「ガソリン」の検索結果(859件)

記事

新世代ボルボの快進撃

賢明なる読者諸兄であれば、新世代ボルボの快進撃をきっとご存知のことと思う。XC90以降、右肩上がりの販売台数がそれを如実に物語る。昨年はミッドサイズSUV XC60が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、現在、本国から日本国内販売分に割り振られる新モデルはすべて完売、バックオーダー...

  
4

自動車人の食卓 プロローグ イタリア人はイタリア料理を毎日食べる

イタリア自動車人について記された書き物を読んでいると、しばしば食卓の記述にぶつかる。ぶつかっては強く惹きつけられる。彼らが生み出したクルマの名前も年代も馬力も車重も流れる水のごとく頭の上を通過していくが、食べ物が出てくると料理の名前がするりと体に入って来る。text:松本葉 [a...

  
946

EVオヤジの未来予想図 VOL.4 狂気のエキゾーストノート

自動車ファンと競馬ファンをごっちゃにすると、双方から叱られそうだが、少なくとも現在は競馬ファンの方が純粋にファンでいられるのではないだろうか。なぜって、「2030年から我が国は競馬を禁止し、競豚にします」といった話は聞かないからだ。text:舘内 端 [aheadアーカイブス v...

  
1334

日産リーフがもたらしたもの

「電気自動車に乗る時はね、いつもエンプティーランプが点灯しているような気分になる。だって、『今ここで充電がなくなったらどうしよう』って、そのことばっかり気になっちゃうもんだから、常に充電残量をチェックして、ドライブを純粋に楽しめない。クルマ好きにとって、そしてドライブ好きにとって...

  
786

マツダが独自技術で生み出す「ロータリーエンジンレンジエクステンダー」とは?

マツダが将来の技術動向についての説明会を行なった。これまで内燃機関(エンジン)にこだわってきたマツダは、すでにトヨタとの提携によりハイブリッドカーを用意しているが、現在から近未来において求められる環境性能を満たすには電動化を避けることはできないという。文・山本晋也

  
23049

静かに熱い、日本EVフェスティバル

23回目という長い歴史と、参加者、参加台数、出展メーカーの多さ、そしてユニークなプログラムの数々を誇る、年に1度の日本一のEV祭り。それが、本誌で連載している〝EVオヤジ〟こと舘内 端氏が率いる日本EVクラブ主催の「日本EVフェスティバル」である。text:まるも亜希子 phot...

  
163

Rolling 40's VOL.110 モーターショー裏読み(その2)

東京モーターショー2017を見に、プレスデー初日の朝イチからビッグサイトに行った。各メーカーの前情報は雑誌やネットである程度は出ていたが、あえて頭でっかちにならない程度の予習しかしなかった。「晴海スーパーカーショー世代」としては、会場で各メーカーの演出をリアルに楽しみたいからだ。...

  
67

かつてホンダが開発!3段階に働く気筒休止システム「VCM」とは?

気筒休止システムと言えば、1980年代にキャデラックのV8エンジンに始まり、世界中に波及。マツダがCX-5に採用したニュースは記憶に新しいところです。その気筒休止システムは、一時期ホンダが注力しており、3段階に働く気筒休止システムをつくり出し、2007年にアコードに初めて採用され...

  
11833

スタートボタンを押しているのにエンジンがかからない原因は?

スマートキーが普及したことで、エンジンの始動方法が、キーシリンダーにカギを差し込んでイグニッションを回すのではなく、スタート&ストップボタンを押すという方式に変わっています。では、そのスタートボタンを押してもエンジンがかからない場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?文・西山昭...

  
3891

タイヤに窒素ガスを充填するメリット・デメリット

ガソリンスタンドやカー用品店、タイヤ専門店などで、タイヤに窒素ガスを充填するよう勧められたことはありませんか?航空機やレーシングカーでも行われるタイヤに窒素を充填することには、どんなメリットがあるのでしょうか?またデメリットはないのでしょうか?文・立花義人

  
11949

災害時、じつはガソリンスタンドが安全って知ってましたか?

災害発生時の避難場所といえば、学校や公民館などを思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、意外と知られていないのが、ガソリンスタンドです。「ガソリンスタンドって、そんなときに爆発の危険性はないの?」と懐疑的な方に、災害時、ガソリンスタンドが安心・安全なわけを紹介しましょう。

  
3428

新製品を作ることよりも車種適合の拡大にポリシーをもつブレーキパーツメーカーDIXCELとは?

毎年たくさんの新型車がリリースされ、市場に投下される自動車マーケット。その動向を追いながら新製品開発に勤しむのがアフターパーツメーカーであります。新車種に対し、新製品を開発し市場投下するのが通常でありますが、それとは異なる異色なサードパーティがあります。今回はその特異なメーカー...

  
3304

ポルシェ、ランボルギーニ製のトラクターがあるって本当?

クルマ好きなら誰もが知っているポルシェとランボルギーニには、スポーツカーメーカーという以外にも共通点があります。それは両社とも、農業用トラクターメーカーでもあったということです。高級スポーツカーと農業機械にどんな関係があるのでしょうか?また、いったいどんなトラクターなのでしょうか...

  
14713

メガネ屋、ATMなど…日本にあるおもしろドライブスルー5選

ドライブスルーというと、ファストフード、コーヒーショップなど、飲食店を連想しますよね。しかし、最近、ドライブスルーの業態が変わってきているといいます。今回は、多様化するドライブスルー事情をチェックしてみました。

  
2578

何メートルおき?白線や非常電話、SA/PAなど高速道路のあれこれ

いまや自動車移動を支える交通インフラのひとつとして欠かすことのできない高速道路。休日のドライブや仕事でお世話になるケースは多いでしょう。その高速道路のセンターラインは、何メートルおきにあるのかご存知ですか?ほかにもSA/PAや緊急電話など、設置に関する秘密?をご紹介します。

  
3082

電気式、シールドビーム、HID、LED…ヘッドライトの進化

自動車のスタイリングは、時代とともに変化していくもの。当然、夜間に前方を明るく照らすヘッドランプも例外ではありません。1900年代のはじめに電気式ヘッドライトが生まれてから今日まで、日本ではどのようにヘッドライトが進化してきたのでしょうか?

  
2576

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー10月8日〜10月14日

過ごしやすい季節になり、仕事へのモチベーションも高まる1週間が始まります。運気のアップダウンを先に知ることで、チャンスを上手につかみ、トラブルも回避して過ごすことができるはず。星座占いで、運のいい男になりましょう。★占い師・芦田イングリット監修★

  
899

安定した走りでグイグイと加速!フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDI試乗記

2003年秋に登場した初代以来、いささか地味な印象を持たれながらも日本市場において着実に地位固めをしてきたゴルフトゥーランは、その名のとおりゴルフをベースとし、3列7人乗りのシートレイアウトが与えられたコンパクトMPV。二代目に当たる現行モデルの日本導入は2016年1月で、これま...

  
2033

ディーゼル×4WDの驚くほど軽快な走り。フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4モーション試乗記

今や全世界で百花繚乱の様相を呈しているSUVカテゴリーでは、セグメントCハッチバック車をベースとする、いわゆる「コンパクトSUV」も大盛況。日本勢やヨーロッパ勢、さらにはアメリカ勢も参入し、数々の人気モデルがマーケットでしのぎを削っている。文・武田公実 写真・Yoshi Daza...

  
2981

6年で80万円の差になることも!? 現金VSローン…どちらがお得?

クルマを購入する際、多くの方は分割払いを選択していると思います。しかし、ローンには毎月払い続けることになる金利があり、実際には車両価格以上の金額を支払うことになります。とはいえ、現金の持ち合わせがあればよいのですが…。ここでは、現金一括かローンか、それぞれのメリットとデメリットを...

  
6601
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives