「エンジン音」の検索結果(87件)

記事

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプションが多く、クルマを購入する際、多くの方が悩む装備のひとつとなっています。そこでここでは、サンルーフのメリットとデ...

  
40

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
328

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.58 クルマにスマイルランプ

先日、横浜で首都高が主催するトークショーに出演した。テーマは「首都高を楽しく安全に走ろう」というものだったのだけれど…いざスタートすると思わぬ方向へと話題が進んでいったのだった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.138 2014年5月号]

  
392

石の上にもスーパーGT

日本国内で最も人気のあるレースがスーパーGTだ、ということをご存知だろうか。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
75

リッター67キロの真実 〜三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEVは「自分で発電する電気自動車」を標榜する。PHEVの「PH」はプラグインハイブリッドで「EV」は電気自動車の意味である。一体どういうことだろう。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.136 2014年3月号]

  
115

クルマと音の関係性

クルマの中の〝音〟というのは、無意識だとあまり気にならないが、意識した途端にその〝音〟ばかり気になってしまうという経験をしたことはないだろうか。text:神谷朋公 [aheadアーカイブス vol.153 2015年8月号]

  
460

日産のRB26DETTは、なぜ名エンジンと呼ばれるのか?

みなさんは、RB26DETTというエンジンの名前と、主要スペック程度は知っていることでしょう。しかし、エンジンの魅力といわれると様々ですよね。今回は、このRB26DETTエンジンが持つ魅力について考えてみました。文・吉川賢一

  
25491

おしゃべりなクルマたち Vol.65 若作りとクルマの修理

我が愛車、フィアット・パンダの走行距離、ただ今9万キロ。クルマ作りを職にするダンナに言わせるとこれからが本領発揮の時という。買い替えたいだの新車が欲しいだの言わせないための戦略とわかっていながら、それでも乗るたびに絶好調だなあと私も思う。エンジン音に籠ったところがなく、走りがノッ...

  
189

ドライバーが恐れる、自転車乗り10の行動

近年ブームとなっているロードバイクは、スピードが出やすいためか、自動二輪車と同じような動きをすることがあります。その一方で、自転車特有の機動力によって、道交法を無視した行動を取る自転車も少なくありません。そのため、ほとんどの方は車を運転中に自転車にヒヤッとさせられた経験があるはず...

  
5410

不二子ちゃ〜んとドライブしたい。ルパン三世に登場するクルマ5選

時代を超えて幅広い世代に人気のアニメ『ルパン三世』。個性的なキャラクターたちもさることながら、登場するクルマも魅力的なのです。

  
12865

エンジン音が電子化!? アクティブ・サウンド・コントロールとは?

現代の自動車は、NVHに加え車外騒音に関しても、大幅な進化をとげています。しかしスポーツカーにとって、ドライバーの耳に届くエンジンサウンドが大事なポイント。自動車メーカーは、さまざまな方法を用い、車内で聞こえるエンジン音を”強化”しています。そのひとつが「アクティブ・サウンド・コ...

  
6852

忘れられないこの1台 vol.64 ルノー・ルーテシア 1.2 クイックシフト5

本誌で仕事を始めたとき、私はペーパードライバーだった。そればかりか、ハッチバックとセダンの違いもろくに分からぬずぶの素人。それでも、偶然出会ったこの雑誌に魅力を感じていたので、「興味さえ持てれば大丈夫」という当時の編集長の言葉だけを頼りに、編集部に入ったのだった。text:ahe...

  
852

岡崎五郎のクルマでいきたい VOL.63 メーカーオブザイヤー?

今年も日本カーオブザイヤー(COTY)の季節がやってきた。COTYはあらかじめ投票で10台のクルマをノミネート(10ベストカー)し、その10台のなかから最終選考で順位を競う。ここでもっとも多くの得点を獲得したクルマがその年のカーオブザイヤーとなるわけだ。text:岡崎五朗 [ah...

  
391

忘れられないこの1台 vol.71 ポルシェ 911S

忘れられない1台を遡るために写真の整理を始めた。様々なクルマに乗ったが、これほど印象に残っているクルマはない。それは1967年式のポルシェ911S、通称〝67のS〟である。写真の年号を見ると1991年となっているが、その1年ぐらい前に手に入れて13年ぐらい所有していた。text:...

  
1040

おしゃべりなクルマたち Vol.86 音とカタチの整合性

愚息はグッド・ルッキングの持ち主ではまったくないが、とてもいい声をしている。子供時代はピーピー、甲高い声だったが、声変わりするといきなり太い、骨のあるそれに変わった。text: 松本 葉 [aheadアーカイブス vol.155 2015年10月号]

  
68

松本 葉の自動車を書く人々 第5回 斎藤浩之

私はこれまでふたりの怪人と出会ったことがある。どちらも仕事を通して知り合った。ひとりはサカモトさん。80年代後半、勤務していた自動車雑誌に寄稿した作家に紹介された。作家はのっけから「怪人を紹介したい」と言い、彼に何か書いてもらうと面白いとこう続けた。text:松本葉 [ahead...

  
435

松本 葉の自動車を書く人々 プロローグ

私たちはいやおうなく、人の“言葉"を通してクルマを知る。自動車ジャーナリズムというものが生まれてからずっと、そうやって私たちはクルマのことを知ってきた。私は思わずにはいられない。この文章を書いた人はどんな人だろう。どんな人がどんな思いでこの文章を書いたのだろう、と。tex...

  
463

松本 葉の自動車を書く人々 第1回 小林彰太郎

日本の自動車ジャーナリズムを小林彰太郎なくして語ることはできない。多くの人が氏の文章を読んで育ち、氏に憧れてこの世界を志した。小林彰太郎氏とはどんな人だったのだろう。text:松本葉 photo:CG Library 取材協力:岡崎宏司 [aheadアーカイブス vol.171 ...

  
413

私の永遠の1台 VOL.13 ポルシェ 993カレラ

レースだけで生きてきた僕は、特にF1には強い憧れを持っていて、「一番乗りたいクルマは?」と問われたら、迷わずに「何でもいいからF1」と答える。結婚したその年、レースに出るために貯金の全てをつぎ込み、1戦だけのレースに参戦したくらい、すべてをレースに賭けていた。text:土屋武士 ...

  
2138

なぜ最近のディーゼルエンジンは昔より静かになったのか?

その昔、ディーゼル車と言えば、「ガラガラ」というような独特なエンジン音がする乗り物でした。筆者は20年以上前に、4WD雑誌のライターをしており、たびたび、パジェロやランドクルーザーなど、いまでいうところのディーゼルSUVを借りて、試乗や撮影など行っていました。信号待ちなどアイドリ...

  
18363
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives