特定の国々でしか販売されていない車種が多数あります。かつてそれらは、日本へ里帰りすることも無く、海外マーケットだけで消費されていましたが、グローバル化が進んだ現在、海外工場で生産した車種が、多く販売されています。でも、まだまだそ...

  
4966
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives