「カバー」の検索結果(230件)

記事

進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

ワイパーは自動車に欠かせないアイテムの一つです。手動式ワイパーが生まれたのは1900年代初頭ですでに100年以上の歴史があります。その後、電動ワイパー、間欠ワイパー、リアウィンドウ用やヘッドライト用などのワイパーも開発されました。シートベルトと同様で、「ゴムの刃(ブレード)でガラ...

  
0

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプションが多く、クルマを購入する際、多くの方が悩む装備のひとつとなっています。そこでここでは、サンルーフのメリットとデ...

  
40

クルマに常備してあったら便利なもの10選

クルマにいつも積んでおきたい便利なものって、意外にたくさんありますよね。しかし、いざというときにならないと、なかなか気付かないことも事実。普段からクルマに常備しておいたほうが良いものとは、いったいどんなものでしょうか。今回は、クルマに置いてあったら便利なものをご紹介します。文・吉...

  
10798

花粉や黄砂からクルマを守る正しい洗車方法

春になると到来する花粉や黄砂。人間に花粉症や喘息を引き起こすだけでなく、自動車の塗装にダメージを与え、シミとなって残ることもあります。シミが残ると当然、買取査定金額にも影響してきます。そこで花粉や黄砂に対し有効な洗車方法をご紹介します。

  
3033

今時アルミホイールは、見た目以上のサイズ感がキモ!トピー実業のドルフレン・ビゲープとは?

ホイールサプライヤーのトピー実業がリリースする上位人気ブランド、「ドルフレン」から新作ホイールとなる「ドルフレン・ビゲープ」が登場しました。

  
1433

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.93 キーワードは“余白”

もう半年以上経ったからここで紹介してもいいだろう。昨年の夏、ある雑誌の取材でカーデザイナーの和田 智さんと対談をした。日産自動車を経てアウディに移籍し、先代A5をはじめとする数々の名車を世に送り出した。現在は独立しフリーのカーデザイナーとして活躍している。text:岡崎五朗 [a...

  
505

ガラスを割られたら?当て逃げされたら?被害にあった際の対応法

いたずらでタイヤをパンクさせられたり、車上荒らしのためにガラスを割られたり、または当て逃げなど、愛車が思いもよらない被害にあったらどうしたらよいでしょうか?文・加藤久美子

  
3792

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
328

美しすぎるレーシングドライバー塚本奈々美が2018年はラリーに挑戦?過酷な現場で一役買うフロントガラ...

2018年度からTGRラリーチャレンジに参戦する「美しすぎるレーサー」としても知られる塚本奈々美さん。今回は、ラリーの相棒となるトヨタ・86のフロントガラスをクールベールに交換するということで、作業の見学とラリーに対する意気込みをお伺いしてきました!参加の経緯、クールベールの効能...

  
8466

タイヤがパンク!パンク修理剤を使うときの注意点

走行中のパンクほど、恐ろしいことはありません。突然、バンッという破裂音とともに、クルマに異常振動がおき、まっすぐ走らせようとしても、ハンドルが左右に振られ、それをなんとかコントロールして路肩に停車させるだけでひと苦労。しかし安全に停車しても、まだすべて解決したわけではありません。...

  
6942

新たなるオーセンティック 〜YAMAHA XSR900

ここ数年ヤマハは、20年…いや30年先を見据え〝YAMAHA〟というブランドの骨格をアップデートしていた。そしてその作業を終え、新たな幹から伸びる枝葉に、早くも実をつけ始めたようだ。「XSR900」の国内販売を受け、そう強く感じた。text:河野正士、伊丹孝裕 photo:長谷川...

  
286

ahead INTERVIEW FLEX社長 藤崎孝行氏

ハイエース、ランクルなどの専門中古車店を 全国展開するFLEX。就任から4年半が経った今、 藤崎社長は「これからはクルマを通してライフスタイルを売る会社になるのが目標」と語る。text:まるも亜希子 phoro:菅原康太 [aheadアーカイブス vol.164 2016年...

  
245

“カスタムカー”の壁を崩したい 〜オーテックとはなにか

スマホにカバーを着けるように、周りの人とひと味違うアイテムにカスタマイズすることには積極的でも、「じゃあクルマは?」と問われると答えに詰まってしまう。“クルマのカスタマイズ”という響きが、どうも自分の趣味やセンスと違うんじゃないか、マニアックなんじゃないかと連想させるからだ。te...

  
135

”新車価格4,000万円以上が中古では数百万円から” BENTLEY Arnage(ベントレー アル...

英国が誇る貴族のためのドライバーズカー、それがベントレーです。アストンマーティンと並び、英国貴族の誇りとも言えるベントレーなだけに新車価格は想像以上に高額です。今でこそ、エントリーモデルとも言えるコンチネンタルシリーズが2003年に登場したおかげで2000万円台から購入可能となり...

  
17690

実用的なスタンダートタイヤ KUMHO ecowing ES31をテスト

CarMe編集部ではこれまで、クムホタイヤの実力を確認するためいくつかのタイヤを評価してきました。いずれのモデルも期待を裏切らない高い性能を見せつけてくれましたが、これはすべてプレミアム系タイヤでの話。真の実力というのはベーシックなモデルを評価してみないとわからないということで、...

  
3025

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.70 日本に迫る品質の追い上げ

ユーザーの自動車購入に大きな影響を与えることで知られる調査会社JDパワー社が、米国で新車として販売されてから3年経過した時点でのメーカーごとの不具合率を発表した。調査対象は4万1000人で、31ブランド、178モデル。なお、この調査での「不具合」には、故障に加え、エンジンのもたつ...

  
430

埋もれちゃいけない名車たち vol.31 “軽”の世界の自由形「スズキ マイティボーイ」

排気量660㏄以下、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下という厳格な規定内で作られる軽自動車。室内をより広く使うため、あるいは燃費などの経済性を稼ぎ出すためためにありとあらゆるアイデアやテクノロジーが投入され、日本人が日本国内で乗るための利便性も徹底的に吟味され...

  
1448

リッター67キロの真実 〜三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEVは「自分で発電する電気自動車」を標榜する。PHEVの「PH」はプラグインハイブリッドで「EV」は電気自動車の意味である。一体どういうことだろう。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.136 2014年3月号]

  
115

スタッドレスタイヤの保管方法は?正しい場所も解説!

3月もすでに後半、巷は徐々に春めいてきましたね。クルマも春の準備、というかスタッドレスタイヤをノーマルタイヤに戻す、あの作業が必要になる時期です。たまにゴールデンウィークを過ぎても、スタッドレスタイヤで走行している車を見かけますが…。今回は、スタッドレスタイヤの劣化を防止する保管...

  
26348

SUVに「シュノーケル」を取り付けると、どんな効果があるの?

皆さんは「シュノーケル」という自動車パーツをご存じですか?主に、オフロード4WDやSUVに使用するものですが、どんな効果があるのでしょうか。最近、日本ではお目にかからなくなったシュノーケルに、スポットを当ててました。

  
19744
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives