「カメラ」の検索結果(140件)

記事

13年ぶりにカムバック!新型ハイラックス、どのように進化した?

ハイラックスといえば、トヨタの誇るへビーデューティーなAWDピックアップトラックとすぐ浮かぶと思います。しかし2004年以降、日本では販売が途絶えており、市場では旧型を大事に乗っているユーザーが約9,000人ほどいるとのこと。そんなユーザーからの声もあり、2017年10月、13年...

  
5409

いたずらによるパンク…被害にあわないための対処法5選

単なるいたずらでは済まされないパンク被害。経済的、精神的に被害を被るだけでなく、最悪の場合は交通事故を誘引します。そんなパンク被害から、愛車を守るための対処法を考えてみました。

  
5914

新型カイエン。第3世代の注目すべき優秀装備とは?

クロスオーバーSUVカテゴリーに、2002年よりポルシェが投入しているモデルがカイエンです。その卓越した走行性能とデザイン性に魅了されるオーナーも多く、いまやポルシェの屋台骨を支える重要なモデルです。そんなカイエンがフルモデルチェンジを敢行しました!

  
2859

ウチの車に付いてないリアビューカメラ。後付けできる?

バック時にドライバーの死角を減らす便利アイテムが、リアビューカメラです。新車でないと取り付けられないと思っている方が多いようですが、リアビューカメラキットがいくつのアフターパーツメーカーから発売されていますし、ちょっとした知識があればDIYでも装着できるのです。

  
3456

VW、新型クロスオーバーSUV「T-Roc」を発表!気になる日本導入は?

2017年8月23日、フォルクスワーゲン(以下、VW)は第4のクロスオーバーSUV「T-Roc」を発表しました。ティグアンより1クラスコンパクトなT-Rocは、大人気激戦区の小型SUV市場に投入されます。はたして、どのようなモデルなのでしょうか?

  
1911

台風の季節到来!? アイサイトなどは大雨でも対応できるの?

アイサイトの特徴は、人間の目と同じように2つのカメラで前方の交通を認識することです。ミリ波レーダーで距離を測るのとは違って、より人間の目に近いシステムでドライバーをサポートします。大雨や霧など、視界が悪くなる悪天候時でも対応できるのでしょうか?

  
5781

なぜ上方から車の周囲を確認できるのか?

最近の車は便利なもので、バックモニターで自車の後ろを確認できるだけではなく、高いところからの映像で自車と障害物(他の車など)の位置関係を把握することができます。まさに「神の目」とも言えるこの技術は、どういった仕組みで成り立っているのでしょうか。

  
6995

5万台突破!日産の自動運転技術「プロパイロット」ってどんな悪条件下でも作動するの?

2016年8月に販売開始した現行型日産 セレナに搭載された同一車線自動運転技術「プロパイロット」。2017年6月にはエクストレイルにも搭載され、約2ヶ月後の7月末には、搭載車の販売が5万台を突破。大ヒットとなっています。プロパイロットとは、具体的にどのようなシステムなのでしょうか...

  
3454

フェンダーミラーからドアミラー、ミラーレスへ…。サイドミラーの変化まとめ

運転する際、安全確認に欠かせないサイドミラー。実は、以前はフェンダーに取り付けられていることが決まりで、ドアミラーは違法でした。今回は、そんなサイドミラーの移り変わりについて見ていきます。

  
2598

ガソリン、ハイブリッド、EV、FCV車…火災や浸水時に危険な車はどれ?

台風の季節です。近年は大型台風が日本を直撃し、甚大な自然災害をもたらしています。そのなかには、自動車には大敵の浸水や火災が含まれます。自然災害にあった際、車両にはどのような被害が発生しやすいのか、燃料別に調べてみました。

  
5013

防げない!? 増加するプリウス盗難の新手口「積み替え」とは?

朝日新聞デジタル2017年8月1日号で、プリウスの盗難事件を報じています。目下、プリウスは盗難件数第1位と、不名誉な記録もある車種ですが、朝日新聞が報じた手法は、”積み替え”という聞き慣れないものでした。この”積み替え”という盗難手法は、どのようなものなのでしょうか?

  
5738

エリザベス女王の公用車、ファントムが14年ぶりにモデルチェンジ!新車価格は7,200万円!?

ロールスロイスは、2017年7月27日に同社のフラッグシップサルーン「ファントム」のニューモデルを発表しました。ファントムといえば、1925年の登場以来、エリザベス女王の公用車やミュージシャンのジョン・レノンが愛用した車としても有名で、世界のセレブ御用達高級車の代名詞です。今回の...

  
3181

やばい!駐車料金が足りない…そんな時はどうすればいい?

停めていたコインパーキングから、いざ車を出そうと思ったら、「小銭がない!」「1万円札しかない!」「財布を忘れた!」「駐車券を紛失した!」といった経験をしたことはありませんか?筆者は年に数回はやってしまいます…。さて、こんなトラブル時は、どう対処すればよいでしょうか?

  
21584

施錠されていたバスなのに盗難!? 防ぐための3つの方法とは?

2017年7月14日、静岡県裾野市が市所有のバス2台が盗難にあったことを発表しました。素人考えでは、あんな大きなバスを盗んでも、すぐに足がついてしまいそうですが、こういった目立つ車両やセキュリティレベルの高い車両は、分解されて部品として海外で転売されます。つまり、現在はあらゆるク...

  
2534

年3万件超え!? 高齢ドライバーによる事故は、どうしたら減らせるのか?

近年、死亡事故は減少傾向にあると言いますが、一方で高齢ドライバーによる死亡事故の割合は、直近10年で増加傾向にあります。ブレーキとアクセルの踏み間違いやハンドルの誤操作などによる高齢者の死亡事故は、メディアでもよく取り上げられていますよね。これは、高齢になると判断力が劣ってくるか...

  
1801

これがスズキ流のSUV!? イグニスの世界的な立ち位置とは?

スズキが小型クロスオーバー、イグニスを発売してから1年半。世界的な流行となっているSUVをスズキ流で開発するとこうなる、といった見本そのものと言えるイグニスは、国内だけですでに約3万台を販売しています。今回は、改めてイグニスはどんなモデルなのか見ていきながら、その世界的な立ち位置...

  
4268

【車好きインプレ】安全装備を強化!新型フィット ハイブリッドに乗ってみた!

2017年6月にマイナーチェンジを受けたホンダ フィット。全車にHonda SENSING(ホンダ センシング)を搭載するとともに、内外装ともに質感を向上。さらには、サスペンションダンパーの改良に加え、パワートレインにはきめ細かなチューニングを施したとアナウンスされています。Yo...

  
930

ドライブサポートカメラを装備したNDロードスター by Data System

データシステムでは新製品の発表や、開発中のアイテムの展示などを行うため、オートサロンなどのショーへの出展を行っています。そこでプロモーション用のデモカーとして話題のモデルをベースに、とういうことで製作されたのがこのNDロードスターです。

  
3207

夏場、ルームミラーが勝手に下を向いてしまう!? その原因と対策

現在、ドライブレコーダーやレーダーには、ルームミラーの裏側に装着するタイプが販売されています。またより広い後方視界を確保するため、ワイドミラーを純正ミラーにかぶせている方もいるでしょう。しかし夏場、気がつくとミラーが下を向いている、という苦い経験はありませんか?そ原因は何でしょう...

  
7908

新型スバル WRX S4、フラッグシップモデルとしてさらに磨きがかかったその内容とは?

スバルのスポーツセダン、フラッグシップモデルとしてラインナップされているWRX S4の改良が発表されました。今回は、どんな進化を見せてくれるのでしょうか。

  
6656