「エンジン音」の検索結果(104件)

記事

特集 脱ステレオタイプ宣言

「スポーツカーに乗ると近所から遊び人だと思われて白い目で見られるし…」「ヘッドライトを点けると電気が減るから少し燃費が悪くなるらしいよ」「高級車ってエンブレムにお金を払っているようなものなんでしょ」などといった、まことしやかな“噂”に翻弄されていませんか。2013年の始まりは、a...

  
12

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
133

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.62 “いいクルマ”の答

いいクルマってどんなクルマのことなのだろう? 燃費を重視する人もいるだろうし、安全性を重視する人もいるだろう。その他にもデザイン、走行性能、室内の広さ、色など、クルマの魅力を構成する要素は膨大だ。加えて、主観によって決まる数値では表せない項目の多さが、話をさらに複雑化させている。...

  
153

プジョー 308に試乗!インテリア、エクステリアに注目!

プジョー308は欧州Cセグメントに属するモデルです。現行型は、2014年11月に日本国内の販売を開始。2016年には、1.6リッターと2リッターの「BlueHDi」クリーンディーゼルを投入。それに1.2Lのガソリンターボを加えた3機種が、現在のエンジンラインナップとなっています。...

  
2129

夜ドラ

夜は昼とはまったく違う時間が流れる。どこかで聞いた話だけれど、夜を見方につければ、人は人生をより豊かに彩ることができるという。夜を見方につけるには、クルマに乗るのが一番いい。終電も終わりに近づき、人影もまばらになったころ、もう一つの物語りが始まる。好きな人と、好きな場所へ。夜のド...

  
505

NSXとGT-R。加速、居住性、普段の使い勝手を比較

現在の日本を代表するスポーツカーといえば、ホンダ NSXと日産 GT-R(R35)ではないでしょうか。この2台のクルマの特徴や違いについて、加速性能や居住性、使い勝手など、さまざまな角度から、比較してみました。文・吉川賢一

  
12156

レクサス、フェラーリ、マセラティ…サウンドにこだわる高級車3選

クルマの魅力のひとつに、エキゾーストノートやエンジン音が挙げられます。今回は、サウンドにこだわりを持つ車を紹介します。

  
4271

装備あり?なし?悩むサンルーフのメリットとデメリット

オープンとまではいかないものの、ある程度はオープンエアを楽しめるサンルーフ。海外(とくに北米の高級車)では、ほとんどのクルマに標準で装備されていますが、国産車はオプションが多く、クルマを購入する際、多くの方が悩む装備のひとつとなっています。そこでここでは、サンルーフのメリットとデ...

  
14941

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
579

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.58 クルマにスマイルランプ

先日、横浜で首都高が主催するトークショーに出演した。テーマは「首都高を楽しく安全に走ろう」というものだったのだけれど…いざスタートすると思わぬ方向へと話題が進んでいったのだった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.138 2014年5月号]

  
633

石の上にもスーパーGT

日本国内で最も人気のあるレースがスーパーGTだ、ということをご存知だろうか。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
364

おしゃべりなクルマたち vol.41 寂しくないか

クリスマスにもお正月にも甥っ子に会えなかったことが気がかりだった。我が子より大事なのではないかと娘に嫌みを言われるほどかわいがっているイタリア人の甥っ子は今年8歳になる。text:松本 葉 illust : 大塚砂織 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
3

リッター67キロの真実 〜三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEVは「自分で発電する電気自動車」を標榜する。PHEVの「PH」はプラグインハイブリッドで「EV」は電気自動車の意味である。一体どういうことだろう。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.136 2014年3月号]

  
1613

おしゃべりな クルマたちvol.44 シィシィーナがやってきた

息子が父親にホンダCBR600RRのプラモデルを贈ったのは去年の誕生日のことで、娘が添えたカードには、これで楽しんでください、そんなことが記されていた。私は思春期の子供たちの心遣いに感激し、バイクに乗ろうなどという夫の企みはこれで終わったと思い込んだ。text:松本 葉  [ah...

  
35

クルマと音の関係性

クルマの中の〝音〟というのは、無意識だとあまり気にならないが、意識した途端にその〝音〟ばかり気になってしまうという経験をしたことはないだろうか。text:神谷朋公 [aheadアーカイブス vol.153 2015年8月号]

  
590

「Octane(オクタン)」日本版を発行する理由

英国デニス・パブリッシング社とのコンテンツ提携がついに叶い、今春から僕たちの手で「Octane(オクタン)日本版」を発行することが決まった。text:堀江史朗 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.123 2013年2月号]

  
249

飛び出せベスパ 〜第1回 スクーター・イタリアーノミーティング

初夏の陽気を感じさせる5月最後の日曜日。お台場の大きな駐車場の一画で、エンジン音がのどかな空気を震わせる。パイロンで仕切られた特設コースを、スクーターのベスパがウィリーしている! スクーターでウィリー? しかもウィリーしているのは、ハッピをデザインした革ツナギを着た新垣敏之。元G...

  
119

おしゃべりなクルマたち vol.56 おばさん流スポーツカーの楽しみ方

乗りたくてたまらなかったトヨタ86を2日間、預かることになった。納車になったばかりのこのクルマを見せに来た友人が、翌日から出張に出掛けるからその間、乗ってていいよと言い出して決まったことだった。「なんで置いていったのかなあ」、後で私が不思議がると、ダンナが呆れ顔でこう答えた。te...

  
327

Rolling 40's vol.55 スーパーカーへの正しい道順

知人のスーパーカーに乗る機会があった。運転はしていない。助手席に同乗しただけだ。たぶん私が乗ったことのあるクルマの中で一番高価なものだ。オプションを入れて4000万円近くになるという。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.125 2013年4月号]

  
196

トルクを集める新型オイル 〜MOTUL 300V FACTORY LINE

クルマ、バイクを問わず、キャリアのある人はエンジンオイルの銘柄を変えることを嫌がる。特にエンジンの中身に精通している人ほど新しいモノを受け付けない傾向が強い。text:神尾 成 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
116
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives