「オフロード」の検索結果(443件)

記事

アルファの超クイックなSUV、ステルヴィオはドライビングの楽しさに溢れたSUVだった!

イタリア北部、アルプス山中にある峠=ステルヴィオ峠からその名前をとったアルファロメオのSUVがステルヴィオです。ジュリアのプラットフォームを用いてSUVに仕立て直し、オフロードの走破性よりも?オンロードでの操縦性を重視したのに違いないと思える過激な操縦性が魅力です。ハイパフォーマ...

  
1529

SUVでキャンプを楽しむにはこのタイヤがおすすめ!5つをご紹介!

キャンプに行く時、SUVタイヤで重視すべきはドライの性能も大切だが、悪路の走破性もそれなりに考慮しなくてはならない。その方がよりワイルドで楽しいキャンプ・ライフが過ごせる可能性があるから。となると、重要視する点はオフロードのグリップ性能となるのだが、最近はドライとの性能を両立を考...

  
1640

もはやジープ ラングラーを選ばない理由がない!? イメージとあまりに違う真の姿

ジープと言えば、四輪駆動車の代名詞にもなっているブランドですが、そのイメージから意外と敬遠する人が多いのが実情。でも今回、新型のジープ ラングラーアンリミテッドに全地形で試乗してみて、もはや選ばない理由が見つからないという結論に辿り着きました。文/写真・山崎 友貴

  
1765

W12エンジン635馬力…ベントレー ベンテイガ・スピードは"ハードな走りと快適性を高次元で両立" ...

CarMe[カーミー]編集部からアングルシィ・サーキットでベントレー ベンテイガ・スピードを試乗した大谷達也氏にインプレッションを依頼しました。ラグジュアリーカー作りのノウハウをすべて投じて作り上げられたベントレー史上初のSUV ベンテイガ。今回新たに追加されたベンテイガ・スピー...

  
17908

やっぱり初代 (NA) が忘れらんねえよ...そんな思いから新車でマツダ 4代目(ND)ロードスター...

2015年3月、Webで商談予約を行った4代目(ND)ロードスターは自身にとって久しぶりの新車だ。購入グレードはSスペシャルパッケージの6MT、それにメーカーオプションのセーフティパッケージと、ディーラーオプションのナビゲーション用SDカードにフロアマット、そしてDSRC車載器と...

  
2604

ヤマハ、モトクロス競技用バイクの2020年モデルを発売

エンデューロモデルのYZ250FXはフルモデルチェンジ、モトクロスモデルのYZ450Fはマイナーチェンジとなります。

  
1289

ジムニーの性能がさらにアップする!チューニングの基本レシピとは?

空前の爆発的ヒットとなっているスズキ ジムニー。納車を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか?オン・オフでのバランスの良さ、高い走行性能と実用性を備えたジムニーですが、チューニングをすることで、さらに楽しく乗ることができます。今回は老舗チューニングパーツメーカーに、基本レシ...

  
38031

ポルシェ、新型カイエンEハイブリッドの予約受注を開始

国内発売日については決定しだい発表されるとのことです。

  
911

トヨタ ハイラックスをマイナーチェンジ、運転支援システムを強化改良

トヨタは、ハイラックスを一部改良し、6月24日に発売します。

  
2114

まさに成功の証。アメリカのプレミアムSUV"キャデラック エスカレード"をテストドライブ

まだ、ダイムラーなど、わずかな自動車メーカーしか存在していなかった20世紀初頭。キャデラックは1号車を完成させる。1903年のことだ。それから110年を超える歴史を築いてきたのが、世界屈指のプレミアム・ブランドがキャデラックだ。キャデラックの名声は、ただ豪華や華美というだけでなく...

  
1811

ライバルと比較して分かった、新型RAV4の革新性とは?

RAV4が久しぶりに日本に戻ってきました。すでに北米で先行発売されていたので、そのデザインは媒体で知っていた方も多いと思いますが、実車に触れてみると驚く性能を秘めていることが分かりました。文・山崎友貴

  
25557

FCAジャパン、ジープブランドのグランドチェロキー・トラックホークを一部改良

内外装の一部デザインが変更されました。

  
1181

ついに国内生産終了、パジェロが拓いたSUVへの道

日本のRV市場を支えてきた三菱自動車のパジェロが、今年8月で約37年間の国内での歴史に幕を閉じることが発表されました。かつて「夢の景品」ともなっていたパジェロの歴史と、その役割を振り返ります。文・山崎友貴

  
14188

大人気のSUV、こんなメリットやあんなデメリットとは?

もはや車のカテゴリーとしてはスタンダードになったSUV。その人気は留まることがありませんが、購入を決断する前に知っておきたいことがいくつかあります。今回はSUVのメリットとデメリットについてお話します。文・山崎友貴

  
9053

MINIの楽しさに実用性をプラスするMINI「クロスオーバー」

MINI・クロスオーバーは、MINIの4番目の派生モデルとして誕生し、日本では2011年から発売が開始された。3ドアのコンパクトカーである基本のMINIに対して、MINI・クロスオーバーはSUVであり、MINI初の4ドア、そしてMINI初の4輪駆動モデルを用意していた。ちなみに、...

  
1916

三菱自動車がパジェロの特別仕様車「FINAL EDITION」を発売

販売台数700台限定の特別仕様車「FINAL EDITION」を4月24日から販売を開始しました。

  
1609

【オフロード風デザイン】C-HRのTRDエクストリーム スタイルの実車画像レビュー

2016年12月、コンパクトSUVのC-HR/CHRが発売されましたが、モデリスタだけではなく、トヨタのワークスチューニングのTRDからも2つのスタイルが発売されています。一つは、ホットハッチのようなスポーティーなデザインの”アグレッシブ スタイル”。そして、もう一つは、オフロー...

  
2139

新型XVとインプレッサの外装比較【XVのみの専用装備は何がある?】

2017年5月、スバルの新型XVがフルモデルチェンジをして、3代目に生まれ変わりました。今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、インプレッサ スポーツから派生したクロスオーバーSUV。なので、共通部分も多くなっています。ただ、この新型XVは、インプレッサ スポー...

  
2240

2.5Lエンジン222ps…武骨な力強い雰囲気で存在感あるトヨタ RAV4を試乗レビュー

けっこうゴツいイメージに振ってきた...。それが、約3年ぶりに復活したトヨタRAV4の第一印象。初代RAV4は、それまで武骨だったクロスカントリーモデルのヨンク(当時はまだSUVという言葉が定着していなかった)に対して乗用車ライクな雰囲気やメカニズム、そして乗り味が斬新でした。文...

  
8487

スバル新型XVのラゲッジの荷室容量|旧型よりどれくらい積載量は増えた?

街乗りからオフロードまでカバーできるスバルのクロスオーバーSUVの新型XVが、2017年5月にフルモデルチェンジをして新発売されました。スバルから新発売されたこの新型SUVの展示車を先日見に行ってきたのですが、競合車・ライバル車よりも良いと思ったのが、荷室・ラゲッジスペース。この...

  
7305
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives