「エンジン」の検索結果(3363件)

記事

スバル フォレスターで確認した、雪道における「e-BOXER」のメリット・デメリット

2019年の冬もスバルは雪国で公道試乗会を開催した。2018年は青森県の酸ヶ湯温泉を目的地にインプレッサとSUBARU XVというSGP(スバルグローバルプラットフォーム)に基づく新世代モデルで八甲田山エリアを走破するというプログラムだったが、2019年は山形県月山付近を肘折温泉...

  
10

圧倒的な存在感!90年代に誕生したメルセデスSクラス(W140)はどこが優れていたのか

メルセデス・ベンツが長年に渡って掲げてきた「最善か無か(Das Beste Oder Nichts.)」という哲学を体現した最後のSクラスともいわれるのが、3代目のW140シリーズ。6世代に渡るSクラスのなかでも、特に個性の強いモデルとして知られています。売り上げ的には決して成功...

  
17

オートバイメーカーの手掛けたスーパー・スポーツカー

オーストリアのKTMがオートバイのメーカーであることは先刻御承知であろうが、自動車、それもかなりリアルなスポーツカーを作っていることを御存知ない方もおられるかも知れない。text:嶋田智之 photo : KTM [aheadアーカイブス vol.132 2013年11月号]

  
841

埋もれちゃいけない名車たち VOL.13 コスモに見る大人のゆとり「MAZDA COSMO AP/C...

トヨタは86のみ。日産はフェアレディZとスカイライン、そしてGT-R。ホンダはCR-Z。スバルはBRZで、マツダのロードスターも数に入れることにしよう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
852

欧州でSRが復活した理由

ヨーロッパでSRが再び販売されることになった。EICMA(ミラノショー)のヤマハブースではスタンダードのSR400と共に、カスタムビルダーによって設えられたカスタムSRが並び、大いに注目を集めていた。text:河野正士 [aheadアーカイブス vol.133 2013年12月号...

  
5

公道を走らないスーパーカー

最初に「えっ?」と思わされたのは、2005年のこと。さすがにコレはキビシイでしょ……という大方の予想を覆し、すんなり完売しちゃったからだ。そのクルマは、フェラーリFXX。エンツォをベースにして、1155㎏の車体に800ps。29台限定で、価格は2年間の走行プログラムや各種メンテナ...

  
5

一瞬で車内を暖める方法は?

寒い日がまだまだ続く2月。いまのクルマは一発でエンジンが始動するのが当たり前とはいえ、冷え切った運転席に座り、車内が暖まるまでは辛いもの。一瞬とはいわなくても早く暖める方法はないのだろうか。文・塚田勝弘

  
16

買ってよかった!先代センチュリーをマイカーにしたからこその発見

私事であるが、4カ月ほど前に先代トヨタセンチュリーをマイカーに加えた。というのも昨年(2018年)はセンチュリーがスズキジムニーとともに約20年振りに現行型となる3代目モデルにフルモデルチェンジされたある種のメモリアルイヤーだったのが大きな理由だ。文・永田恵一

  
2490

また!? 年次改良が激しい車5選

自動車ニュースをチェックしていると目にする「一部改良」や「商品改良」の文字。基本的に数年に一度行われる一部改良や商品改良ですが、なかには毎年のように実施する車種も!そこで今回は年次改良が激しい5車種をご紹介。文・西川昇吾

  
10469

海外仕様の新型ハイエースが登場!日本仕様はどうなる?

トヨタ ハイエースといえば建設土木などの分野において圧倒的な支持を得ている商用1BOXの代名詞。そんなハイエースに海外仕様の新シリーズが登場した。その進化が目指したものとは? そして、日本仕様はどうなるのだろうか。文・山本晋也

  
13018

アメリカンスポーツカー!フォード・マスタングが大活躍する映画5選

アメリカンスポーツカーを代表する1台であるフォード・マスタング。日本では「大きなアメリカンマッスル」なイメージが強いかもしれませんが、アメリカではコンパクトな部類とされており、ポニーカーの元祖とも言われています。現地の若者に人気のポニーカーであるマスタングは映画にも数多く登場しま...

  
737

「アルピーヌ ギャラリー」期間限定で六本木ヒルズにオープン

昨年、日本上陸を果たしたフランス産ライトウェイトスポーツカー「アルピーヌA110」。そのA110を身近に感じるギャラリーが、2月16日(土)〜3月3日(日)の期間限定で、六本木ヒルズ ヒルサイド 「ヒルズ カフェ/スペース」にオープンした。文/写真・栗原祥光

  
7078

馬や犬ぞりも!? 公道で走れる意外な「のりもの」4選

日本の公道を走るには、道路運送車両法にて認められた「のりもの」でなければならない。そのうち、もっともプリミティブなのが「軽車両」と呼ばれるものだ。文・山本晋也

  
757

シングルターボとツインターボはどう違う?

ターボエンジンというのは、排気ガスのエネルギーを利用して実質的に吸気量を増やす「ターボチャージャー」と呼ばれるパーツを備えたエンジンのことです。吸気量を増やすことで、排気量に対して大きなパワーを出すこともできますし、排気(廃棄)エネルギーの再利用という部分をうまく活用すれば、省燃...

  
1895

昔のオートマ車にあった、シフトレバーのODボタン。これってなに?

最近では見なくなったが、かつて4速ATが主流だった時代のオートマ車のシフトノブには「OD」と書かれたボタンがあった。文・山本晋也

  
27642

都内でも維持費ゼロで車に乗れる!? ジャガーXJで挑戦してみた

突然ですが皆さん、「クルマを買う」と聞いて真っ先にイメージするのは何でしょうか。よほど車好きでない限り、きっと「多額のお金がかかる」という負の印象ではないでしょうか。文・R(アール)

  
2043

【スバル雪上試乗会】雪国での使用でこそ光る、スバルならではの性能

毎年1月の終わりから2月にかけて、自動車業界では北海道へ行く機会が増える。それは自動車メーカーやタイヤメーカーがこの時期ならではの雪上試乗会を開催するからである。しかしながら今回、スバルが「テックツアー」と銘打った雪上試乗会を開催したのは山形県だった。2019年2月19日、東北新...

  
15595

メーター内にある温度計、何を測っているの?

自動車のメーターは、そのコンディションや状況をドライバーに伝えるという重要な役割を担っています。その重要度というのはクルマのキャラクターやニーズによっても変わってきます。シンプルにスピードメーターだけにしているものもあれば、エンジン回転数を示すタコメーターと並べているクルマもあり...

  
30454

ポルシェ911やVWビートルに採用された「スポルトマチック」とは?

古いポルシェ911やフォルクスワーゲン ビートルの中古車には「スポルトマチック車」と書かれている個体が存在する。このスポルトマチックとは何なのだろうか。文・山本晋也

  
1638

1500万円のフェラーリ カリフォルニアが "月5万円" でマイカーに!? その方法を教えます

イタリアの情熱が生み出した「フェラーリ」。エキゾチックなスタイルと高性能の証でもある跳ね馬ロゴを持つクルマは、高額なプライスも含めて、車好きが一度は憧れる存在になっています。そんなフェラーリだけに、憧れのままで終わらせている車好きは少なくありません。しかし、ある方法を使えば、月々...

  
2471
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives