「カローラ」の検索結果(199件)

記事

新型カローラ外装レビュー【フロントのデザインに変更点が!】

2017/11/24

  
823

新型カローラ運転席&インパネレビュー【 内装は落ち着いたデザイン】

2017/12/13

  
924

新型カローラの実燃費は!?【 ガソリン車、ハイブリッド車の実燃費をチェック!】

新型カローラ フィルダー、アクシオにはガソリン車、ハイブリッド車があります。この記事ではそれぞれの燃費、実燃費はどのくらいなのか解説します。2017/12/13

  
1976

新型カローラは安全性能が抜群!【Toyota Safety Sense Cの性能とは?】

新型カローラアクシオ、フィールダーには、様々な安全装備が充実しております。メーカーの売り文句としても、全方位型セーフティーとなっていますので、カローラの安全装備の本気具合が伝わってきます。この記事ではカローラの安全装備について解説します。2017/12/13

  
1639

新型カローラの乗り心地は?ハイブリッド車に乗った感想

新型カローラはガソリンエンジン以外に、1.5リッターエンジンを使用したハイブリッドモデルが用意されています。この記事ではハイブリッドモデルの走り、加速力について解説します。2017/12/13

  
8950

新型カローラ収納&荷室レビュー【フィルダーとアクシオを比較してみた】

2017年10月にモデルチェンジされたカローラフィールダーとアクシオ。この記事では、フィールダーとアクシオの収納と、荷室について解説します。2017/12/13

  
1636

2018年に消えていったクルマたち

販売(生産)を終えたクルマは、ホームページなどのラインナップからいつの間にか消えていたり、販売を終えたクルマと表示されたりして、ひっそりと姿を消すケースが多い。2018年に「カタログ落ち」したクルマはあるのだろうか?文・塚田勝弘

  
3656

新型カローラ後部座席比較!【アクシオとフィルダーに違いはある?】

2017年10月に、カローラフィールダーとアクシオがマイナーチェンジされました。この記事では後部座席の広さ、シートのフィット感などを解説いたします。2017/12/13

  
2160

受け継がれた"86"という名前。トヨタ86とAE86に共通点はあるのか?

早いもので2012年にトヨタ86とスバルBRZが登場してから7年が経った。トヨタ86の車名は、1983年から1987年に掛けてFRとしては最後となった名機4A-GEを積むカローラレビン&スプリンタートレノの型式AE86に由来するものではある。しかし発売当初から「トヨタ86はAE8...

  
2194

1990年代を代表するクロカンSUV5選

1997年に登場したトヨタ「ハリアー」によってクロスオーバーSUVというジャンルが確立され、2002年のポルシェ「カイエン」をきっかけに世の中はSUVブームへ。しかし、ハリアー登場以前の1980年代後半から1990年代中頃にかけて、日本ではクロスカントリー4WD(通称:クロカン四...

  
9611

鉄仮面や水中メガネなど…クルマの面白い愛称5選

クルマはカローラやノートといった正式な名称があります。しかし人気の高いクルマはAE86やR32のように車両の型式で呼ばれることも多いです。今回紹介する5台は正式な名称や型式ではなく、まったくクルマに関係のない“愛称”で呼ばれるクルマとその由来を紹介します。文・萩原文博

  
2416

スーパーチャージャーを搭載していた印象的な国産車5選

90年代は高出力を実現する装備として、近年は「ダウンサイジングターボ」でお馴染みのターボチャージャー。対してスーパーチャージャーは一般的にはマイナーかもしれません。しかしスーパーチャージャーにも利点は多くあります。そこで今回はスーパーチャージャーを搭載していた車種をご紹介します。...

  
86668

スペシャリティカーやボンバンなど、最近聞かなくなったクルマ用語

どの業界にも時代の変化や技術の進歩により使われなくなった用語というのがあるものだが、それはクルマ業界も同じだ。「そういえば最近聞かなくなったなあ…」というクルマ業界の用語をクルマのジャンルでいくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
16971

埋もれちゃいけない名車たち vol.41 ツーリングカーレースの定番「日産 サニー・クーペ1200G...

今ではファミリーカーといえばミニバンと相場が決まっているけれど、その昔、小さなセダンがそのカテゴリーの定番だった時代が長いことあった。同時に小さなセダンをベースにした小さなクーペが若者にとっての格好のアイテムであり、ギアであり、スタイルでもあった。もはや日本では絶滅しzしまった小...

  
963

埋もれちゃいけない名車たち VOL.13 コスモに見る大人のゆとり「MAZDA COSMO AP/C...

トヨタは86のみ。日産はフェアレディZとスカイライン、そしてGT-R。ホンダはCR-Z。スバルはBRZで、マツダのロードスターも数に入れることにしよう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
2716

スカイライン、クラウン…10代以上続く超ロングモデルな国産車6選

時代に合わせて1世代限りで消滅してしまう車種も増えている中、モデルチェンジを重ねて何世代にもわたって続く「ロングモデル」も少なくありません。しかし、10代以上になる超がつくほどのロングモデルとなると、数えるほどしかないものです。文・木谷宗義

  
9919

平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part.2

まもなく、2019年4月30日をもって平成が終わります。平成は、ホンダ NSXや日産 スカイラインGT-Rなど、多くの名車が誕生した一方で、何らかの事情ですぐに販売終了となってしまった短命のクルマもありました。そんな、平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part...

  
6502

リーフとガソリン車。それぞれ1年1万km走ると、コストはどれぐらいの差がでるの?

どれだけ走っても、充電代が月額2,000円というプラン(旅ホーダイ)が用意された日産 リーフ。これを使うと、電気代の大幅節約につながるそうですが、一般的なガソリンエンジン車と比べると、どれぐらいの節約になるのでしょうか?文/写真・吉川賢一

  
8621

若者はなぜ5ドアなのか

さる6月に発売された新型カローラ スポーツ・ハッチバックは若者をターゲットにしているそうである。なのに、なぜ5ドア(4ドア+リアゲート)なのか? スポーティさを強調するのであれば、3ドアのほうがいいではないか! という声が一部であるそうである。確かにドアは少ないほうがボディ剛性は...

  
1785

スバルの水平対向エンジンへのこだわりはいつまで続くのか

スバルのお家芸である『水平対向エンジン』は、1969年のスバル1000から最新のフォレスターまで、脈々と受け継がれています。他メーカーが直列やV型のエンジン形式で車両開発を進めるなか、スバルはかたくなに水平対向を採用。その水平対向へのこだわりは、いつまで続いていくのでしょうか。文...

  
7291
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives