「オートマ」の検索結果(208件)

記事

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.38 ミスの理由

第3戦中国GPの予選で、M・ウェバーのレッドブルRB9がコース上に止まった。原因はガス欠である。ウェバーはその時点で14番手のタイムを記録していたが、燃料タンク内に1ℓ以上残っていなければいけないルールに抵触したため、予選から除外されるという厳しいペナルティを受けた。ウェバー車の...

  
902

スノーモービルメーカーが作ったスリーホイラー カンナム・スパイダー

ここ数年、高速道路や街中で一風変わった3輪の乗り物を目にする機会が増えてきた。その多くが「スリーホイラー」、または「トライク」等と呼ばれる新しいコミューターだ。2輪でも4輪でもないこの種の乗り物は、サイドカーにやや近い。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 [aheadアーカ...

  
1730

10年間で大きな変化は2つだけ!? 初代コペン、中古で「買い」と言えるモデルはどれか?

2002年から2012年まで、ロングセールスを続けた軽2シーターオープンスポーツ、初代ダイハツ コペン。基本的な部分は、10年間ほとんど変わらず、その都度走りに特化したモデルや特別仕様車などをラインナップに加えてきました。2018年現在、中古の「買い」と言えるモデルはどれでしょう...

  
15352

オートマなのにエンスト!どうしたら良い?

現在、販売されている車の大部分がATということもありますが、エンストが怖いからMT車には乗らないという方もいるでしょう。しかし、ATであってもエンストしてしまうことはあるのです。"AT=エンストしない"というイメージでいると、といざエンストしてしまった時に混乱して...

  
28970

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.63 メーカーオブザイヤー?

今年も日本カーオブザイヤー(COTY)の季節がやってきた。COTYはあらかじめ投票で10台のクルマをノミネート(10ベストカー)し、その10台のなかから最終選考で順位を競う。ここでもっとも多くの得点を獲得したクルマがその年のカーオブザイヤーとなるわけだ。text:岡崎五朗 [ah...

  
2188

あきらめないクルマにする 〜グイドシンプレックス

10月上旬、東京ビッグサイトにおいて「国際福祉機器展」が開催された。最新の介護、福祉用品の現状を知っておこうと勉強する気持ちで会場に向かった。text:我妻泰裕 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.144 2014年11月号]

  
540

Rolling 40's Vol.76 ヨーロッパの道

仕事で一週間ほど、ヨーロッパをスペインからポルトガルへと旅した。1000キロ以上の行程全てが高速道路と一般道を混ぜた自動車での大移動。車窓を通して見たリアルなヨーロッパの交通事情を話したいと思う。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.146 2015年1月号]

  
553

“ダイナミックシールド”をまとった 新型、三菱eKカスタム

自信や充実感に満ちている人は、いい顔をしている。見ているとこちらまで気力がみなぎってくるような、思わずグイグイと惹き付けられるような、しっかり前を向いている顔だ。それはクルマにも当てはまることだと、新しくなったeKカスタムを見てあらためて感じている。text:まるも亜希子 [ah...

  
2283

おしゃべりなクルマたち Vol.88 クルマと傘と教育と

私がまだ10代だった頃、母はよく「アンタはこんなことも知らなくてこの先、生きていけるのか」、こう嘆いたものだった。彼女の気持ちが今になってよくわかる。text:松本 葉 [aheadアーカイブス vol.157 2015年12月号]

  
616

ひこうき雲を追いかけて vol.48 自動運転の憂鬱

先日、「信号を先読みするクルマが発売された」というニュースが流れた。車両と信号機が通信することによって、「前方の交差点を青信号で通過するために必要な速度」「前方の信号が赤色に変わるタイミング」「信号待ちの際の赤信号の残り時間」を教えてくれるそうである。この技術の先には当然、自動運...

  
740

ひこうき雲を追いかけて vol.51 ファンタジー

先月号の女性版特集ではみなとみらいの8つの輸入車ディーラーを紹介したが、恥ずかしながら、ロールス・ロイスについてはまったく予備知識がなかった。だからかどうか、このクルマのもつ世界観にすっかり興味を惹かれてしまった。text : ahead編集長・若林葉子 photo : 長谷川徹...

  
510

初代からファイナルまで…今ランエボ買うならどの世代が良い?

惜しまれつつ2016年で生産・販売が終了した三菱 ランサーエボリューション。1992年のエボIから最後のファイナルエディションまで、24年の長きにわたり三菱自動車のスポーツイメージを支えてきました。大雑把に言っても4世代10モデル、サブタイプを含めればさらに多数のバリエーションを...

  
96450

愛車を元気に走らせたい!定期的にチェックすべき液体とは?

現代のクルマは非常に高性能で、朝起きたらエンジンがかからない!なんてことは、そうそうありません。過去のクルマたちから得たノウハウ、言い換えれば長きにわたる実証実験の成果が、現在のクルマに詰まっているといえるでしょう。だからといってメンテナンスフリー、なんてクルマはこの世に存在しま...

  
9008

私用、軍用、なんでも来い!汎用性抜群なランドローバーのラインナップ

ランドローバーといえば、ハードな使用(軍による採用)にも耐えうるモデルをリリースする一方で、レンジローバーに象徴される高級車の要素を盛り込んだSUVによって、知名度をあげた老舗SUVブランドです。そんなランドローバーの現在のラインナップをチェックしてみましょう。

  
9684

多段ATとCVT、どっちがいいの?

日本は、AT大国でもあります。渋滞、狭い路地や交差点、地方の道路でも信号が多いといった道路事情によって、1980年代終わりごろから、ATはMTの販売比率を上回るようになり、そして進化を続けてきました。現在は、低価格車のほとんどがCVT、高額車では多段ATという使い分けがトレンドの...

  
79220

もしも、映画『ワイルドスピードースカイミッションー』にトヨタの最新安全技術が搭載されたら

激しいカーアクションで有名な映画『ワイルドスピード』に登場する車に、もしも、トヨタの最新の安全技術「Toyota Safety Sense P」が搭載されたら、危険運転がどれほどの安全運転になるか考えてみました。※劇中にトヨタの車はほとんど登場しませんが、今回は安全技術の代表例と...

  
10992

バスやトラックなどの商用車にMT車が多い理由

現在では、めっきり数が減ってしまったMT車ですが、バスやトラックなどの商用車では、いまだにMT車が多く採用されています。なぜ多いのでしょうか?---------------------------------------------------------------------...

  
104863

なぜATが多段化されるのか?どのようなメリットがある?

AT車といえば「L⇒2⇒D+OD付4速」が乗用車の主流でしたが、近年は5速AT、6速ATといった「多段式AT」が増えてきました。多段式ATは高級車のイメージが強いのですが、搭載することでどんなメリットがあるのでしょうか?

  
14356

新型ジュリア誕生!ライバルはBMW 、メルセデス、レクサス!?

アルフィスタと呼ばれる熱狂的な支持者も多いアルファロメオ。そんなアルフィスタにとって特別な、ジュリアの名を冠した新型モデルが、まもなく日本でも発売になります!

  
9935

並行輸入車はディーラーで整備してもらえないことがある?正規車両と違う点は?

輸入車は、国産車にはない性能やデザインなどが魅力です。そんな輸入車の購入を検討するとき、目に留まるのが”並行輸入車”という存在。同程度の装備、グレードでありながら、正規輸入車両より安く購入できたり、日本仕様にはない色や装備、グレード、さらには国内販売されていないモデルなど、さまざ...

  
29116
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives