「カイエン」の検索結果(99件)

記事

NEXEN N’FERA RU1(エヌフィラアールユー1)が ポルシェ社のマカンに純正装着

株式会社ネクセンタイヤジャパン(東京都港区、代表取締役社長:西村竜) は、同社のスポーツパフォーマンスSUVタイヤ「NEXEN N’FERA RU1(エヌフィ ラアールユー1)」がポルシェ社のマカンに新車装着用タイヤとして採用され たことを発表しました。

  
18008

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.04 ル・マンを読み解く

83回目を迎えた伝統のル・マン24時間レースは、復帰2年目のポルシェが過去6年連続でル・マンを制しているアウディを退け、勝利を手にした。「ポルシェはスポーツカーのブランドだ」という事実を、「ポルシェといえばカイエンやパナメーラ」と認識している国(主に新興国)の人々に向けて発信する...

  
526

世界が求めるプレミアムSUV

以前はトラックと同じフレーム構造だったSUVを乗用車と同じモノコック構造にしてオンロードユースに適したクロスオーバーSUVを初めて仕立てたのは1994年登場のトヨタRAV4だ。さらにトヨタは1997年に高級という概念も採り入れたハリアーを発売、アメリカでも想像を超えたスマッシュヒ...

  
2587

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供...

  
3438

アメリカ大統領就任に見たのはセダンの終焉か

セダン受難の時代である。さる1月20日の米大統領就任式でも、就任前のトランプ・ファミリーが乗ってきたのは黒塗りのシヴォレー・サバーバンであって、キャディラック、あるいはリンカーンのフルサイズ・セダンではなかった。このクルマ選びはトランプにピッタリで、ホワイトハウスへと向かう映像は...

  
1606

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.97 セダンの利点

かつてはクルマの本流だったセダンだが、最近はミニバンやSUV、あるいはハッチバックタイプのコンパクトカーに押されすっかり人気がなくなってしまった。しかし、なぜ本流だったのか、その理由に思いを馳せると、なかなかどうして捨てたもんじゃないなと思えてくる。text:岡崎五朗 [ahea...

  
3332

満を持して日本進出を果たしたネクセンタイヤ 世界中の車両メーカーで純正採用されるタイヤ「NEXEN」...

2017年3月に新しいタイヤメーカーが日本進出を果たしました。みなさんは「NEXEN Tire(ネクセンタイヤ)」というメーカーをご存知でしょうか。じつは世界では有名、日本では知る人ぞ知るタイヤブランドであるのです。この記事では、メーカーの歴史と強みに触れてみたいと思います。

  
17926

信じられない!30年前の人々には想定外の車6選

トヨタのアルファード/ヴェルファイアなどに代表される高級ミニバンというジャンルが確立されたのは、2000年代以降。30年前には、ファミリー1BOXこそあったものの、高級車 =セダンというイメージは誰もが認めるところでした。それが、たった30年(アルファードの発売から20年弱)でこ...

  
25784

【東京モーターショ2017】新型カイエンやパナメーラ スポーツツーリスモなど…ポルシェ 画像まとめ

2017年10月25日、東京モーターショー2017が開催されました。ポルシェは、アジア初披露の新型カイエンや日本初披露のパナメーラ スポーツツーリスモなどを出展。ここでは、ポルシェの画像をまとめました。Photo:S.Kamimura

  
7021

【全文書き起こし】新型カイエン、アジア初披露!ポルシェが描くスポーツカーの未来とは?ポルシェジャパン...

2017年10月25日、東京モーターショー2017会場で開催されたポルシェはのプレスカンファレンス。ポルシェジャパン代表取締役社長の七五三木氏は、新型カイエンのアジアプレミアムとパナメーラ スポーツツーリスモの日本プレミアムとともに、これからのポルシェが描く未来のスポーツカーのロ...

