「カスタマイズ」の検索結果(245件)

記事

楽しんだもの勝ち。好きを貫く ーSHINICHIRO ARAKAWA

六本木通りの南青山7丁目交差点から、ほどなくしてそのショーウインドウは見えてくる。カウルが外されたMH900eにハッとして、こんなところにバイクショップかなと立ち止まれば、エントランスには小さく「SHINICHIRO ARAKAWA」と書かれている。text:まるも亜希子 pho...

  
8

雨漏りとすき間風、チューニングカーで多いトラブル対策

クルマに乗っていて、雨漏りがしてくる!窓を閉めているのにすき間風が吹いてくる!新車ではまずありえないことですが、チューニングカーでは意外とあるものです。対策を確認しておきましょう。

  
2622

輸入車のなかでも異彩!? お洒落なフランス生まれのSUV3選

今人気の輸入車SUV市場のなかでも、異彩を放っているのがフランス生まれのSUVモデル。質実剛健なドイツ車とも、スポーツ性能を謳うイタリア車とも、プレステージ性を追求するイギリス車ともまったく違ったデザイン性が高く評価されています。今回はそんなフランスからやってきた魅力的なSUVモ...

  
2910

現代のクルマだけどデザインがレトロなクルマ5選

普遍的なデザインを持った製品は、時を経ても多くの人々に長く愛されています。レトロなデザインとは、そんな普遍的要素をモチーフに取り入れたもので、かわいらしくておしゃれなことが特徴です。ここでは、そんな中身や機能が最新で、レトロなデザインのクルマをいくつか紹介しましょう。文・立花義人

  
6088

【樽見祐佳の“女子流”】「やっぱりガソリン車が一番!」は本当?テスラ モデルXで味わった別次元のドラ...

ウェアラブルデバイスが現実世界に登場したのは今より少し前のこと。マンガやアニメのなかでは長い間待ち焦がれたそれも、実際使えるようになれば素早く私たちの生活に溶け込み、あっという間にそれが当たり前になっていった。テスラにも近しいキャラクター性を感じる。シンプルで機能的な内装、車の脳...

  
1924

S660が丸目のクラシカルな姿に!? 外装キットが発売!

2018年9月21日、ホンダの純正パーツを取り扱うホンダアクセスから、S660向けの外装キットが発売されます。今日的なデザインが与えられたS660のイメージをガラリと変える「S660 Neo Classic KIT」とは、どんな内容になっているのでしょうか?

  
3604

【CarMeで12星座占い】今週のあなたの運勢は?ー8月27日〜9月2日

1週間が始まります。運気のアップダウンは人生につきものですが、なんとなくでも知っておけば、チャンスが来た時に見過ごさず、トラブルの影響も少なく過ごすことができるはず。12星座占いで週間運勢を予習しましょう。★占い師・芦田イングリット監修★

  
11762

スポーツだけじゃないBRIDEのシートは全方位で自動車の運転を根こそぎ変える

日本には世界に認められる自動車アフターパーツメーカーがあります。その中でもシートと言えば、BRIDEではないでしょうか?今回はBRIDEのメーカースタンスを伺いました。たかがシート、されどシート。そのこだわりには驚かせれます。

  
1542

便利だけど危険!?「ツライチ」で使うホイールスペーサーの正しい使い方

クルマのドレスアップ手法のひとつに、タイヤをボディ側面のラインに合わせる通称「ツライチ」というカスタマイズがあります。見た目のカッコよさだけでなく、走行安定性も向上する効果がありますが、じつはこれ、正しく装着しないと、非常に危険でもあるのです。そこで今回は、「ツライチ」で使うホイ...

  
8917

パトカーと市販車、どんな違いがある?

日々、市民の安全を守る警察官。その警察車両の代表といえばパトカーですが、私たちが普段乗っている市販車との違いはあるのでしょうか?

  
9309

世界ではまだまだ現役!現行車で買えるW12エンジン搭載車4選

日本車では2代目センチュリーの生産終了とともに姿を消した12気筒エンジンですが、世界に目を向けるとまだまだ現役です。しかもV型ではなくW型という変則的なブロック配置です。W型エンジンの特徴や搭載車を紹介しましょう。

  
11036

自動車のマフラーの構造とは?どういう役目があるの?

ときには存在感を消して乗員が快適に移動することに貢献し、またあるときには迫力あるサウンドでドライバーの心を鷲掴みにするマフラー。普段は目につきにくいところにあるため、役目や構造について謎な部分もあります。今回は、マフラーがもつ特徴や役割について紹介します。文・吉川賢一

  
6444

ワーゲンバスがいまでも人気の理由

レトロな雰囲気が魅力のフォルクスワーゲン タイプ2(通称ワーゲンバス)。いまとなっては、新車で買うことのできないクルマです。しかし、発売から50年以上が経過した現在でも、根強い人気があります。その魅力とは何でしょう。文・立花義人

  
9242

スズキ ジムニーが愛される理由

スズキ ジムニーは、1970年に初代がデビューしました。軽自動車でありながら、力強い走りと、圧倒的な悪路走破性で独自の存在感を放つジムニーは、根強い人気に支えられてきたロングセラーです。2018年7月に新型がデビューするジムニーの歴史を振り返りつつ、長年愛され続けている理由を見て...

  
6312

たった一台の幻のランボルギーニ、コードネーム「J」と呼ばれる車とは?

先日発売されたプレミアムSUVのウルスが大人気となっているランボルギーニ。現在は、アウディのオペレーションで21世紀版のスーパーカーを発表していますが、かつてはフェラーリに対抗するライバルとして歴史に残る名車を輩出してきました。ランボルギーニといえばカウンタックが有名ですが、それ...

  
4777

特集 日本のクラシックについて

欧州には、古いクルマを文化遺産としてとらえる価値観が根付いている。それは、国の歴史だという視点に基づいていたり、貴族意識に起因していたりする。そして自動車メーカーも自分たちの製造してきたクルマを後世に残していこうとする姿勢が古くから備わっていた。翻って戦後の日本人の生活を支えてき...

  
313

ネグローニ・スパイダー物語

自動車というのは道具である。それに異論はない。けれど、これほどまでに人の暮らしの中で人の心にハッキリと作用を及ぼすエモーショナルな道具は他にないと思うし、もっと言うならこれほどまでに人生というやつに密着し、人が紡いでゆく物語を豊かに彩ってくれる道具というのもそう多くはないんじゃな...

  
319

嶋田智之のこれからはじめる趣味的クルマ生活 2016

2012年4月号の特集「これからはじめる趣味的クルマ生活」の第2弾です。あれから4年が経ち、クルマを取り巻く状況も、読者の平均年齢も、日本人のクルマに対する考え方も少し変化したのではないでしょうか。そのことを前提にしたチョイスになっています。そして、前回40代だった嶋田智之も50...

  
882

クルマやバイクに文学はあるのか クルマやオートバイには人を突き動かすエネルギーがある

前号では『クルマやバイクに文学はあるのか』と題し、その前編として、これまでにクルマやオートバイがどのように表現されてきたのか、どう語られてきたのかを振り返ってみた。後編の今回は、クルマやオートバイを乗ることに、文学的といえる要素が含まれているのか、それは、他の文学的存在と同じよう...

  
339

1台のクルマと永くつき合う

クルマを生活の道具として考えた場合、整備や修理を繰り返して乗り続けるよりも、そのクルマと適度な時間を過ごした後、価値が下がらないうちに新型車に乗り換えて行く方が賢いように思える。しかしクルマは、家電や携帯電話ではない。機能やスタイルが新しくなったからといって、全てが自分にとって相...

  
3785
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives