「カット」の検索結果(88件)

記事

飛び石などで傷つくフロントガラス、交換費用とガラスの種類は?

フロントガラスへの飛び石は、いくら注意していても防ぎきれないことがあります。それでできた傷は、ガラスリペアで直せる場合もありますが、大きな場合は補修ができずに、ガラス交換を余儀なくされます。ネットで検索すると、同じ車種のフロントガラスの交換なのに、値段に差があるのはなぜでしょうか...

  
7040

ミニバンから軽まで、多くのユーザーが欲しいアルミホイールを突き詰めたドルフレン・フィニートに注目

ホイールのデザインは、複雑になるほど難しく、シンプルになるほど没個性的になります。ドレスアップを前提としたカスタムでは、できれば似ているものがない個性の強さと、野暮にみえない洗練されたデザインが求められます。そんなワガママなオーナーの期待に応えるホイールを紹介しましょう。

  
3811

今さらながら東京モーターショーレポート  これまでにない明るさ実現させたIPFのLEDバルブ

今更ながら東京モーターショーのレポートをさせていただきます。とはいえ、車両メーカーのレポートはCarMeはもちろん、いろんなメディアで取り上げられていたと思います。そこで、視点を変えて部品メーカーやサードパーティにフォーカスしてレポートいたします。

  
2560

新品タイヤにヒゲ?どうしてついてるの?

新品のタイヤを見たことがある人であれば、側面にヒゲのようなとげのようなものが何本もついているのを見たことがあると思います。新品のタイヤにならあって当たり前のものですが、どうして付いているのでしょう?今回はこのヒゲの謎に迫ります。

  
13077

RE雨宮が最新の手法で手がけたFC3S型RX-7とは?

RX-7と言えば、世界で唯一量販型ロータリーエンジンを世に生み出したマツダが誇るスポーツカー。日本のみならず海外でも多くのファンを獲得しています。そんなロータリーチューンの雄、RE雨宮が手掛けたFC3S型RX-7は現代的な手法を多く取り入れた至極の1台に仕上がっていました。

  
11177

じつはガルウイングドアを持っていたトヨタ車。セラって、どんな車?

自他ともに認める「80点主義」でクルマを作ってきたトヨタにも、時々これはどうしたのかと目を見張りたくなるようなクルマが登場することがあります。そんなトヨタらしからぬクルマの代表といえば、このセラをおいて他にはありません。

  
4292

生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

1965年に発売された初代日産 シルビアは、欧州の香り漂う非常に美しいモデルでした。しかし生産台数はわずか554台…。現存している台数も極めて少ない稀少車といえるでしょう。そんな美しい名車について触れてみます。

  
10728

手軽に愛車をアップグレードさせるValentiの3アイテム

愛車をカスタマイズしていく場合、エアロパーツやアルミホイールなど大物をインストールしたときの満足感は言わずもがなですが、意外と満足感が高いのが実用性の高いものだったり、分かる人には分かるような細かいアイテムだったりします。そこで今回は満足度の高い3アイテムをご紹介いたします。

  
3689

モデルもこなす美人レーサー塚本奈々美ってどんな人?

「美人すぎるレーシングドライバー」としてのレース活動はもちろん、テレビ出演や雑誌でのコラム執筆、モデル活動まで幅広い分野で活躍を魅せる塚本奈々美さん。今回は塚本さんご本人に直撃し、レース活動から愛車の話まで、いろいろお話をお伺いしてきました!

  
8274

エンジンのエアフィルター(エアクリーナー)…形状による違いは?

純正のエンジン吸気用エアフィルター(エアクリーナー)のほとんどは、エアクリーナーボックスと呼ばれる箱状のケースに入っています。このエアフィルターには、アフターパーツとしてキノコ型やファンネル型など、さまざまな形状がありますが、性能に違いはあるのでしょうか?

  
5361

90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

この30年で、世界の自動車造りは大きく変化しています。従来の手法が円熟期に達した90年代、環境性能と高出力に対応し始めた00年代、追突予防安全装備から自動運転へと変化している10年代。あなたはどの年代の車が好きですか?

  
3279

BBS鍛造ホイールは何故高い?理由解明のためBBSジャパン本社工場へ潜入。

モノはいいけど、値段が高い・・・。前回のユーザーアンケートでも、既存ユーザーですら価格で悩む・・・。BBS鍛造ホイールは、決して安いものではないことは多くのユーザーに知られています。しかし、他社のアルミホイールと何が違うのでしょうか?CarMe編集部では疑問が生まれました。それを...

  
25600

エリザベス女王の公用車、ファントムが14年ぶりにモデルチェンジ!新車価格は7,200万円!?

ロールスロイスは、2017年7月27日に同社のフラッグシップサルーン「ファントム」のニューモデルを発表しました。ファントムといえば、1925年の登場以来、エリザベス女王の公用車やミュージシャンのジョン・レノンが愛用した車としても有名で、世界のセレブ御用達高級車の代名詞です。今回の...

  
3534

鍛造ホイールの老舗BBSジャパンがリリースし続ける往年の伝統モデル「LM」そしてリミテッドモデルとは...

数多あるアルミホイールの中でも、多くのユーザーに支持されるBBS鍛造ホイール。一口にBBSと言ってもたくさんのモデルがありますが、CarMe編集部ではとあるモデルに目がつきました。それは「LM」です。以前のBBS鍛造ホイールユーザーアンケートでLMは別格で多くの熱狂的ファンがいる...

  
6347

本当に速いクルマを決めるレース!? ラリークロスって?

ラリークロスとは、1970年代前半から始まったモータースポーツ競技のひとつです。日本ではまだあまり知られていませんが、市販車とあまり変わらない姿の競技車が、目の前の周回コースでバトルを繰り広げる大変過激で魅力的な競技です。そのラリークロスとは、どんな競技なのでしょうか?

  
4778

昔は国産車も多かった!ドイツ車は今でもエンジンバリエーションが多いのか?

BMWやメルセデス・ベンツなど、ドイツ車は1車種で何種類ものエンジンを使い、さまざまな需要に応えているというイメージがあります。はたして現在でもそうでしょうか?

  
5449

紫外線カットのフロントガラスクールベールの底力。アイスが溶けない?

紫外線等をカットするフロントガラスを謳うクールベールですが、ユーザーにとってもっとも気になることは、その効果を実際にどこまで体感できるかではないでしょうか。そこで、クールベールを取り付けた車両と、純正ガラスの車両を用意し、温度変化を観察。その結果は一目瞭然、明確な違いとなって現れ...

  
6336

断熱フロントガラス『クールベール』とは?

季節にかかわらず、車室内の快適性を損なってしまうのが、陽射しです。夏は夏で強く照りつけるし、冬は冬で太陽の高度が低く、西日など気になるもの。その程度は、季節によって異なるとはいえ、陽があたった際に肌に感じるジリジリ感にたえ難い不快感を覚えることは、誰しもが経験済みのことでしょう。...

  
9664

車好きの特徴…エンジン音で回転数や何速かわかるって本当?

自分のクルマを乗っていると、乗り方にクセが出てくると思います。またタコメーターを見なくても感覚でおおよその回転数がわかったり…なんて方もいるでしょう。今回はそんな「感覚」のお話しです。

  
10537

デフって何のためについてるの?

クルマの構造でよく『デフ』とか『デファレンシャル』いう単語を耳にしませんか?クルマ好きな方であれば「ああ、あれね」となるかもしれませんが、意外と知っているようで知らなかった…という方もいるかもしれません。今回は、このデフについて触れてみましょう。

  
11035