  
5052

丸の内20代OLに聞いた、お父さんに乗って欲しい車5選

皆さんも、免許取り立ての時は、お父さんやお母さんのクルマを借りて、友達を乗せてドライブに出かけたり、デートに行ったりしたことでしょう。そんなとき、ちょっといい車だったりすると鼻が高かったものです。そこで今回は、丸の内20代OLに「お父さんにどんなクルマに乗って欲しい」のか、ヒアリ...

  
15262

新型カイエン。第3世代の注目すべき優秀装備とは?

クロスオーバーSUVカテゴリーに、2002年よりポルシェが投入しているモデルがカイエンです。その卓越した走行性能とデザイン性に魅了されるオーナーも多く、いまやポルシェの屋台骨を支える重要なモデルです。そんなカイエンがフルモデルチェンジを敢行しました!

  
9316

カイエンの廉価版?いいえ、スポーツ性を備えたコンパクトSUVです。

ポルシェのラインナップのなかにある、2種類のSUV。2002年に発表されてヒット作となったカイエンと、2014年に発売が開始されたマカン。誤解を恐れず言ってしまえば、カイエンよりひと回り小さいSUVがマカンです。しかし、この2台は似ているようでいて、かなり異なる存在なのです。

  
5210

車に詳しくない方でも見て欲しい!ポルシェのラインナップ

ポルシェといえば高級スポーツカーの代名詞的な存在。いざ車を買おうと思っても、なかなか視野には入ってこないかもしれません。それでもやはり洗練されたスポーツ性能やデザインは、多くのクルマ好きが憧れるところですし、現在はエントリー(といっても高額ですが…)モデルのラインナップも充実して...

  
23524

なぜ、輸入車は「査定は安く、販売価格は高い」と言われるの?

新車では高くて手が出ない輸入車も、中古車なら手が出る場合もあります。同じ金額を出すなら、新車の国産車より、中古輸入車のほうが他人との違いや、国産車とは違ったスタイリングや走りを楽しめるかもしれません。しかし輸入車は、「査定は安く、販売価格は高い」とよく聞きませんか?これは本当なの...

  
16110

ビークロス、レパードJフェリーなどなど…奇抜な見た目で当時話題になった車5選

車という商品の性質上、一度世に出したら一定数量売れないと採算が取れません。そのため、もともとのデザインは尖っていても、世に出る頃には、営業や販売、会社の上層部の意見を取り入れることで、コンサバティブなデザインや設計になりがちです。しかし、長い車の歴史のなかには、デザインが奇抜だと...

  
14409

年間100万円も!?眠っている車の活用で、維持費を軽減する方法

維持費が膨らみ泣く泣く愛車を手放した方もいらっしゃるのではないでしょうか。車の維持費を何とかして軽減したい方に朗報です。

  
5665

ランボルギーニLM002やポルシェ959など…オフロードを駆けたスーパーカー

かつては超高級車ロールス・ロイスのスポーツバージョンを作っていたベントレーが、高級クロスオーバーSUV、ベンティガを発売したのは最近の話。こうした高級車やスーパーカーメーカーが、SUVをリリースするのは、より広い顧客を掴むためですが、かつてはブランドイメージ向上のために作られたス...

  
14602

ポルシェはなぜ"4灯式ライト"を採用しているのか?

スポーツカーにとって必要な要素のひとつに、個性的かつ存在感のあるフロントマスクデザインが挙げられるでしょう。それがポルシェなら、丸型ヘッドランプのトップ部がそのままフロントフェンダーの峰を形成する独特のデザインにあらわれています。この丸型ヘッドライトは、時代とともにデザイン、機能...

  
48931

ランクル プラドやマカン、X5など…2017年版、燃費が良くて経済的な大型SUV 10選

ここ数年、コンパクトSUVが人気を高めています。その一方で、世界的に見れば大型SUVも人気を失っていません。車格が大きいとなると、そのぶん大きなエンジンが必要となり、心配されるのが燃費です。そこで、全幅1,850mm以上のモデルに絞って、環境性能に優れるSUVを調べてみました。

  
28592
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives