「エンジン」の検索結果(920件)

記事

ミニバンにもAMGライン。メルセデスがVクラスにかける思い

セダンやクーペ、SUVがメジャーなメルセデス・ベンツですが、ミニバンモデルもしっかりラインナップされています。街中で見かける機会が少ないメルセデス・ベンツのミニバン・Vクラスですが、スポーツ仕様のAMGラインまで存在します。メルセデス・ベンツにとってこのVクラスとはどのようなモデ...

  
0

Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

ボクが普通自動車の免許を取得したのは約30年前。免許に記された12月20日という日付を見ると、クリスマスのドライブデートのために、足繁く教習所に通ったことを思い出す。そんな初心者時代、北関東にある実家のガレージには、7〜8年落ちの日産サニートラックとBMW 528eがあった。

  
627

マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名がつけられたのでしょうか?

  
5580

Dが足りない!?メルセデスのDクラスは、今後も誕生しないのか?

メルセデスのグレード名は、欧州メーカーによくみられるようにアルファべットからなっています。Aクラス、Bクラス、Cクラス…しかしその次のDクラスはなく、一つとばしてEクラスになっています。これにはどのような事情があるのでしょうか?

  
4567

アウディA、S、RSの違いとは?グレードヒエラルキーを考える。

アウディには多くのラインナップがありますが、その頭文字は「A」、「S」、「RS」などシンプルなローマ字に数字を組み合わせたものとなっています。このラインナップの違いを読み解いてみましょう。

  
4968

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用車、あるいは公用車…これらはなんとなく「黒塗りのクラウン」なんてイメージが強いのではないでしょうか。それと困った時に頼れるタクシー。これも旧型のクラウンが多い…なんて印象。これはなぜなのでしょうか?

  
13619

エスティマ、まるっとした卵型にデザインされた秘密とは?

1989年の幕張メッセで行われた第28回東京モーターショーにて、コンセプトモデルとして出展されたエスティマは、翌1990年に市販化。その独特で斬新なフォルムから「天才タマゴ」なるキャッチコピーで注目されました。このまるっとした卵型デザインは、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

  
3313

"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

スポーティなミニバンとして人気の高いホンダ オデッセイ。エンジンはガソリンとハイブリッドをラインナップしており、そこからさらに細かくグレードが分けられています。一通りカタログを見て目に止まるのが"アブソルート"という文字。ノーマルのオデッセイとは何が違うのでしょう...

  
12142

クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

日本における高級車の歴史は、クラウンとともに歩んできたといっても過言ではありません。「いつかはクラウン」という言葉通り、60年以上にわたって日本人のための高級車として、車を所有する多くの人々の憧れの車であり続けています。クラウンのフロントグリルにはCROWN(王冠)を意味する王冠...

  
1399

ついに登場!ビジネスアスリートたちへ送るニューBMW5シリーズ

BMWジャパンは2017年1月12日にニューBMW5シリーズを日本で発表しました。ミドルクラスセダンの5シリーズは実に7年ぶりとなるフルモデルチェンジで、ボディの軽量化や燃費、ドライバー支援システムがポイントです。

  
517

安全面はピカイチ!新型メルセデスEクラスの最先端技術とは?

日本では2016年7月にモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツEクラスですが、その先進技術を使った運転支援システムなど、安全面での装備充実が目立つと話題です。一方、ライバルであるBMW5シリーズ、アウディA6もモデルチェンジのタイミングで追撃してくるのは明らかです。Eクラスの安...

  
2982

【東京オートサロン2017】トップフューエル&ZERO1000は、S660に注目!

トップフューエル&ZERO1000といえば、鈴鹿サーキットを持つ三重県に本拠を構える国産チューニングショップ。35年以上の歴史を持ち、現在では全国に多くのファンを抱えています。そんなトップフューエル&ZERO1000のブースには、カラーリングの対象的な2台のS660が展示されてい...

  
4291

日産エルグランド…独自のラグジュアリー装備に迫る!

車として独自の進化を続けるミニバン。その居住性や快適性はスポーツカー等とは違った魅力があります。しかも、装備は至れり尽くせり、まるでラウンジで寛いでいるような感覚に陥ることは必至です。今回は高級ミニバンの代表格、日産 エルグランドのラグジュアリー装備を解剖していきます。

  
6640

【東京オートサロン 2017】86/BRZ用の2.4リッターキットをモンスタースポーツから発売!

「モンスター田嶋」こと田嶋伸博氏が営む「タジマ・モーター・コーポレーション」。ラリー競技の強い味方である同社から、モンスタースポーツの86/BRZ用のボアアップキット&コンプリートエンジンをクローズアップ。

  
8757

【東京オートサロン 2017】スポーツ&ドレスアップタイヤに新参入、ゼスティノ。

昨年からD1グランプリ、D1ストリートリーガルシリーズに参戦している「ゼスティノ」。タイヤメーカーとして今年から日本の市場に参入します。

  
475

【東京オートサロン 2017】カーケア「5-56」でお馴染みの呉工業、日本初上陸の洗車グッズを展示!

2017年の東京オートサロンが1月13日(金)、ついに開幕しました。クルマいじりの必需品とも言える「5-56」でお馴染み呉工業。昨年末に日本初上陸した洗車グッズが展示されていました。

  
5764

【東京オートサロン 2017】今年もモータースポーツへ精力的な姿勢のSUBARU

今年のモータースポーツへの参戦計画が発表されました。

  
397

【東京オートサロン 2017】マツダ車のチューニングに拘りをみせるKNIGHT SPORTS

一瞬、MAZDAのブース!?と見紛うほど、レッドのマツダ車で彩られていたのがKNIGHT SPORTS。マツダ車チューンのパイオニアとしての誇りを感じるブースでもありました。

  
3034

【東京オートサロン 2017】あのモデルもターボ化…気になるBLITZの新作は!?

BLITZといえばターボチューニングの老舗、東京オートサロンにも毎回斬新なターボ仕様を発表しており、今年もどんなモデルがターボ化されるのか楽しみでもあります。

  
5853

【東京オートサロン 2017】本格的に日本に上陸した新型トゥインゴを携えたルノージャポン

コンパクトカーはリーズナブルな庶民の足。できればちょっと小粋なのがいい、というのは多くの日本人にとって賛同できるのではないでしょうか。

  
3114