「ガソリン」の検索結果(718件)

記事

おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

ミニバンにとって代わる存在として、人気急上昇中の7人乗りSUV。スタイリングよし、走りよしが、その魅力となっているようです。前回の国産車編に続き、今回はおすすめ7人乗りSUVの輸入車編をお送りします。文・山崎賢一

  
1833

カメムシのような強烈な臭い!? ガソリンは本当に”腐る”のか?

長期間放置してあったクルマのエンジンを久しぶりに動かすというシチュエーションは、日常の足として購入したクルマなら、まずありえません。しかし、レンジエクステンダーEVやPHEVなどの場合、数ヶ月エンジンを始動させることなく使うことも可能です。でも「ガソリンが腐る」なら、エンジンはと...

  
4060

おすすめ7人乗りSUV5選〜国産車編〜

日本でのミニバン人気は相変わらずですが、昨今ミニバンに取って変わろうとしているカテゴリーがあります。それが7人乗りSUVです。国産車の中では意外と少ない7人乗りSUVですが、今回はその中から筆者が選ぶベスト5をご紹介したいと思います。文・山崎友貴

  
8758

1代限りで販売終了した日産の迷車5選

生み出したモデルを大事にする風土があるのか、日産は1代限りで生産終了となってしまったクルマはそれほどありません。今回は、少し歴史を掘り起こして、1代限りで消えた日産車をご紹介します。-------------------------------------------------...

  
22451

保険料だけでなく、洋服まで安くなる!? ゴールド免許の“お得”の話

優良運転者の証である「ゴールド免許」。5年間無事故無違反などの条件を満たすと交付される免許証ですが、じつは取得すると思わぬメリットがあるのです。今回はゴールド免許の“お得”の話です。文・山崎友貴

  
17799

カローラとレビンのPHVモデルが、北京モーターショーで発表

2015年秋に中国で販売が開始されたトヨタ カローラとレビンのハイブリッドモデルは、ボディデザインから内装、ハイブリッドシステムにいたるまで、ほぼすべてが中国市場向けに中国で独自に開発され、中国国内で一貫生産されるモデルとして話題になりました。そして2018年の北京モーターショー...

  
2556

ガソリン税に消費税…なぜガソリンは二重課税なの?

1リットルあたり130円のガソリンを購入したとき、そのうちの何割を「税金」として払っているのか、ご存知でしょうか?答えは約5割。金額にして66.23円です。その内訳は、ガソリン本体価格と、ガソリン税、石油石炭税、そして全体の金額に掛かる消費税ですが、これが二重課税ではないか?とい...

  
14360

カー・オブ・ザ・センチュリー、20世紀でもっとも影響力のあった車

カー・オブ・ザ・センチュリーは、20世紀にもっとも影響力のあった自動車に与えられた賞です。ガソリンエンジン車が1870年に初めて世に登場して以来、20世紀は日進月歩のごとく自動車が進化した時代でした。そんな時代に生まれた自動車のなかでも、歴史に残る名車とは、いったいどのような自動...

  
7953

輸入車No.1の座を奪い合うMINIとゴルフ、それぞれの魅力とは

ここ数年、右肩上がりに販売台数を伸ばしている輸入車。その中で、目立って好調なのが「MINI」と「ゴルフ」です。ここ数年、ライバルとして常に輸入車新車登録台数トップの座を巡ってしのぎを削ってきた2台。今回は、この2モデルにスポットを当てます。文・山崎友貴

  
5781

誕生から約40年。愛らしいデザインと高い実用性で人気のフィアット パンダを振り返る

日本では上野のパンダの“シャンシャン”が話題を呼んでいますが、そのジャイアント・パンダから車名を取っているのが「フィアット パンダ」です。1980年に生まれべくして生まれたパンダが、今日の話の主役です。文・山崎友貴

  
3121

マイバッハ初の超ゴージャスSUV「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメット ラグジュアリー」...

中国、とくに北京など大都市圏では非常に高い人気を誇るメルセデス・ベンツですが、その最高峰に位置付けられるメルセデスマイバッハから、中国富裕層向け?の驚きのコンセプトカーが発表されました。プレスデーには世界各国のメディアが殺到した「ヴィジョン・メルセデスマイバッハ・アルティメット ...

  
5369

GWドライブに行く方必見!山道での燃費に良い走り方

ゴールデンウィークシーズンが到来しました。島国の日本でドライブを楽しむとなると、山道を走る機会も多くなります。ここでは、安全に、かつ燃費の良い山道の走り方をご紹介します。

  
6453

GW、あなたも気をつけて!事故より多い、うっかりミスによるトラブル

自動車を運転しているときに遭遇するトラブルは、誰しもが少なからず経験があると思います。そのトラブルは、交通事故よりも件数は多いのです。小さなトラブルであれば、自分で解決することもできますが、ある程度の知識がないとそうも行きません。そんなとき多くのドライバーがお世話になっているJA...

  
6384

AT車の「N」ってなんのためにあるの?

AT車のシフトゲートにある「N(ニュートラル)」。駐車は、P(パーキング)に入れるので、Nレンジは必要が無いように思いますよね。でもどんなクルマにもNレンジがあるので、なにか意味があるはず。AT車のNには、どういった用途があるのでしょうか?文・吉川賢一

  
15695

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多くのファンが「E-TYPE」の名を挙げるに違いない。文・武田公実

  
4255

【プロフェッサー武田の試乗記】新生E-PACEは"最もカジュアルなジャガー"だ

2017年7月、螺旋状に270度回転しつつジャンプする「バレルロール」で市販車ギネス記録となる15.3mを飛ぶド派手な動画とともに世界初公開されたジャガー初のコンパクトSUV「E-PACE」。ミドルクラスSUV「F-PACE」を大成功させたジャガーが、次なる”PACE”として日本...

  
4367

セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフ式ガソリンスタンドで給油するとき、必ず耳にする「静電気除去パッドに触れてから給油を始めてください」というアナウンス。じつはこれ、あなたの命にかかわる大事なアナウンスだと知っていましたか?今回は、なぜ静電気除去パッドに触れないといけないのか?についてお話をしていきます。文・吉...

  
11826

綺麗な車内はモテの秘訣!車内をキレイに保つためにしておくべきこと5つ

車を手放す手放さないに関わらず、どうせなら愛車の車内は、いつもキレイに保っておきたいもの。ちょっとでも油断すると、コンソールボックスは駐車場やガソリンスタンドの領収証が溜まり、リアシートの足下にはコンビニの空き袋がなんてドライバーは少なくありません。どんなに高級車に乗っていても、...

  
4511

3点式シートベルトを世界で初めて採用した車「ボルボ PV544」

ボルボは高い安全性で知られる自動車メーカーで、世界に先駆けた先進の安全装備を長年にわたって世に送りだしてきました。いまや自動車安全装備のスタンダードとなった3点式シートベルトを開発し、実用化したのもボルボです。ここでは、3点式シートベルトが世界で初めて搭載されたボルボ PV544...

  
2996

エンジンブレーキを使うと燃費が悪くなるのは嘘だった!?

クルマを運転していて前の車に近づいてしまったとき、ブレーキを踏むまでもない場合は、エンジンブレーキを使って減速します。マニュアルモードの付いたATやMT車なら、シフトダウンをしてエンジンブレーキを使うと「ブーン」という音とともに、エンジン回転が高まります。このとき、燃費に影響をお...

  
32843
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives